Mグローレドライバー 評価

テーラーメイドのMグローレドライバーが、いよいよ発売開始。
実は、私自身、現在はグローレF2ドライバーをエースとして使っていますので、Mグローレはたぶん購入しますので徹底的に調査をしています。
私のグローレF2↓↓

シャフトはスピーダー569エボⅢを入れています。

すでに初代グローレから数えてF2で3代目になります。すでに完成形だと言われてきたグローレですが、それを超えるためにMグローレはかなり大きな変革を起こしてきました。

まずは、パッと見でわかる最も大きな変革が、クラウンがカーボンコンポジットになったこと。これまではフルチタンにこだわってきたグローレがカーボンコンポジットにしたのは、かなり思い切った変革です。

グローレをより進化させるためには、やはり複合素材で軽量化を図り、余剰重量を再分配することで、よりやさしく飛ばすことが出来るだろうというところからスタートしました。
複合素材を使うことで50gもの余剰重量を確保。それをヒールと周辺部に配置。つかまりやすく、慣性モーメントを高めてミスヒットに強くすることに成功しました。

そして、TWIST FACEですね。M3とM4に搭載され、世界中で絶賛されているフェース。これがグローレでは鍛造にすることで打感と打音を向上させました。

フェースのトゥ上部分は、やや右上を向くように捻じれており、トゥ上に当たったボールはやや右上に打ちだされてドローで返ってきます。過度なフック回転がかかりにくく、ダグフックが出にくくなっています。
ヒール下は、やや左下を向くように捻じれており、ヒール下に当たったボールはやや左へ出てフェードで戻ってきます。こちらも大きなスライス回転がかかりにくく、大スライスが出にくくなっています。

<Mグローレの重心角>
ウエイトの再配分などによって、前のグローレF2よりも重心角を5度近く大きくして、約30度としています。これによりつかまりがより良くなっています。前のグローレF2もつかまりは良かったのですが、右側へのミスを考える必要がなくなりより安心感が増しています。

<Mグローレのフェースの向き>
つかまりやすい設計になっていますが、実はフェースの向きはスクエア。ターゲットに対して構えやすいです。ヘッドの構造で球を捕まえやすくしていますので、スクエアなフェースでもしっかりとつかまってくれます。

<Mグローレ 試打>
すでにMグローレの試打をしてみたのですが、本当に最高ですね。F2と比べても初速が速い。球を弾いている感じがとても強いのですが、フォージドフェースが良くて押している感覚もしっかりとあります。
純正のフレックスSで試打をしたのですが、一生懸命振らなくてもとっても強い球で飛んでくれるので、楽です。私としては、カスタムのシャフトも試打をしてから購入したいと思っているのですが、もしかしたら純正を購入するかもしれません。ちなみに私のヘッドスピードは45m/sくらいです。

<Mグローレ 最安値>
基本的には、ネットで購入するのが最も安く購入できます。
Yahoo!ショッピングでの最安値はこちら↓↓

Mグローレの詳細はこちら

楽天での最安値はこちら

10月26日頃新発売予定 テーラーメイド M GLOIRE DRIVERM グローレ ドライバーSpeeder EVOLUTION TM シャフト 日本仕様 TalorMade

ブリヂストン ツアーB XD-3 がふるさと納税でもらえる!

2018年秋発売モデルがふるさと納税の返礼品で出てきましたよ!ブリヂストンツアーB XD-3が埼玉県秩父市の返礼品に加わりました。

今回のブリヂストン ツアーB XD-3は本当に良いですからね。購入を考えている方も多いと思います。
ふるさと納税の返礼品でもらえれば、実質負担2,000円ですからね。もちろん控除額の上限は考えないといけませんが、最も安く手に入れるのは、確実にふるさと納税です。

【ふるさと納税】No.190 BRIDGESTONE GOLF TOUR B XD-3 ドライバー+フェアウェイウッド ゴルフクラブ ゴルフ用品

秋発売のドライバーが出揃ったが評価はどう?

