2019年モデルのドライバーがいい!

2019年モデルのドライバーが続々と発表・発売されています。

ブリヂストン、タイトリスト、SRIXON、テーラーメイドと各社出してきています。

そして、どのドライバーも、本当にいい!!ここまで評価が高いドライバーが揃うと時も珍しいのではないでしょうか。

特徴としては、各社ともにプロモデルでも「やさしい」ということ。

今や、プロでもやさしいモデルを好んで使うようになってきており、当然アマチュアもやさしいモデルを求める傾向が強くなってきていました。

例えば、タイトリスト。世界中のプロが使用していた917ドライバーの次に登場したのが「TSドライバー」。名前がコロッと変わってきました。
これまではゴリゴリの男子プロが使うモデルで、女子プロが使っている姿をほとんど見ませんでした。それほどハードなドライバーで、我々のイメージとしてもやはり「難しい」「ハード」という感じが強くありました。
ところが、今回のTSドライバーは、全く性格が違ってきています。ハッキリ言って、やさしい。そして飛びます。
917Dは想定よりも売れなかったそうですが、今回のTSドライバーは売れそうです!

タイトリストTSドライバーの詳細はこちら

また、ブリヂストンもいいですね。正直、ブリヂストンのゴルフ部門は、そのうちなくなってしまうのではないかという噂が流れるほど元気がありませんでした。色んなメーカーのドライバーは試打するけど、ブリヂストンは別に試打しなくてもいいかなと考えていた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。日本人でもそんな感覚が出てきてしまうほど、最近のブリヂストンのドライバーは低迷していました。事実、宮里優作選手や池田勇太選手などブリヂストンのイメージが強かった選手たちが離れて行っています。
ただ、今回登場したツアーB XD-3は、いいです。これまでは5や7というモデルもありましたが、今回は3のみのワンモデルです。とにかく打感が素晴らしい。さすがブリヂストン!そしてつかまってストレートボールを打ちやすいドライバーとなっています。球も上がりやすいです。
これなら男子プロもまたブリヂストンへ戻ってきてくれるのではないでしょうか。

ブリヂストン ツアーB XD-3 ドライバーの詳細はこちら

SRIXONは、一からドライバーを作り直すということでZERO SRIXONと銘打って頑張ってくれました。何といっても、松山英樹選手に使ってもらいたいというのが強いのではないでしょうか。
SRIXON で初めてカーボンクラウンを採用して、余剰重量を増やし重心位置を改良してきました。また、ゼクシオの技術を応用するなどよりやさしく飛ばすことが出来るドライバーと進化しています。

9月22日頃新発売予定 DUNLOP ダンロップ SRIXON Z585スリクソン Z585 ドライバーMiyazaki Mahana シャフト ・スマホスタンドプレゼントキャンペーン

テーラーメイドは、何といってもTWIST FACEを採用したMグローレでしょう!M3とM4で好評のTWIST FACEを鍛造にして日本人向けに仕上げてきました。グローレF2を使っている私は、これも本当に楽しみです。

Mグローレドライバーの詳細はこちら

Mグローレ 打感は?鍛造TWIST FACE

Mグローレが10月に発売されますが、テーラーメイドからどんなドライバーなのか詳細が発表されています。

今回のグローレの最大のポイントは、TWIST FACEでしょう。M3やM4でプロやアマから絶賛されているTWIST FACE。私自身も本当に曲がらないということを実感しています。そのTWIST FACEがMグローレにも搭載されています。

では、そのTWIST FACEが搭載されたMグローレの打感はどうなのでしょうか?これまでのグローレが、日本人向けに開発されているモデルということで、日本人がこだわる打感・打音の良さを追求していたので、Mグローレはどうなのかを調べてみました。

このMグローレに搭載されているTWIST FACEは、M3やM4のものとは異なり、鍛造製法になっています。これにより、日本人好みの食いつくようなそれでいてしっかり弾いて飛んでいるように感じる打感・打音を実現しました。

