日本未発売のM6 D-TYPE(つかまりやすいM6)も販売中。つかまりの良いM6でやさしく飛ばすことが出来る。

飛ぶドライバーランキング 2019

2019年モデルのドライバーが続々と登場していますが、非常に素晴らしいドライバーが出てきています。

実は2018年モデルも良いドライバーが豊作の年だと言われていました。それを2019年モデルは確実に上回っているというのが、ゴルフ評論家たちの共通した意見です。多くのメーカーがほぼルールギリギリの反発係数を出すことが出来るようになっていますが、より素晴らしいものを作ろうとあの手この手で工夫していいものが出来上がっています。

その中で飛ぶドライバーランキングをご紹介したいと思います。まずは、一発の飛びだけでなく、芯を外した時の飛距離性能や曲がり方、球の上がりやすさややさしさなど総合的に評価してランキングにしました。

飛ぶドライバー総合ランキング2019

第一位:PING G410 PLUS ドライバー

<曲がらない!飛ぶ!コースで最高の味方になるドライバー>
長い重心距離、深い重心深度、大きな慣性モーメントで飛んで曲がらないドライバーが、更に進化しています。一発の飛びも非常に満足できるものですし、曲がりません。我々一般アマチュアは、コースに出るといつものスイングが出来なかったり、スタンスの向きがおかしくなったりして、練習場のようには打つことが出来ません。そんなコース上で、とにかく信頼できる飛ぶドライバーです。
<G410 PLUS ドライバーの重心データ>
ヘッドの重さ:200.5g(やや重い)
重心距離:45.2mm(非常に長い)
重心深度:45.4mm(非常に深い)
フェースの高さ:54.6mm(ややシャロー)
スイートスポットの高さ:38.6mm(高い)
低重心率:70.7%(高重心)
ヘッド左右MI:5416gcm2(非常に大きい)
ネック軸回りMI:9527gcm2(非常に大きい)
ヘッドが重たくて重心距離が長いと遠心力が働きやすく飛距離が出やすい傾向にあります。ただ、インパクトでヘッドが遅れ気味になりやすいというデメリットもあります。そこを非常に深い重心距離を取っていることでヘッドが返ってきやすくしています。ここまで深い重心深度のドライバーは他にありません。更に慣性モーメントが、これまた本当に大きくなっていますので、ミスヒットに極めて強いヘッドとなっているのです。アメリカツアーでドライビングディスタンストップ3(1位:バッバワトソン、2位:キャメロンチャンプ、3位:ルイ・ウーストハウゼン 3月1週目終了時点)がこのPINGのG410PLUSを使っていることでも、飛距離性能の高さが伺えます。
また、日本では比嘉真美子選手が2019年開幕戦ダイキンオーキッドレディスをこのドライバーで制し、第二戦目のヨコハマタイヤPRGRレディスでは鈴木愛選手も同じくこのドライバーで優勝しました。
<多様な弾道調整機能>
G410シリーズからより多様な弾道調整機能が付いています。まずは、ヘッドのお尻の辺りにある可変式ウエイト。スタンダード・ドロー・フェードのポジションから選ぶことが出来ます。

またヘッドとシャフトの付け根のスリーブが今作から変わり8つのポジションを設定できます。ロフト角を調整し弾道の高さやつかまり具合を調整できますし、ライ角も調整できつかまり具合を調整できます。これらの弾道調整機能をフル活用すれば、かなり細かくご自身のスイングに合ったドライバーに調整することが出来ます。

<主な使用プロ>
・バッバワトソン
・キャメロンチャンプ
・ルイウーストハウゼン
・トニーフィナウ
・比嘉真美子(ダイキンオーキッドレディス優勝)
・鈴木愛(ヨコハマタイヤPRGRレディス優勝)
その他のPING G410 ドライバーの詳細紹介はこちら
スポンサーリンク


