TS1ドライバー 詳細データ

タイトリストTS1ドライバーの詳細データをご紹介します。

ロフト角10.5度×ディアマナ50

クラブの長さ:45.625インチ
クラブ重量:275.5g
スイングウエイト:D2.5
ヘッド重量:194.1g(やや軽い)
ヘッド体積:460CC
リアルロフト:11.1度
ライ角:60度(超アップライト)
フェース角:フックフェース
重心距離:37.8mm(標準)
重心深度:41.1mm(深い)
フェースの高さ:52.5mm(低い)
スイートスポットの高さ:34.3mm
ヘッド左右MI:4898gcm2(大きい)
ネック軸回りMI:7480gcm2(大きい)

シャローなヘッドでスイートスポットが高くなっていることから、球が上がりやすく、適度なスピンもかかりやすくなっています。

ライ角は、非常にアップライト。常に前上がり(つま先上がり)で打っているかのように、球がつかまりやすく、ドローボールが打ちやすい設計です。
また、重心距離も今どきのドライバーとは違い、それほど長くなっていませんので、インパクトにかけてフェースが返りやすいです。

慣性モーメントも大きく、ミスヒットにも強い。

<総合評価>
・打ち出し角が高く、適正スピンで球が上がりやすい。
・ヘッドスピードが遅くてもドロップしない
・球は非常につかまりやすい。
・ミスヒットに強い
これまでのタイトリストのドライバーのイメージとは真逆のやさしいドライバーです。



タイトリストTS1ドライバーの詳細はこちら

楽天マガジンでゴルフ雑誌読み放題!

今月から楽天マガジンの購読をはじめてみました。

最初の1か月間は無料お試し。2か月目以降は月額380円(税込み410円)となっています。

たったの410円で250誌以上が読み放題。

ゴルフ雑誌は、月刊ゴルフダイジェスト、週間ゴルフダイジェスト、パーゴルフ、ALBA、ワッグルを読むことが出来ます。

ゴルフ雑誌がこれだけラインアップに入っているのは、とってもうれしいです。

無料お試し2日目ですが、来月以降も継続は確実です。

コブラ KING F9 色の違いで性能にも違いがある?

コブラのKING F9 スピードバックドライバーのヘッドは、黄色と白とカモフラなどがあります。

日本で発売されている通常モデルは黄色のみです。カモフラ柄は限定モデルになります。

また、白はUS限定モデルとなっています。

色が違っても、中身は同じ。性能には差はありません。

日本モデルとUSモデルの違いも、値段は結構違いますが、ヘッド自体にはありません。USモデルの方が同じフレックスでもシャフトが硬いです。

白いカラーはUSモデル限定です↓↓

KING F9 スピードバック USモデル

カモフラ柄は限定色となっています。

Cobra Golf King F9 Speedback Special Edition Camo Driver コブラゴルフ キング F9 スピードバック スペシャルエディション カモ ドライバー Project X EvenFlow Blue 65 Graphite

コブラ KING F9スピードバック ヘッドの詳細データ

コブラのKING F9スピードバックドライバーの詳細データをご紹介します。

リッキーファウラーやデシャンボーと言った日本人にも人気のゴルファーが使用するモデル。ですが、あまり日本では使っているプレーヤーが少ないので、他人と被りにくく、目立つ存在になることが出来ます。

クラブの長さ:44.875インチ
クラブの重さ:295.8g
スイングウエイト:D0.5
ヘッドの重さ:200.0g(重い)
ヘッド体積:460CC
ライ角:58.5度(標準)
フェース角:スクエア
重心距離:41.1mm(長い)
重心深度:42.2mm(非常に深い)
フェース高:55.0mm
スイートスポットの高さ:34.6mm
低重心率:62.9%(標準)
ヘッド左右MI:4786gcm2(大きい)
ヘッド上下MI:3155gcm2(大きい)
ネック軸回りMI:7920gcm2(大きい)

カモフラ柄も登場!!