これまでのグローレの心地よい打感打音をMグローレもしっかりと引き継いでくれているということです。

テーラーメイドMグローレの詳細はこちら

プロギアの新しいRSドライバー 2018年発売モデル

プロギアの新しいRSドライバー。
今回もつかまりやすいRSとつかまりを抑えたRS-Fがラインナップされています。

RSドライバー 2018


【初回入荷】【2018モデル】プロギア RS F ドライバー シャフト:Diamana for PRGR カーボン

RSは、非常にやさしい印象。自然とつかまってくれます。

RS-Fも、前のモデルよりもやさしくなっている印象です。前より捕まりやすく、フェードが打ちやすいというよりもストレートが打ちやすいという感じです。

肝心の飛距離と言う面ですが、飛びます!
まぁ、芯を外しても、全然飛距離が落ちないですね。

ド芯を食ったときの飛びは、2017年モデルの方が良かったという意見もあるようですが、平均飛距離は明らかに凄くなっています。

ドライバーを左に振り切ることでフックが消えた

長年ドライバーのフックに悩んでいました。

練習場ではそれなりに打てる。フックなんて、たまにしか出ません。

でもコースでは、朝一からフック。それを嫌がるとスライス。なんでそうなるのかわかりませんでした。これで5年は苦しめられました。

その原因がはっきりとわかりました。

要は、「左に振る」ということが出来ていませんでした。

プロは、ショットの基本的な軌道は「インサイドイン」だと言います。左にふり抜けと言います。

けれども、インに振り切ったら引っかかるでしょ?左に振り切って引っかからない理由がわかりませんでした。

少なくともストレートに振りぬかなければいけないと思っていました。実際は、アウトに振り抜いていました。

けど、ようやく、インに振りぬくことで真っ直ぐに打てるということが分かりました。分かってしまえば、当たり前のことでした。

フェース面をスクエアでインパクトを迎えられることで、飛距離もかなり伸びてくれました。
これまでは、プロがフォローにかけてフェースを閉じて行くのが、全く信じられないというか意味が分かりませんでした。

これからは、ドライバーでドンドン責められそうです。


スポンサードリンク


Mグローレが登場!グローレF使いとしては気になる!

Mグローレなるものがプロツアーの現場でテストされているようです。

フェースは、なんと「TWIST FACE」!!

クラウン部分をみると、グローレというよりもMシリーズ。
でもソールをみると、やっぱりグローレ。

現在グローレF2を使っている私としては、注目の一本です。

岩田寛 クラブセッティング 2018

岩田寛選手の2018年クラブセッティングをご紹介します。

岩田選手はホンマと契約しており、基本的にホンマのクラブで揃えています。

2018年のクラブセッティングで注目されるのは、ドライバー。昨年まで使用していたのは、TW717 455 ドライバー。今年からは、イボミ選手も使用を開始したビジール535ドライバー。

BeZEAL(ビジール) 535 ドライバー VIZARD for Be ZEAL カーボンシャフト【ドライバー|HONMA GOLF】
ロフト角 10.5度
シャフト VIZARD EX-Z 75(X)

3W:テーラーメイドM1フェアウェイウッド

ユーティリティ:本間ゴルフ ツアーワールド TW727 ユーティリティ(19度)

3番アイアン:ホンマ TW-U

アイアン(4~10I):ホンマ TW727Mアイアン

ウェッジ(52度58度):ホンマ TW-Wウエッジ


パター:オデッセイ ホワイトホット 2ボールブレード

ボール:SRIXON Z-STAR XV

テーラーメイドM3・M4は本当に曲がらない?

プロツアーで驚異的な勝率を誇っているテーラーメイドの新しいMシリーズ。

注目を集めているのがM3とM4ともに採用されているTWIST FACE。ミスヒットで当たりやすいトゥ寄り高め、ヒール寄り低めのショット時に大きく曲がりやすいのですが、フェースの向きをねじることで曲がりを抑える効果があります。

前にこのサイトでご紹介しましたが、私自身が試打をしてあまりに曲がらないので驚きました。実は昨日ラウンドしたのですが、同じくテーラーメイドのグローレF2ドライバーでラウンドしてきましたが、トゥ寄り高めのヒットで2回もOBを出してしまいました。これがM3かM4を使っていたとしたら、恐らくOBにはなっていなかったでしょう。今、M3とM4を真剣に買おうかと考えています。

発売されて1ヶ月が経過しましたので、プロだけでなく多くのアマチュアプレーヤーもM3・M4を手に入れて練習なりラウンドなりされているようです。ゴルフダイジェストオンラインには、非常にたくさんの口コミが集まってきています。
それらの口コミを見ていると、やはりTWIST FACEの曲がりにくさを挙げている方が多いですね。曲がらないので、思い切って振りぬくことが出来るので、飛距離も出ているとのこと。ドライバーで曲がることを心配せずに思い切って振っていけるっていうのは、本当に楽しいでしょうね。

今回のM3とM4は、どちらもアベレージゴルファーでも使用できる比較的やさしいドライバーとなっています。ですのでどちらのドライバーを選ぶかと言う際には、調整機能が必要か否かで決めてもいいのかなと思います。

⇒M3ドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら

⇒M4ドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら

イボミ選手がビジール535ドライバーを開幕から使うようですね

2018年女子ツアーが開幕しました。人気選手のイボミ選手が、契約しているホンマのNEWモデル「BeZeal535」ドライバーを使用するようですね。

これまでは他のホンマ契約選手らが使用しているツアーワールドシリーズを使っていました。ビジール535シリーズの広告塔となってはいましたが、アベレージゴルファー向けの同ドライバーを試合で使うことはないのかなと思っていました。それが開幕戦から使うというのは少々驚きです。