第二位:テーラーメイドM5ドライバー

<最も速いボールスピードで飛ばす!>
今回M6と共に、一旦反発係数を超えるヘッドを作りそこからルール上限内に抑えるという製法を取ったことで、販売されるすべてのヘッドが文字通り反発係数ギリギリのものだということで話題となりました。すでに購入して使っているユーザーからも確かに初速が速くて飛ぶようになったという声が続々と届いています。ただ、実際に打っていると、M6よりもM5の方がボールスピードは速いです。これはプロやゴルフ評論家たち多くの方が仰っています。重心位置やヘッドの形状など色んな要素があるでしょうが、M6よりもM5の方が飛びます。そして、新しいTトラックシステムを使うことで、ボールの飛び方が変わるのも楽しいですね。
世界のトップ選手たちが使用していることも話題になっています。2019年シーズンは、第5のメジャーと言われるプレーヤーズ選手権でローリーマキロイが優勝しました。
<M5ドライバーの重心データ>
ヘッドの重さ:201.9g(重い)
重心距離:42.3mm(非常に長い)
重心深度:37.3mm(標準)
フェースの高さ:54.5mm(ややシャロー)
スイートスポットの高さ:34.3mm(やや低い)
低重心率:62.9%(標準)
ヘッド左右MI:4387gcm2(標準)
ネック軸回りMI:7492gcm2(大きい)
重いヘッドと非常に長い重心距離ながら重心深度は標準的。ある程度球を捕まえる技術が必要なのですが、非常にボール初速が速く、力強い球を打つことが出来ます。ちょっと難しいドライバーと言えますが、使いこなすことが出来れば、最も飛距離を出すことが出来るドライバーと言えるでしょう。
<主な使用プロ>
・タイガーウッズ
・ローリーマキロイ(プレーヤーズ選手権優勝)
・ジョンラーム
・ダスティンジョンソン

第三位:コブラ KING F9 SPEEDBACK ドライバー

重心が低くて、深いコブラのツアーモデルドライバー。今回は、コブラ史上最高の飛距離とスピードだということですが、本当に良いドライバーに仕上がっています。スピン量がかなり少ないので、大きめのロフトを選ぶかカチャカチャで少し寝かせると非常に良いように思います。見た目の格好いい!日本での発売モデルは黄色ですがアメリカでは白もあります。私は白の方が格好いいと思いますがどうでしょう??USモデルの白はこれ↓↓

<主な使用プロ>
・リッキーファウラー

第四位:キャロウェイEPIC FLASH SubZero ドライバー

低スピンで力強い弾道の球を打つことが出来ます。叩きに行っても左に行かないのですが、右へ滑るような球も出にくくなっています。ヘッドスピードが速い方やスピンが多い方は、非常に飛距離が出るようになるドライバーなのではないでしょうか。EPIC FLASHのレギュラーモデル(数量限定)は松山英樹選手が使ったりしていますが、SubZeroより少しスピンが多く入ってつかまりもいいです。それよりも更にスピンが入って、つかまりがいいのがEPIC FLASH STARですね。それぞれ特徴が出ているヘッドで、ご自身の求めるヘッドを選択することが出来ます。
<EPIC FLASH SubZeroの重心データ>
ヘッドの重さ:202.3g(重い)
重心距離:37.8mm(標準)
重心深度:37.0mm(標準)
フェースの高さ:56.2mm(標準)
スイートスポットの高さ:35.5mm(標準)
低重心率:63.2%(標準)
ヘッド左右MI:4633gcm2(大きい)
ネック軸回りMI:6935gcm2(標準)
<主な使用プロ>
・石川遼
・テレサルー
・三浦桃香

第五位:フォーティーンCT518ドライバー

長尺にタイミングがある方や長尺になることでヘッドスピードを出すことが出来る方は非常に飛びます。
ヘッドもスピン量が少なく、とても良いヘッドです。

スポンサーリンク


やさしく飛ぶドライバーランキング 2019

次にご紹介するランキングは、アベレージゴルファーでも球がつかまりやすくやさしいモデルで飛ぶドライバーをご紹介します。球を捕まえるのが苦手なプレーヤーがつかまりにくいドライバーを使うとエネルギーがボールに伝わりにくく飛距離をロスしますしスライスの弱弱しい球が出てしまいます。また、球が上がりにくい方が重心が浅くスピンがかかりにくいドライバーを使うと、ドロップして球が上がらず飛距離をロスしてしまいます。

第一位:テーラーメイドM6 D-TYPE(日本未発売モデル)

<やさしくつかまる方のM6>
M6ドライバーは、M4と比較すると球がつかまりやすく扱いやすいと言われていますが、そのM6を更につかまりやすくしているのがD-TYPEです。DはドローのDです。フェースの向きがM6はやや開いているのですが、D-TYPEはストレートからやや左を向いています。そして重心距離も少し短くなっておりヘッドが返りやすくなっています。そして注目なのが、重心深度が少し浅いくなっています。これによってちょっとボール初速が速くなって球が力強くなっています。正直、ノーマルのM6よりもD-TYPEの方が飛ぶ??
日本未発売モデルですので、USモデルを購入することになりますが、シャフトは普段使っているものよりも一つ柔らかいフレックスを選ぶようにしてください。
その他M6の詳細紹介はこちら