コブラF9スピードバック カモフラ柄

タイトリストTS1ドライバーのホーゼルカチャカチャ機能

タイトリストTS1ドライバーのホーゼルは、これまでのTSシリーズや9シリーズ同様にSURE FIT®ホーゼルとなっています。
16通りのロフト角とライ角の組み合わせを設定することができます。

私自身もタイトリスト917D2ドライバーを持っていますので色んな組み合わせを試しましたが、球の高さやつかまり具合は確実に変わりますので、購入後に自分自身の好みにカスタマイズできますし、使っていてとても楽しいです。

試打して購入しても、何故か自分のものになって練習場で打ってみると、「思っていたのと違う・・・」というのが、あるあるですね。

このタイトリストのSURE FIT®ホーゼルは、買ってみたけど全然だめだったという失敗をなくしてくれますし、よりTS1ドライバーをより強い味方に変えてくれるでしょう。

スポンサーリンク


タイトリストTS1ドライバー スピン量や球の高さは?

今回の記事では、TS1ドライバーのスピン量や球の高さについてご紹介します。

このTS1ドライバースピン量は少なすぎず多過ぎず、球の高さは高弾道を実現しやすいドライバーです。

最近のボールは、ロングショットでは低スピンになる傾向が強いため、ドライバーはそこまで低スピンにせず適正なスピンが入るような設計になっているように思われます。実際、スピンがある程度適正に入ることで、ドロップしてしまったりせず安定した飛びを実現してくれます。

球の高さは、打ち出し角から高めです。重心深度が深くなっている分、インパクトでは少しフェースが上を見るような傾向にあるようです。

ヘッドスピードがそれほど速くないプレーヤーでも、純正シャフトで高弾道のいかにも飛びそうなドライバーショットを実現できるクラブです。

タイトリスト TS1 ドライバーの詳細はこちら

ミニドライバーってアマチュアにはどうなの?

最近、ヘッドが小さいドライバーが、少し注目されつつあります。

テーラーメイドの「オリジナルワンミニドライバー」やブリヂストンの宮里優作選手向けのプロトタイプなど。宮里選手が以前からアイアンとドライバーを同じように振りたいからということで操作性の良いヘッドのドライバーを望んでいました。そこで以前から関係の深いブリヂストンが宮里選手向けのプロトタイプを開発しています。

実際、こういった小さなヘッドのドライバーというのは、我々アマチュアにとってはどうなんでしょうか。

振ってみると、最初は確実に振りやすく「これいい!」ってなるかなと思います。実際、ドライバーよりもスプーンの方が振りやすいように、小型ヘッドのドライバーの方が振りやすいのは当然です。

飛んでいく球はどうか?
やっぱり球は上がりにくいです。ミスヒットにも断然弱いです。ボール初速も落ちます。

いいことないじゃん・・・。

と思われるかもしれませんが、とんでもない球が出る確率は大きく減ります。曲がりの幅が少なくなります。

飛距離が出ない代わりに、安定感は出るのかなと思います。実際にコースで使ってみたら、普段OBでスコアを崩している方はスコアアップできるんじゃないでしょうか。

テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー KUROKAGE TM5 2019 カーボンシャフト (日本正規品) 《カスタムオーダー》 【受注生産】

PING G410 LST ドライバー 評価

PING G410LST ドライバーで鈴木愛プロが、ツアー2連勝。発売前から非常に評価が高いG410LSTドライバーが、早くも結果を出しています。

そのG410LSTドライバーの特徴をご紹介。

PING G410LST ドライバーの詳細はこちら

ヘッドの大きさは450CCと少しだけ小ぶりになっています。少しの違いですが、これが意外とスイングしやすい感覚を得られます。

構えた感じは、横幅が長くPINGのドライバー特有な顔をしていますね。フェース角はオープンです。

慣性モーメントは、ヘッド左右も上下も非常に大きくなっています。またネック軸回りも非常に大きくなっています。

重心の高さはG410シリーズはそれほど低くありません。最近のゴルフボールは、ロングショットではスピンが少なくなっていますので、ヘッドはある程度の適正なスピンが入る方が安定した飛びを実現することが出来ます。ただ、G410PLUSに比べるとLSTの方が重心は低くなっておりスピン量は少なくなります。

クラブの重さ:306.2g(標準)
スイングウエイト:D2
ヘッドの重さ:203.2g(重い)
ヘッド体積:450CC
ライ角:59度(ややアップライト)
フェース角:オープン
重心距離:44.1mm(非常に長い)
重心深度:43.3mm(非常に深い)
フェースの高さ:55.4mm(標準)
スイートスポットの高さ:35.7mm(標準)
低重心率:64.4%(標準)
ヘッド左右MI:5161gcm2(非常に大きい)
ヘッド上下MI:3397gcm2(非常に大きい)
ネック軸回りMI:9264gcm2(非常に大きい)

タイトリストTS1ドライバー ロフト角は9.5度か10.5度か?

タイトリストTS1ドライバーのシャフト選択に続き、今回はロフト角選びについて、私が考えているところを書かせていただきます。もし参考になればうれしいです。

トラックマンで試打をしていると、ヘッドの入射角とボールの飛び出す角度が正確に把握できます。これを見ていると、かなりヘッドの後方部分(お尻の部分)がインパクトで落ちてくることが分かります。ヘッドの重心深度が深いことやシャフトの特性によるところでしょう。
標準シャフトのディアマナ50でもAiRSpeederのどちらでも言えることです。

スピン量も、多すぎるわけではありませんが、非常に低スピンタイプというわけでもありません。適切にスピンが入ってくれる印象です。

ですので、ロフト選びに関しては、普段から球が上がりにくい、スピン量が少ないという方は10.5度。球が上がりやすいスピン量が多め、または標準的な方は9.5度でいいのかなと思います。これまでのタイトリスト9シリーズがTS2・3とは随分違うと思っていただいていいのかなと思います。


タイトリストTS1ドライバーの詳細はこちら

タイトリストTS1ドライバー シャフトは何を選ぶべき?

タイトリストTS1ドライバーの発売日は7月5日で、いよいよ1週間後に迫ってきました(この記事は6月30日に書いています)。

ここまで多くのプロがゴルフ評論家、すでに試打をしているアマチュアのゴルフ仲間から色んな声を聞いてきますが、とにかく評価が高いですね。間違いなく、購入して損はしないドライバーなのかなと思います。

タイトリスト(Titleist) TS1 ドライバー Titleist Air Speeder(タイトリスト エアスピーダー) カーボンシャフト 10.5 SR

プロ並みのヘッドスピードの方から38m/s前後の方まで、シャフトさえ考えれば本当に幅広いプレーヤーが楽しく飛ばすことが出来るヘッドです。

では、具体的に購入する際には、どのシャフトを選択すればよいのでしょうか。実際に広い練習場などで、試打できる機会はなかなかないので、標準シャフトを中心に特徴を挙げてみたいと思います。

標準シャフトは2つ用意されています。
・ディアマナ50
Sシャフトでも50gと軽量です。

・AiR Speeder
40g台の非常に軽いシャフトです。

まずディアマナ50ですが、これまでのタイトリスト9シリーズを使っていた方からすると、正直軽すぎて選択肢に入らないと思われるかもしれません。Sシャフト装着で総重量が275gですからね。ところが実際に打ってみると、ヘッドスピード45m/sくらいでも頼りなさは感じません。さすがに50m/sくらいになってくるとスピン量も多過ぎますし、芯でとらえにくい感じがしてきてしまいます。
球は本当に高く上がってくれますし、スピン量も少なすぎることもない。またヘッド自体がかなりつかまりがいいので、ディアマナはつかまりにくいというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫かなと思います。

ヘッドスピード38m/s前後の方は、AiR Speederが最高にいいのかなと思います。当たれば230ヤード飛んでくれます。これはちょっとスゴイです。

プロギア スーパーエッグ480ドライバー 発売日

プロギアから新しいSUPER egg ドライバーの発売が発表されました。

今回のスーパーエッグは、480CCの超大型ヘッドです!発売は、7月19日となっています。

※SUPER egg ドライバーは、ルール適合外のドライバーになりますので、公式競技では使用することはできませんのでご注意ください。

今回のスーパーエッグは、ヘッド体積が480㎤となっており超大型。この超大型ヘッドは、超深重心と大きな重心角になっていますので、大きなヘッドでもしっかりヘッドが返る設計になっています。スライサーの方でも球がつかまるドライバーです。

PRGRは、長年ルール非適合のドライバーSUPER eggだったり、ルールギリギリのRSドライバーだったりと反発力の高いドライバーを作ることに関してはお手の物。このSUPER egg 480 ドライバーも非常に期待できるドライバーです。

宮里優作選手 300CCの小型ヘッドドライバー

宮里優作選手が300CCのドライバーでヨーロッパツアー「BMWインターナショナルオープン」に挑むことになりそうです。

ブリヂストンのプロトタイプドライバー。以前も宮里選手向けのプロトタイプとして260CCのドライバーを作りましたが、それよりも少し大きくなりました。

前の260CCのドライバーも非常に良かったそうですが、さすがに小さすぎた様子。300CCは試打一発OKで大絶賛。これまでのテーラーメイドM5ドライバーよりもミート率が飛躍的に向上してボール初速が出ているようです。感覚的にもデータ的にも満足できる結果が出ているようで、恐らく試合ではこのドライバーを使うことになるでしょう。

どのような結果が出るのか、非常に楽しみです。

M5 TOUR ドライバーはどう?球は上がる?