2018年秋発売のモデルが続々と発売され始めています。

注目されているドライバーが出揃ってきて、多くのゴルファーがNEWドライバーを手にされています。
主な秋発売モデル
・タイトリストTSドライバー
・ブリヂストンツアーB XD-3 ドライバー
・SRIXON Z586 ドライバー
・SRIXON Z786 ドライバー
・PRGR RS ドライバー
・Mグローレドライバー(10月26日発売)

前評判が非常に高かったドライバーから、発売後にグングン評価を上げているドライバー、飛ぶドライバー、実際に使ってみたらイマイチだったドライバーなどなど。

打ってみたら非常に良かったドライバーは、ブリヂストンツアーB XD-3ですね。最近発売されるドライバーは、重心が深くて慣性モーメントが大きいドライバーがほとんどなのですが、このドライバーは重心が浅くて、慣性モーメントもそれほど大きくありません。だからといって球が曲がりやすかったりミスに弱いかというと、そうではありません。クラウン部分の筋金がどこまで影響しているのかはわかりませんが、ストレート性能が高いです。すごく振りやすくて、真っ直ぐ飛びます。
最近、日本国内でもテーラーメイドやキャロウェイ、PINGという外国メーカーが人気になっており、ブリヂストンのドライバーは、選択肢に入っていないという日本人ゴルファーも多くなっていましたが、これは絶対に試打した方がいいですよ。

やっぱり激飛びなのが、PRGR RS-Fですね。今回もギリギリです。発売されるヘッド全数の反発係数をチェックして、もちろんルール上限を超えている物は出荷されませんし、反発力の弱いヘッドも出荷されません。これはタイトリストTSも同じです。
日本メーカーが非常に良いドライバーを作ってくれているのは、うれしいですね。

個人的には、Mグローレも楽しみです。グローレとTWIST FACEで、安定感のあるやさしい飛びに期待です。

2019年モデルのドライバーがいい!

2019年モデルのドライバーが続々と発表・発売されています。

ブリヂストン、タイトリスト、SRIXON、テーラーメイドと各社出してきています。

そして、どのドライバーも、本当にいい!!ここまで評価が高いドライバーが揃うと時も珍しいのではないでしょうか。

特徴としては、各社ともにプロモデルでも「やさしい」ということ。

今や、プロでもやさしいモデルを好んで使うようになってきており、当然アマチュアもやさしいモデルを求める傾向が強くなってきていました。

例えば、タイトリスト。世界中のプロが使用していた917ドライバーの次に登場したのが「TSドライバー」。名前がコロッと変わってきました。
これまではゴリゴリの男子プロが使うモデルで、女子プロが使っている姿をほとんど見ませんでした。それほどハードなドライバーで、我々のイメージとしてもやはり「難しい」「ハード」という感じが強くありました。
ところが、今回のTSドライバーは、全く性格が違ってきています。ハッキリ言って、やさしい。そして飛びます。
917Dは想定よりも売れなかったそうですが、今回のTSドライバーは売れそうです!

タイトリストTSドライバーの詳細はこちら

また、ブリヂストンもいいですね。正直、ブリヂストンのゴルフ部門は、そのうちなくなってしまうのではないかという噂が流れるほど元気がありませんでした。色んなメーカーのドライバーは試打するけど、ブリヂストンは別に試打しなくてもいいかなと考えていた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。日本人でもそんな感覚が出てきてしまうほど、最近のブリヂストンのドライバーは低迷していました。事実、宮里優作選手や池田勇太選手などブリヂストンのイメージが強かった選手たちが離れて行っています。
ただ、今回登場したツアーB XD-3は、いいです。これまでは5や7というモデルもありましたが、今回は3のみのワンモデルです。とにかく打感が素晴らしい。さすがブリヂストン!そしてつかまってストレートボールを打ちやすいドライバーとなっています。球も上がりやすいです。
これなら男子プロもまたブリヂストンへ戻ってきてくれるのではないでしょうか。

