キムキョンテ クラブセッティング 2017

キムキョンテ選手の2017年クラブセッティングをご紹介します。

タイトリストと総合的に契約していますので、
基本的にタイトリストのクラブで揃えています。

ドライバー:タイトリスト917D2



ロフト 9.5
シャフト ツアーAD TP-6

3W:タイトリスト917F3

ハイブリッド(19度):タイトリスト816H1

3I~5I:タイトリストCBアイアン

6I~PW:タイトリスト MB アイアン

ウェッジ(48度52度58度):ボーケイSM5

ボール:タイトリスト PRO V1X

タイトリスト917D2 口コミ・評価

タイトリスト917D2ドライバー。
多くの使用者からの口コミ・評価が集まってくるゴルフダイジェストオンラインで
非常に多くの口コミが集まっており、そして評価が本当に高くなっています。
⇒タイトリスト917D2 使用者の口コミ・評価はこちら

私自身も、このドライバーを持っていますが、
本当に曲がらない平均飛距離が飛ぶドライバーです。

球の上がり具合については、上がりにくいということはありませんが、
元々球が低めの方は、ロフトは大きめにしておいた方がいいでしょう。

つかまり具合としては、
普通に捕まえることが出来る方であれば、
全く問題なくストレート系の球を打ちやすいでしょう。
スライサーの方はちょっと厳しいかなと思います。

TITLEIST(タイトリスト) ドライバー 917D2 T-SPD517 S 10.5 ドライバー タイトリストスピーダー メンズ 97D2RTS5S10 右利き用 ロフト角:10.5度

ドライバーで球が暴れるなら重ヘッドがいい?

軽くて弾きの良いドライバーは、
一発の飛びは非常にいいですね。
特にドライバーを替えた直後には、
その振りやすさからなのかめちゃくちゃ飛ぶような印象を持ちます。

ただ、使っているうちに球が暴れ出すということも往々にしてあります。
コースへ行くと右へ左へとスコアが安定しにくくなったり・・・。

そういう場合は、重いヘッドのドライバーをお勧めします。

例えば、タイトリスト917Dなどは、
ヘッドが重くて、重心距離が長い。
こういったドライバーは、軌道が安定して
球が暴れにくくなります。

一発の飛距離は、驚くような飛距離ではないかもしれませんが、
安定して良いスコアにつながるドライバーといえるでしょう。

【2017年モデル】Titleist【タイトリスト】917D2 ドライバー Titleist Speeder 517 メンズゴルフクラブ 純正カーボンシャフト

アダムスコット クラブセッティング 2017

アダムスコットの2017年クラブセッティングをご紹介します。

ドライバー:タイトリスト917D2

3W:タイトリスト915F(16.5度)


3I:タイトリスト 716 T-MB アイアン

4I~9I:タイトリスト 680 フォージドアイアン

ウエッジ(48度54度60度):タイトリスト ボーケイ SM6


パター:スコッティキャメロン プロトタイプ

ボール:タイトリスト PRO V1

ジミーウォーカー クラブセッティング 2017

ジミーウォーカーの2017年クラブセッティングをご紹介します。

タイトリストと契約していますので、
基本的に同メーカーのクラブで揃えています。

ドライバーは、タイトリスト917D2

ロフトは、8.5度
シャフトは、三菱レイヨンTENSEI CK80 BLACK TX

3W:タイトリスト917F2

2I:タイトリスト 716 T-MB アイアン

3I~9I:タイトリスト716MBアイアン


48度54度60度:タイトリスト ボーケイ SM6

パター:スコッティキャメロン GSS ニューポート2

スコッティキャメロン ツアーパター GSS Newport2 Timeless wiyh circle T stamp【Scotty Cameron / ニューポート2 / タイムレス】

ボール:タイトリストPRO V1X

ドライバー カチャカチャ 効果

ドライバーのカチャカチャ効果が、近年非常に進化してきています。

ライ角・ロフト角を調整することが出来るヘッドとシャフトのつなぎ目のカチャカチャ機能。
重心を変えることが出来るソール部分に付いているカチャカチャ機能。

出てきた初期の頃は、
ロフトを変えるとライ角も変わってしまったり、
重心の変化も非常に小さくて変化が分かりにくかったりと、
イマイチ使い勝手が悪かった。
だからでしょうか、アマチュアの方々があまり使っていなかったんですよね。

しかし、今の調整機能は明らかに変わります。
例えば、タイトリスト917D。
ロフト角とライ角を個別に変えることが出来て、さらに重心を変えることも出来ます。
世界中で多くのプロ選手が使っていますが、そのセッティングは選手それぞれ。917Dを使っているアマチュアは、プロがどのセッティングで使用しているのかを見るだけでも楽しいですね。
実際、私も917D2を持っていますが、調子によってカチャカチャ機能を変えてます。本当に弾道が変わるので楽しいです。

【ポイント10倍】【カスタム】【2017年モデル】Titleist【タイトリスト】917D2 ドライバー TourAD TP/TourAD GP/TourAD MJ/TourAD MT メンズゴルフクラブ

キャロウェイ話題のドライバーEPICシリーズも
3タイプラインナップされていますが、
全てのタイプで重心を変えることが出来る機能が付いています。

また、サブゼロとアメリカモデル限定EPICドライバーには、ライ角ロフト角調整機能が付いています。


キャロウェイ GBB エピック ドライバー(USモデル-カチカチ機能あり)

タイトリスト917D 交換ウエイト SureFit CG Weight Kit

タイトリスト917シリーズに搭載されているSureFit CG。

別売りですが交換用ウエイトも販売されています↓↓

【10/21発売予定/先行予約】【タイトリスト】917 メタル ドライバー用SureFit CG ウエイトキット別売りパーツ アクセサリー【Titleist】【日本正規品】【05P01Oct16】

タイトリスト 917D2 操作性は?

タイトリスト917D2の操作性についてご紹介します。


タイトリスト 917D2 ドライバー Titleist Speeder 517 カーボンシャフト Titleist 2017年日本正規品【代引き不可】

まず、操作性に大きな影響を与える重心距離ですが
915D2と比較するとかなり短くなっています。
915D2は40.5㎜だったのが
917D2は36.1㎜となっています。
これによって、ヘッドの返りが良くなり
操作性が上がっています。

重心深度は、38.9㎜で、
915D2と比較するとやや浅くなっていますが、
アスリートモデルのドライバーとしては
深いと言える数値でしょう。

ですので、ミスへの許容度は高く保ちながらも
操作性を高くしようという意図がうかがえます。

タイトリスト917DシュアフィットCGの効果は?

タイトリスト917Dに搭載されているシュアフィットCG。
ノーマルウエイトとドロー・フェードウエイトが付属されています。

入れ替えて打ってみると
どれほどの違いを感じることが出来るでしょうか。

実際に打ってみると、
明らかに違いを感じます。
ドローポジションにすると
明らかにヘッドの返りが良くなります。
逆にフェードポジションにすると
ヘッドの返りが悪くなると同時に
私の場合は飛距離も伸びてくれました。

ご自身のスイングに合わせて
調節することで、球筋をしっかりと変えることが出来ます。


タイトリスト917Dの詳細はこちら

タイトリスト917D3ドライバー 試打レビュー

タイトリスト917D2とD3を私の友人が試打してきました。
ヘッドスピードが50m/sほどある飛ばし屋です。

実は、ヘッドスピード45m/sくらいの私の結果とは
かなり違いがあったのでご報告させていただきます。

私は、D2が高弾道で、トータル飛距離が飛んだのですが、
友人はD3の方が打ち出し角が高く
ピークの高さも高かったです。
そしてトータル飛距離はD3の方が10ヤードほど
飛んでいました。
スピン量は、ややD3の方が少なかったのですが、
それほど大きな違いはありませんでした。

ヘッドスピードが速い私の友人の場合は
D2よりもD3の方が飛ぶという結果が出ました。


タイトリスト917D3の詳細はこちら