第二位:キャロウェイEPIC FLASH STAR ドライバー

EPIC FLASH シリーズで、最もつかまりやすくやさしいモデルです。AIが導き出したフェースデザインが非常に広いスイートエリアを実現し、高い反発性能を実現しました。
<EPIC FLASH STAR 重心データ>
ヘッドの重さ:194.8g(やや軽い)
重心距離:40.9mm(長い)
重心深度:39.1mm(深い)
フェースの高さ:56.6mm(標準)
スイートスポットの高さ:35.6mm(標準)
低重心率:62.9%(標準)
ヘッド左右MI:4623gcm2(大きい)
ネック軸回りMI:7459gcm2(標準)
少し軽いヘッドでそれほどヘッドスピードが速くない方でも、気持ちよく振り抜けます。重心距離が長くて深い今流行の重心位置ですが、球がつかまりやすいウエイト設計になっています。また、ヘッド後方のウエイトを移動させることでつかまり具合を変えることもできます。

第三位:PING G410 SFT ドライバー

PING G410 シリーズのつかまりが良いモデル。G410 PLUSでウエイトをドローポジションにするよりも更につかまりがいいです。かなりつかまりが良いヘッド。Mグローレやゼクシオ辺りがライバルになりそうなつかまりの良いヘッドです。
<G410SFTの重心データ>
ヘッドの重さ:198.5g(やや重い)
重心距離:42.4mm(非常に長い)
重心深度:43.0mm(非常に深い)
フェースの高さ:54.2mm(ややシャロー)
スイートスポットの高さ:38.9mm(高い)
低重心率:71.8%(高重心)
ヘッド左右MI:4889gcm2(大きい)
ネック軸回りMI:8315gcm2(非常に大きい)

第四位:テーラーメイドMグローレドライバー

女子プロやシニアプロから圧倒的な支持を集めてきたグローレの最新モデル。飛んで曲がらないグローレにTWISTFACEが搭載され更に飛んで曲がらないドライバーに進化しています。
<Mグローレの重心データ>
ヘッドの重さ:196.2g(標準)
重心距離:43.5mm(非常に長い)
重心深度:41.0mm(深い)
フェースの高さ:54.7mm(ややシャロー)
スイートスポットの高さ:(36.1mm)
低重心率:66.0%(高重心)
ヘッド左右慣性モーメント:4557gcm2(大きい)
ネック軸回り慣性モーメント:8273gcm2(非常に大きい)
ヘッドスピードは40m/s以下の方に最適な設計になっているようです。純正シャフトのSで試打をしてみたのですが、45m/sで打つとつかまり過ぎてしまいますし、スピンも多くなりすぎます。40m/sくらいで打った時にちょうど良いつかまりで220ヤードくらいの飛距離を記録していました。ヘッドスピードが速い方は、カスタムシャフトを使うことをお勧めします。

スポンサーリンク


2019年一番飛ぶドライバーの大本命?いよいよ発売!

2019年モデルのドライバーは、稀に見る傑作ばかりだと言われています。実は、2018年モデルもそのように言われていたのですが、それよりもいいドライバーが続々と登場しています。

その2019年モデルで、一番のドライバーとして大本命なのが、PING G410 ドライバー。

PING(ピン) G410 PLUS ドライバー ALTA J CB RED カーボンシャフト メンズゴルフクラブ 右利き用 10,5度 FLEX-S

圧倒的な深重心・長い重心距離・大慣性モーメントで、飛んで曲がらないと発売前からの評判です。
プロやゴルフの評論家をはじめ、すでに試打している方々の評価が本当に高くなっています。

発売日は、3月21日です。

その他のPING G410 ドライバーの記事はこちら

プロギア RSドライバーの2019年発売モデルとは?

プロギアから新しいRSシリーズが登場するという動画がプロギアから出ていましたが、そのドライバーが発表されました。

今回登場するRSドライバーは、RS-EとRS-REDです。

これまで発売されていたのは、RSドライバーとRS-Fドライバー。
それに加えてRS-EとRS-REDが発売されるということです。

RS-Eドライバーは、これまでのルール適合内ギリギリの高初速性能に加え、同シリーズ最大の重心角(34°)と大慣性モーメントでカンタンに飛ばせるドライバーとなっています。RSレギュラーモデルもある程度つかまりの良いモデルでしたが、重心深度をより深くすることで重心角を大きくし、やさしくつかまえて飛ばすことが出来るドライバーにしています。

RS-REDドライバーは、同じくギリギリの高初速性能に加えて、ヘッドスピードが速くない方でも、やさしく球が上がってつかまるドライバーです。

発売日は、REDが4月12日。RS-Eは4月19日です。

やさしくスコアを出すことが出来るセッティング

今、自分のクラブセッティングを見直そうと考えています。
現在のセッティング
1W:グローレF2
3W:JGR
5W:ツアーステージ
UT:PING G
  ホンマ TW-U
6I~PW:タイトリスト716CB
52度58度:フォーティーンRM

まず、変更したいと考えているのが、ウエッジとアイアン。
アイアンをもう少し飛ぶアイアンに変えたいと思っています。7番アイアンでロフト角が30度くらいのもの。今は34度なので1番手飛ぶ感じになるのかなと思います。そうなると、ウエッジを一本増やすことになるのかなと。
パター⇒ウエッジ(58度、52度、48度)⇒PW(44度くらい)~6番(26度くらい)⇒UT(26度、22度)⇒FW(19度、15度)⇒ドライバー

飛ぶアイアンを使っても、ウエッジを増やすなら同じ?とも思うのですが、やはり150ヤードを楽に7番で届くのと、6番か頑張って7番で打つのとでは随分と変わってくるように思います。そして、下の番手が充実することもメリットの一つなのかなと思います。

色んなアイアンを広い練習場で打ってみて、球の高さや飛距離を確認したいところですが、なかなかそんな環境でクラブ選びができないのがアマチュアのつらいところですよね。

ドライバーもアイアンもやさしく飛ぶ時代になってきていますので、進化の恩恵をしっかりと受けたセッティングにしたいなと思います。


スポンサーリンク


重心深度が深くて重心距離が長いドライバーのメリット

外国メーカーのドライバーを中心に、重心距離が長くて、重心深度が深いドライバーが主流になっています。その流れを作ってきたのがPINGですね。最新モデルPING G410 は更に進化させてきて、世界中のプロアマから絶賛されています。なぜ重心距離が長くて重心深度が深いドライバーが人気を集めているのでしょうか。

ゴルフでボールを遠くに飛ばすには、ヘッドにかかる遠心力を最大限に使う必要があります。重心距離が長いということは、それだけヘッドにかかる遠心力が大きくなりヘッドスピードが増す方向に働きます。ただし、やみくもに重心距離を長くすればいいというものではありません。重心距離が長いとヘッドが返ってきにくく、インパクトでフェースが開いてボールにコンタクトしてしまう傾向が強くなります。そこで重要なのが重心深度ということになります。

重心深度が深くなると、重心角・重心アングルが大きくなります。重心角が大きくなるとインパクトではフェースは左を向きやすくなります。これは遠心力で遠くに引っ張られる部分が重心の部分なので、最も遠心力で引っ張られるインパクト付近では、重心角が大きいヘッドのフェースは左を向いていると考えられるのです。

重心距離が長いとヘッドスピードは出やすいがヘッドが返りにくい。でも重心深度が深いとヘッドは返りやすい。この両面の働きで、距離が出て曲がりにくいドライバーになっているというわけです。

例)重心深度が深くて重心距離が長いドライバー
・PING G410 ドライバー
・PRGR RS-F ドライバー
・テーラーメイドM6ドライバー

インサイドからヘッドを降ろさないとダメな理由

インサイドからヘッドを降ろしてこないとダメ、という指導を受けたことがあると思います。けれども本当にインサイドからヘッドを入れることが出来ているプレーヤーは非常に少ないという事実があります。

どうしてもアマチュアの多くのプレーヤーは、フェースを出来るだけ真っ直ぐに動かして、真っ直ぐにフェースとボールをコンタクトさせようとします。フェースを真っ直ぐにボールとコンタクトさせれば、真っ直ぐに飛ぶだろう・・・、そんな風に考えておられるのだと思います。けれども、実は真っ直ぐに降ろそうとすればするほど、クラブヘッドは開こうとしてスライスが出てしまったり、ボールの手前を叩いてしまったりします。これはゴルフクラブの性質から来る現象です。

ゴルフクラブは、シャフトの延長線上に重心がありスイートスポットがあるというものではありません。シャフトからL字のようにヘッドが付いています。また、フェースよりも後方に重心があります。こういった特殊な形状がゴルフを難しくしているのです。ヘッドを真っ直ぐに動かそうとすればするほど、フェースは開きヘッドは落っこちてボールの手前の地面をたたいてしまいます。スライス、シャンク、ダフリ・・・。

ドライバーからアイアン、アプローチまで、基本は全てインサイドからクラブを入れなければいけません。インからクラブを入れてくることでシャフトは最終的に立ってきますし、インパクトでフェースが正面を向きます。これはヘッドの重心と遠心力、慣性の関係からです。

スイング中のヘッドの重心がどのように動くのかを考えると、正しいスイングをいうのが分かってきます。物体は一度動き出すと慣性に従って進みます。ヘッドはスイング中には止まらないと考えた方が自然です。テイクバックでインサイドに引いてしまうと、トップではシャフトクロスが起こり、ヘッドは外から降りてきて、最終的にインパクトではシャフトが寝てフェースは開きます。
逆に、グリップの位置との関係でヘッドをアウトから上げてくると、トップから切り返しではシャフトはレイドオフと言われる状態になり背中側に倒れてヘッドは背中側に来ます。そしてインパクト直前にシャフトが立ってきて遠心力でヘッドのトゥが体と反対側へ進もうとします。インパクトではグリップとヘッドのトゥが引っ張り合い、スクエアな状態でボールにコンタクトします。

セルヒオガルシア、リッキーファウラー、ジムフューリックや池田勇太選手、横尾要選手のスイングをイメージされるとわかりやすいかなと思います。


スポンサーリンク


ホンマ TW747 460 ドライバー 試打 評価

ホンマTW747 460 ドライバーを試打してきました。

やはりというかさすがというか、ターゲットに対して非常に構えやすいヘッド。

実際に打ってみると、打感が非常にいいですね。最近のドライバーにはない柔らかい打感。食いつき感がとてもいいですね。

ただ、それほど球はつかまりやすい方ではないです。ある程度、自分で球を捕まえることが出来る方、左に行きにくいドライバーを求めている方におすすめですね。

弾道も中弾道で上がりやすい訳ではありません。ただ、見るからにスピン量が少なさそうな弾道で、ランが出てくれそうな印象です。

低スピンで力強い弾道の球を打つことが出来るドライバーです。

ホンマ TW747 460 ドライバーの詳細はこちら

M6ドライバー 口コミ・レビュー

テーラーメイドM6ドライバーが発売されて、すでに多くの方から口コミ・レビューが集まってきています。

やはり皆さん注目されているのは、フェースの反発力。一旦ルール上限オーバーのヘッドを作ってから、個体ごとにルール上限ギリギリまで反発力を調整する製法が取られました。メーカーとしては非常に手間暇かかる製法ですが、これまでプロや関係者にのみ配られていた本当に反発係数ギリギリのヘッドが全てのお客さんの手に渡ることになりました。

実際に使用している方々も、その反発力を実感されているようで、飛距離性能に満足されている声が多くなっています。

M6 使用者の口コミ・レビューはこちら

その他のM6ドライバーの紹介記事はこちら

慣性モーメントの大きいドライバーランキング 2019

2019年モデルのドライバーが続々と発表されています。
世界では、ビッグ慣性モーメントのドライバーが主流になってきており、プロたちのスイングもそういったドライバーで有利に戦えるものになっています。
このページでは、2019年発売モデルで慣性モーメントの大きなドライバーをご紹介します。

※ヘッド左右慣性モーメントは、数値が大きいほどトゥ・ヒール方向のミスに強い。
ネック軸回り慣性モーメントは、数値が大きいほどヘッドの回転が緩やかでフェースの向きが極端に変わりにくいのやさしくなります。

第一位:PING G410 PLUS
ヘッド左右慣性モーメント:5416g㎠
ネック軸回り慣性モーメント:9527g㎠
G410 ドライバーの紹介記事はこちら

第二位:タイトリストTS2
ヘッド左右慣性モーメント:5136g㎠
ネック軸回り慣性モーメント:8123g㎠
TS2ドライバーの紹介記事はこちら

第三位:テーラーメイドM6ドライバー
ヘッド左右慣性モーメント:5030g㎠
ネック軸回り慣性モーメント:8154g㎠
M6ドライバーの紹介記事はこちら

第四位:ヤマハインプレスUD+2
ヘッド左右慣性モーメント:4638g㎠
ネック軸回り慣性モーメント:8773g㎠
インプレスUD+2の紹介記事はこちら

第五位:テーラーメイド Mグローレ
ヘッド左右慣性モーメント:4557g㎠
ネック軸回り慣性モーメント:8273g㎠
Mグローレドライバーの紹介記事はこちら