ブリヂストン ツアーB XD-3 ドライバーの詳細はこちら

SRIXONは、一からドライバーを作り直すということでZERO SRIXONと銘打って頑張ってくれました。何といっても、松山英樹選手に使ってもらいたいというのが強いのではないでしょうか。
SRIXON で初めてカーボンクラウンを採用して、余剰重量を増やし重心位置を改良してきました。また、ゼクシオの技術を応用するなどよりやさしく飛ばすことが出来るドライバーと進化しています。

9月22日頃新発売予定 DUNLOP ダンロップ SRIXON Z585スリクソン Z585 ドライバーMiyazaki Mahana シャフト ・スマホスタンドプレゼントキャンペーン

テーラーメイドは、何といってもTWIST FACEを採用したMグローレでしょう!M3とM4で好評のTWIST FACEを鍛造にして日本人向けに仕上げてきました。グローレF2を使っている私は、これも本当に楽しみです。

Mグローレドライバーの詳細はこちら

M4ドライバー ロフト選び 球の上がりやすさは?

テーラーメイドM4ドライバーの評価が非常に高く、アマチュアの方々からも非常に人気があります。
口コミもたくさん集まってきていますが、本当に悪い口コミを見つける方が難しいくらいです。
M4ドライバー 使用者の口コミ・レビュー

今回は、ロフト選びの参考になればと思って、球の上がりやすさをお伝えします。
ロフト9.5度で純正シャフトのFUBUKI TM5を使って打ったのですが、球の高さは中弾道と言った感じ。私としては10.5度の方が距離が出てくれるだろうなという感じです。
普段の私の球筋は、グローレF2(10.5度)にスピーダーエボⅢを入れていて高弾道。タイトリスト917D2(9.5度)スピーダーエボⅢで中弾道と言ったところ。
M4(9.5度)の球の高さは、タイトリスト917D2(9.5度)と同じくらいかなと思います。

M4ドライバーの詳細はこちら

タイトリストTSドライバー 反発力

タイトリストのNEWモデルTSシリーズですが、その飛距離性能が話題になっています。ホントに飛びます。
あまりに飛ぶので「反発係数は大丈夫?」という質問が出てくるほど。
2016年モデルのPRGR RS-Fの時のように、あまりに飛びすぎると思ったら、ルール上限を超えていたなんてこともありますから。

その件をタイトリストスタッフに尋ねてみると、「全数検品している」とのことです。思わず「本当ですか!?」と尋ねてしまいます。これほどのメーカーが全数検品なんてできるの?と思いますが、やっているそうです。

もちろんルール内に収まっているのですが、「ギリギリ」だそうです。それくらい今回のTSドライバーは、タイトリストが自信を持って「飛ぶ」と宣言しているだけあります。


【先行予約】【18年モデル】 タイトリスト TS3 ドライバー [Tiltleist ツアーAD 60] カーボンシャフト Titleist DRIVER TOUR AD

タイトリストTSドライバー 評価 飛ぶ?初速は?高さは?

タイトリストからNEWモデルのTSシリーズが9月28日に発売開始となります。

すでにツアーの現場では、TSドライバーを手にした選手が多くなってきています。かなり早い段階で、契約プロがNEWドライバーに切り替えていますので、かなり完成度が高いことが伺えます。

また、マスコミやゴルフ関係者を集めた試打会では、驚きの声があちらこちらで上がっていました。
皆さんが口を揃えるのが、「飛ぶ」ということ。トラックマンの設定が甘いんじゃないのかなという話が出てくるほど。でも、実際にコースで打ってみると、本当に飛んでいるんですよね。
まずは、初速が速い。自分史上最も速い初速が出たという声が続出していました。
そして、球も高く上がるんですよね。タイトリストのドライバーというと、やはり球は上がりにくい中弾道が定番でした。それが、こんなに楽に球が上がるタイトリストのツアーモデルのドライバーは初めてだなという印象です。
打感もいい。外ブラでこれだけ打感にまでこだわってくれるのは、珍しいなと思います。