テーラーメイドのM5ドライバーには、460CCのM5と435CCのM5TOURがあります。

テーラーメイドM5TOURドライバーの詳細はこちら

M5ドライバーは、松山英樹選手やタイガーウッズなど世界中で多くの選手たちが使用していますが、M5TOURドライバーを使用している選手は少ないのが現状です。

それでも、やはり大型ヘッドよりも435CCのTOURを使いたいというアマチュア選手もある程度いらっしゃるようです。そこで私も一度試打をしてみました。

まず、ウエイトをノーマルポジションで打ってみると、球は上がりません・・・。ヘッドスピード45m/s前後の私のスイングでは、めちゃめちゃ頑張らないと球が上がってくれません。ウエイトをいっぱいまで後ろにしても、やはりスピン量も少なすぎますし、球が上がらないです。

ただ、やはり構えやすさや振りやすさというのは実感できます。元々球が上がり過ぎてしまう方やスピン量が多過ぎる方にはいいかもしれません。

重心深度が浅くなっておりつかまりが抑えられ、左へのミスが極端に少なくなります。もちろんスライサーの方や球を捕まえるのが苦手な方はお勧めできません。ハードヒッターにおすすめのドライバーです。

鈴木愛プロはG410LSTにチェンジで優勝!

「宮里藍 サントリーレディス」で今シーズン2勝目を達成した鈴木愛選手。
今週からドライバーをG410LSTドライバーにチェンジしての優勝となりました。

ヨコハマタイヤPRGRレディスで優勝した際には、G410PLUSドライバーを使用。比嘉真美子選手が開幕戦のダイキンオーキッドで優勝し開幕から2連勝したことで、G410PLUSが非常に注目を集めるきっかけともなりました。

鈴木選手は、もう少し飛距離が欲しいということで、より低スピンになるG410LSTドライバーにチェンジしたということ。G410PLUSと比較すると、キャリーで3ヤード伸びているとのこと。

我々アマチュアレベルですと、当たり方次第で10ヤード以上も飛距離が変わりますので、3ヤードの差というのは打ってもわからないかもしれませんが、プロレベルだと大きな差に感じるようですね。

我々アマチュアも、スピン量が多い方や左へのミスを減らしたい方などは、G410LSTは心強い武器になるのではないかと思います。

ポイント10倍 PING 販売実績NO.1 PING GOLF ピン G410 LST ドライバー G410 LSTec メーカー純正シャフトALTA J CB RED TOUR 173 ジー410 日本仕様 右用 左用 レフティー ヘッドカバー レンチ付き2019年モデル G410標準 G410 SFT 右利き 左利き

タイトリストが270g台のTS1を出した意味

タイトリストから新しいTSシリーズTS1ドライバーを発売します。

すでに多くのゴルフ評論家やプロたちが試打をしていますが、口をそろえて「飛ぶ」「曲がらない」と絶賛しています。

今回のTS1の特徴は、「軽量」。なんと275gという重量になっています。これはめちゃくちゃ軽い重量です。しかもTSシリーズでこの軽さのドライバーを出してきたことが驚きです。

これだけ軽いとプロや上級者では、当たり負けしてしまって、強い球が出にくかったりします。それがこのドライバーでは、非常に力強い球で飛んでくれます。

テクノロジーの進化のいう面があるのは当然ですが、実はこれくらいの重量のクラブが最も振りやすいということも言えるのかもしれません。

すでに、プロが使うドライバーも軽量化が進んでいますが、これからは300gを切るドライバーが当たり前の時代になってくるのかもしれません。

タイトリスト TS1 ドライバー 発売日

タイトリストのTSシリーズに新しい仲間が加わることが発表されました。

タイトリストTS1ドライバーです。「1」というのは、以前の9シリーズでもなかった番号になります。どのようなコンセプトのクラブなのでしょうか。

アクシネットジャパンインクからの情報によると、TS2やTS3よりも大きな軽量化を実現して「より速く」飛ばすことが出来るドライバーだということです。
ヘッドの軽量化はもちろん、シャフトやグリップなどの重量配分も見直して、最も速く飛ばすことが出来るように設計されました。

「軽いクラブは球が暴れて使えない」そんな風に評価をするプロや上級者も、かつては存在しました。しかし、TS1は軽いにもかかわらず高い慣性モーメントも実現。これは今までにありませんでした。軽いにもかかわらず慣性モーメントが大きい。TS1はそれを実現しました。

発売日は、7月5日です。実際に打てる日が来るのがとても楽しみです。

タイトリストTS1ドライバーの詳細はこちら

3up CLUB の皆さんはすでに試打をしていた模様。
大絶賛のお三人さんでした。

タイトリスト TS4 ドライバー 発売日

タイトリストTS4ドライバーがアメリカツアーで使われ始めましたが、早速TS4ドライバー使用選手が優勝しました。

アメリカ男子ツアーで「ウェルズ・ファーゴ選手権」で、マックス・ホーマ選手がツアー初優勝。その前の週まで使っていたTS3から小ぶりで低スピンタイプのTS4ドライバーで平均飛距離を伸ばしての優勝でした。

アメリカでの発売日は、6月下旬とされています。日本では何もアナウンスされていませんが、これまでの「4」と同様に発売されない可能性が高いですね。もちろんフェアウェイゴルフUSAさんでは、完全日本語対応で普通に通販で購入できますので、アメリカの発売日までお待ちいただければ購入できます。

宮本勝昌 使用ドライバー 2019

宮本勝昌選手が中日クラウンズで復活優勝!!
昨年は病気もあり賞金シードをなくしてしまいましたが、見事に復活して優勝してくれました。

宮本選手と言えば、ブリヂストン!!そして、ブリヂストンと言えば、新しいツアーB XD-3ですよね。非常に良いドライバーで、ブリヂストン契約プロはもちろんですが、契約外の選手からも高い評価を受けているドライバーです。
ツアーB XD-3を使う選手が早く優勝してほしいと思っていたのですが、宮本選手がやってくれました。

日本メーカーのブリヂストンも、今ブリヂストンゴルフの復活を目指して頑張っています。この宮本選手が使うツアーB XD-3は、重心距離が短く、重心深度が浅く、非常に操作性に優れています。それに加えて、筋金入りのカーボンクラウンによって、直進性の高いヘッドに仕上がっています。

ブリヂストン ゴルフ ツアーB XD-3 ドライバー ツアーAD TX2-6 カーボンシャフト TOURB【XD-3ドライバー】【あす楽対応】

PING G410 LST ドライバー 発売日

PING G410 LST ドライバーが適合クラブリストに入りました。

すでにG410 PLUSとSFTが発売されていますが、LSTは開発が遅れており一般発売は夏くらいになるのではないかと言われていました。それがリスト入りしたことで、いよいよ契約プロが試合で使う準備が整ったことになります。

LSTは、PLUSと同様にウエイトを移動させることが出来る機能が付いている模様。

発売日は、7月4日です。


PING G410 ドライバーの詳細はこちら

タイトリスト TS2 ドライバー 口コミ・評価は?

タイトリストのTS2ドライバーの口コミ・評価を調べてみました。

ゴルフダイジェストオンラインには、実際に購入して使用している方々のレビューがたくさん集まってきています。

シャフトごとにもレビューが集まっているので実際に購入しようと検討している方には、本当に参考になるかなと思います。

純正シャフトは、「KUROKAGE 50」と「Speeder 519 Evolution」が用意されています。両者のシャフトで結構球が変わります。つかまりがいいのは「Speeder 519 Evolution」。やはり先が走る感じが強くありますので、シャフトで球を捕まえたいな言う方にはこちらがいいのかなと。逆に「KUROKAGE 50」はつかまりを抑えて弾道も少し低めになるのかなと思います。

TS2(KUROKAGE 50)使用者の口コミ・レビューはこちら

TS2(Speeder 519 Evolution)使用者の口コミ・レビューはこちら

その他のカスタムシャフトの口コミ・レビューもたくさん寄せられています。

TS2(Speeder 661 Evolution V)使用者の口コミ・レビューはこちら

TS2(Diamana DF60)使用者の口コミ・レビューはこちら

TS2(Tour AD VR-6)使用者の口コミ・レビューはこちら