Mグローレ 打感は?鍛造TWIST FACE

Mグローレが10月に発売されますが、テーラーメイドからどんなドライバーなのか詳細が発表されています。

今回のグローレの最大のポイントは、TWIST FACEでしょう。M3やM4でプロやアマから絶賛されているTWIST FACE。私自身も本当に曲がらないということを実感しています。そのTWIST FACEがMグローレにも搭載されています。

では、そのTWIST FACEが搭載されたMグローレの打感はどうなのでしょうか?これまでのグローレが、日本人向けに開発されているモデルということで、日本人がこだわる打感・打音の良さを追求していたので、Mグローレはどうなのかを調べてみました。

このMグローレに搭載されているTWIST FACEは、M3やM4のものとは異なり、鍛造製法になっています。これにより、日本人好みの食いつくようなそれでいてしっかり弾いて飛んでいるように感じる打感・打音を実現しました。

これまでのグローレの心地よい打感打音をMグローレもしっかりと引き継いでくれているということです。

テーラーメイドMグローレの詳細はこちら

Mグローレが登場!グローレF使いとしては気になる!

Mグローレなるものがプロツアーの現場でテストされているようです。

フェースは、なんと「TWIST FACE」!!

クラウン部分をみると、グローレというよりもMシリーズ。
でもソールをみると、やっぱりグローレ。

現在グローレF2を使っている私としては、注目の一本です。

森田遥 使用クラブ ヨネックス 2018

森田遥選手が2018年からヨネックスのクラブを使用する契約を結びました。
昨年ツアー初優勝を飾りルーキーオブザイヤーに輝いた森田選手。ルックスも良く私も好きなゴルファーの一人です。

これからテストして詰めていく段階ですが、
使用する予定のクラブをご紹介します。

ドライバー:ヨネックス EZONE GT ドライバー



クラウンを強化したことで20%も軽量化に成功。重心が低くなったことで、スピン量を減らしビッグドライブを実現しました。
またフェース面を縦に研磨。ボールの直進性が増してくれます。

3W:ヨネックス GT フェアウェイウッド

UT(19度22度25度):ヨネックス i-EZONE ユーティリティ

アイアン:ヨネックス N1-CBフォージド アイアン

ヨネックスを選んだ理由について森田選手は同社を通じて「日本国内に自社工場を持ち、高品質なモノ作りに信頼が置けることと、私の要望に対してスピーディーに的確に対応してくれるサポート体制にとても満足したからです。ヨネックスのクラブとシャフトで、世界で活躍する選手になりたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いいたします」と語っています。

<森田遥>
1996年7月19日生まれ。香川県出身。身長164cm。国籍 中国。
両親は共に中国出身で元卓球選手。
9歳からゴルフを始めました。
2012年「日本女子アマ」で準優勝。翌年2013年、同じく「日本女子アマ」で優勝を飾りました。
その後、アマチュアとしてプロツアーにも出場。2014年は「ヨコハマタイヤPRGRレディス」で3位、「サイバーエージェントレディス」2位。アマチュアでの優勝が近いのはないかと注目を集めました。
2015年は、アメリカの下部ツアーに挑戦。年間の賞金ランキング11位。惜しくも10位までに与えられるレギュラーツアーへの出場権を逃しました。
2016年の日本女子ツアーへの出場権をかけたQTで4位に入り、ツアーフル出場。「北海道meijiカップ」でツアー初優勝を飾るなど、賞金ランキング13位となりました。
プレーの外でも、かわいいルックスで人気のプロゴルファーとなっています。

タイトリストVG3ドライバー2018 試打 評価

タイトリストのNEWモデルVG3が12月22日に発売開始となります。

今回のドライバーは、スゴイです。
クラウン部分からトゥ側にかけて多くの穴が開いています。
もちろんカーボンで出来た軽いカバーがされていて穴は見えません。
これによってクラウン部分とトゥ側の大幅な軽量化に成功しました。
そして余剰重量を再配分。
これによって、軽量化+高慣性モーメント+つかまりの良さという
これまで相入れないと考えられたことが全て可能となりました。

実際に打った感想としては、
ヘッドスピードが速くなる分、初速がとても速く感じました。
でもインパクトでの球が潰れる感覚というか押せる感じがあっていいですね。

9.5度と10.5度ではヘッドの形状が少し違いますが、
球が楽に上がって優しく捕まるのは10.5度。
9.5度も私としてはもう少し球が上がってほしい感じはしますが、
つかまりは悪くないですね。

クラブ全体の重量は280gくらいなので
やはり軽いですね。
素振りの段階から素早く振り切れる感じがあります。
軽いヘッドなんですが、でもボールに当たり負けするような感じはなく力強さも感じることが出来ます。

タイトリストVG3ドライバー 2018の詳細はこちら

ゼクシオ10ドライバー 口コミ

12月9日に発売開始となったゼクシオ10.
早速購入して使用している方々からの
口コミ・評価が集まってきています。

飛ぶ!曲がらない!という非常に高評価ばかり。

口コミを見ているだけで
本当に皆さん満足されている様子が伝わってきます。
⇒ゼクシオ10 使用者の口コミ・評価はこちら

ゼクシオ10ドライバー モデル別の特徴

今日、12月9日発売のゼクシオ10ドライバー。
さすがに今日ラウンドで使っている方は、アマチュアでもいらっしゃらないかもしれませんが、すでに購入して練習場でテストしてみた方はいらっしゃるかもしれません。

さて、これから購入しようと検討されている方は、
ドライバーには3つのモデルがあることに気が付かれましたでしょうか?
・ゼクシオ10
・ゼクシオ10 Miyazakiモデル
・ゼクシオ10 クラフトモデル

実は、ヘッドはカラーが違うだけで、同じです。
違いはシャフトです。

ゼクシオ10には、ゼクシオMP1000カーボンシャフトが装着されています。
これは、39g(R2)~45g(S)の重量で、ヘッドスピードが42m/sくらいまでの方におすすめです。

ゼクシオ10 Miyazakiモデルは、Miyazaki Waena カーボンシャフトが装着されています。
これは、48g(R)~53g(S)の重量で、ヘッドスピードが40m/s~46m/sくらいの方におすすめです。

ゼクシオ10クラフトモデルは、カスタムシャフトが装着されています。

ですので、選ぶ際にはシャフトで選択するということになります。

カスタムに対応されているお店では、
ノーマルのヘッドカラーにカスタムシャフトを入れてくれるところもありますので、
ご自身のお好みのカラーのヘッドに好きなシャフトを入れられます。

ゼクシオ10ドライバーの詳細はこちら

ゼクシオ10発売開始!

いよいよ明日12月9日からゼクシオ10が発売開始となります。

すでに予約されている方も多いかと思います。
ネット通販や配送を希望されている方は、
早ければ明日到着するかもしれませんね。

明日練習場へ行ったら、新しいゼクシオを打っている方もいるかもしれません。

もはや国民的ドライバーとなったゼクシオ。
今回のモデルも、すでに吉田弓美子選手をはじめ多くの選手が使用していますし、
男子では中嶋常幸プロや稲森佑貴選手も使用を開始しました。

アマチュアシニアから、女子プロ、シニアプロ、レギュラーツアーシード選手まで
全てのカテゴリーのプレーヤーが使うドライバーというのは
世界的に見ても珍しいかもしれませんね。

【新品】【送料無料】【日本仕様・日本正規品】ダンロップ ゼクシオ テン ドライバーMP1000 純正カーボンシャフト装着仕様[DUNLOP/XXIO10/10代目ゼクシオ/XXIOX][MP1000/MP1000]

芹澤信雄 クラブセッティング 2017-2018

芹澤信雄選手の2017年後半からのクラブセッティングをご紹介します。

芹澤選手は、タイトリストと契約しており
日本市場向けのVG3を使用しています。
そのVG3の2018年モデルが登場したことで、すでに試合でもクラブを変えています。

ドライバー:タイトリストVG3ドライバー 2018

ロフト 9.5度
シャフト スピーダー661エボリューションⅣ(SR)

3W:キャロウェイ スティールヘッドXR フェアウェイウッド

4W:キャロウェイX2HOT フェアウェイウッド


UT(19度21度):タイトリストVG3 ユーティリティ 2016

5I~PW:タイトリストVG3アイアン 2018

51度57度:タイトリスト ボーケイSM6


パター:スコッティキャメロン プロトタイプ

ゼクシオ10 発売予定

ゼクシオ10シリーズが12月以降に発売開始となります。
発売日は、各モデルごとにことなりますので、それぞれご紹介します。

・レギュラーモデル・Miyazakiモデル(右利き用)
ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン
⇒12月9日発売予定

・レギュラーモデル レッド
ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン
⇒12月16日発売予定

・クラフトモデル
ドライバー
⇒12月23日発売予定

・レギュラーモデル(左利き用)
⇒1月27日発売予定

レディースモデル
ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン
⇒12月16日

JGRドライバー2017 標準シャフト 評価

JGRドライバーの2017年モデルを標準シャフトで試打してみました。

ブリヂストンJGRドライバー2017 標準シャフトの詳細はこちら

ヘッドが290g台とやや軽めですが、シャフトの長さは45.5インチと少し長めなので、ヘッドスピード43m/sくらいの私にはちょうどいいくらいの振り心地です。

オーソドックスな丸形ヘッドで、アップライト、フックフェースになっていることから、つかまるイメージはばっちりですね。

実際に打ってみると、打ち出し角が高め。重心位置が高いため、スピンも適度に入ってくれます。
そして、イメージ通り捕まった球が打てます。ややスライサーだという方でも捕まった球をイメージできるくらいに良い捕まりです。

オフセンターヒットでの球の飛びは本当に凄いと思います。これはダメ!っていうときでも、そんなに行くんだ!というくらい飛んでくれます。

しっかりとスコアにつながるドライバーなんじゃないでしょうか。