何が変わったのか?
この質問への答えは、結構困るんですよね。他のメーカーだと、フェースの形状が変わっただとか、クラウン部分が変わっただとか、これと言った特徴というか、セールスポイントがありますよね。ただ、今回のTSドライバーに関しては、何を変えたというか、全ての面をみなして最良のものに改善していったそうです。「タイトリスト スピード シャーシ」というそうですが、過去に縛られず、目新しさにとらわれることもなく“最良”を追究し飛距離アップの基盤、骨格を本気で作り上げたということです。
クラウン部分は、これまでで最軽量となっており、余剰重量がより多くなり重心の最適化を図っています。
ヘッドの形状は、これまでよりも20%も空気抵抗を少なくすることが出来たそうです。

フェース面も広範囲でボールスピードを最大化させるために、TSドライバーだけの超精密高初速フェースを採用。驚きのボールスピードと許容性を実現しました。

今回のTSシリーズは、これまでの917までのシリーズとは、全く違うものとなっていました。
917シリーズまでは、プロや上級者をターゲットとしたかなりハードなドライバーでした。
それが今回のTSシリーズは、より広いプレーヤー向けになっています。というのは、近年はプロもやさしいクラブを好むようになっており、もはやゴリゴリのプロモデルというのは需要が少なくなってきています。実際に、917や915シリーズは思ったよりも販売数が伸びなかったという話を聞いています。

そして、今回のTSシリーズは、非常にやさしく、飛ぶドライバーとなりました。タイトリストのスタッフも自信満々。まぁ、これだけのドライバーですからね。

いや~、このドライバーは、ヤバいことになりそうです。

タイトリストTSドライバーの詳細はこちら


Mグローレ 打感は?鍛造TWIST FACE

Mグローレが10月に発売されますが、テーラーメイドからどんなドライバーなのか詳細が発表されています。

今回のグローレの最大のポイントは、TWIST FACEでしょう。M3やM4でプロやアマから絶賛されているTWIST FACE。私自身も本当に曲がらないということを実感しています。そのTWIST FACEがMグローレにも搭載されています。

では、そのTWIST FACEが搭載されたMグローレの打感はどうなのでしょうか?これまでのグローレが、日本人向けに開発されているモデルということで、日本人がこだわる打感・打音の良さを追求していたので、Mグローレはどうなのかを調べてみました。

このMグローレに搭載されているTWIST FACEは、M3やM4のものとは異なり、鍛造製法になっています。これにより、日本人好みの食いつくようなそれでいてしっかり弾いて飛んでいるように感じる打感・打音を実現しました。

これまでのグローレの心地よい打感打音をMグローレもしっかりと引き継いでくれているということです。

テーラーメイドMグローレの詳細はこちら

タイトリストTSドライバー 飛ぶ?

タイトリストのNEWモデルであるTSドライバー。
「TS」とはTitleist Speedということらしいです。

前のモデルの917の後継モデルとして発売されるというわけではなく、全く新しい試みのドライバーであるとタイトリストは言っているようです。

実際に打ってみた評価を見ていると、やはり初速がかなりアップしているようです。反発力が高い。それでいて、打感がかなり柔らかいという。

ヘッドサイズは、TS2、TS3ともに460cc。
TS2がシャローで、TS3がディープ。

すでにプロのトーナメントでも、選手たちが積極的に使っています。
TS3はジャスティン・トーマスがWGCブリヂストン招待で使って優勝。
アダム・スコットもTS3で全米プロの優勝争いに加わる活躍を見せてくれました。
契約選手たちも続々とスイッチを始めており、その飛びについて絶賛しています。

PRGR RS-F ドライバー 2018 口コミ・評価は?

PRGRのRS-Fドライバーが非常に良い売れ行きだそうです。

やはりこれまでのナブラRSの圧倒的な飛びから、2016年の飛び過ぎ事件を経てのNEWモデルですから、注目度が違いますね。

すでに手に入れた使用者の方から、口コミや評価が届き始めています。
やはりミスヒットへの強さを挙げる評価が多いですね。また、RS-Fでも捕まらないことはないという声もありますね。
⇒PRGR RS-F 2018 使用者の口コミ・評価はこちら