[スーパーセール]本間ゴルフ Be ZEAL 535 ドライバー VIZARD for Be ZEAL シャフト

きれいな顔で食いつくような打感があるのはさすがホンマのクラブだなという印象。
重心が低くなっており、打ち出し角が高く低スピンで伸びのある球が打てるのが特徴です。
芯でとらえるとしっかりとした手ごたえで速い初速で飛び出してくれます。スイートエリアが非常に広く、フェースのどこで打っても、大きな飛距離がでてくれますので、とてもやさしいドライバーです。

重心深度が深くなっていることと、ヒール寄りに配置されたウエイトに寄って重心アングルが大きく、つかまりやすくもなっています。アベレージゴルファーがやさしく飛ばすことが出来るドライバーです。

ミズノGXドライバー発売日判明 シャフトやスイートエリア

ミズノから最新ドライバーの発売情報が入ってきました。「GXドライバー」やさしく最高の飛距離と方向性を出すことが出来るドライバーです。ドライバーの他、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッジのフルラインナップです。
発売日は3月16日となっています。

ミズノGXドライバーの詳細はこちら

このGXドライバーの特徴の一つに「軽くて硬いシャフト」があります。養老で開発・生産される「MFUSION」。最近、プロの間でも軽くて硬いシャフトを使用する選手が多くなってきています。しかし、アマチュアの多くが体力の割に、重いシャフトを使っている傾向があります。そこでミズノが開発したのが、軽くて硬いシャフト。ヘッドスピードをしっかり出すことができ、挙動が安定してくれます。
実際に打ってみると、フレックスSでも50gを切る重量なのでヘッドスピードが上がってくれるのですが、芯があって暴れません。

そして、ヘッド。一般的なドライバーに使用されている6-4チタンよりも10%も強度が高い「ストロングフォージドエリートチタン」を採用。この素材を採用できたことで、強度を保ちながらより薄いフェースが完成しました。そして、反発力の高いエリアを広げるために、フェースの裏側で中央部分を厚く、周辺部分を薄くして、ボールが当たる部分のたわみ効果を増大させました。
これによって実際に打ってみると、大きくスイートエリアを外したと思っても、弾道やスピン量がそれほど狂いません。フェースのどこに当たってもスピン量が極端に増えたり減ったりしないようです。

構えた感じは、ほぼストレートに向いていますのでとても構えやすいです。ヘッド重量は重めなのですが、シャフトの先端の剛性が高いので振りにくさは感じません。結構楽に振り切ることが出来ます。

低い重心からの高い打ち出し角と低スピン。力強い弾道で飛ぶドライバーです。


スポンサードリンク


M4ドライバー つかまりは?曲がらないのは本当?

テーラーメイドのM4ドライバー。使用プロの活躍もあり、非常に好調な売れ行きのようです。
今回登場したM3、M4ドライバーで注目の的になっているのが「TWIST FACE」。
すでに使用した方々から「曲がらない」と絶賛されていますが、本当に曲がらないのか?そしてつかまり具合はどうなのか、テストしてきました。

テストしたのは、M3、M4、そして比較としてROGUE STAR ドライバーです。

準備運動もせずにいきなりドライバーを振り回したので、スイングはかなり荒れていたと思います。最初にROGUE STARを打ってみたのですが、かなりフックが強めに出るような感じでした。恐らくつかまりが非常に良いドライバーというのも関係していたと思います。
そして、M4を打ったのですが、これが本当に曲がりません。打点やスイング軌道などの詳細データがないので、TWIST FACEがどこまで効果的だったのかは定かではありませんが、とにかく曲がりませんでした。これはM3も同じです。
一発の飛びという部分では、ROGUE STAR ドライバーの方が飛びます。平均しても10ヤードくらいROGUEの方が飛んでいました。それでもこのストレート性能は本当に魅力的です。

そして、つかまり具合。自然とドロー系になる私のスイングですが、ストレートボールか少しドロー気味という球筋。スライサーの方やつかまりやすいクラブがお好みの方には、ちょっとつかまらないヘッドなのかなと感じました。USモデルですがつかまりやすいDタイプが発売されているのは、おそらくレギュラーのM4はつかまりを抑えたモデルということなのでしょう。Dタイプは、ヒール寄りにウエイトが設置されており重心距離が短くなっています。ヘッドの返りが良く、ギア効果でドロー回転がかかりやすいヘッドになっています。


M4 Dタイプ の詳細はこちら

「曲がらない」ということや、「ややつかまりにくい」という話は、私だけでなく有名評論家の方々も仰っていますね。また、実際に使用を開始しているユーザーの方々からの口コミでも同じような評価が結構多く出てきています。
⇒ M4ドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら