2019年飛距離が伸びたプロゴルファーが使うドライバー

2019年のプロゴルフツアーが終了しました。
今平周吾選手が賞金王に輝きましたが、石川遼選手も活躍するなど面白いシーズンだったのではないでしょうか。

2019年男子ツアーはドライバー平均飛距離アップ

そんな男子ツアーですが、実は選手たちの平均飛距離が4.6ヤードも伸びていたんだそうです。ほぼ全選手のシーズン全体での数値でこれだけ伸びているのは珍しいことです。

2018年シーズンで平均300ヤードを越えたのが3人だけだったのですが、2019年シーズンは13人もいました。
平均290ヤード以上を記録した選手も増えています。2018年シーズンは19人しかいなかったのに対し、2019年シーズンは38人と倍増していたのです。

これだけ平均飛距離がアップしたのは、飛距離の出る外国人選手が増えたということもあるのですが、各ドライバーの飛距離性能が伸びていることも要因の一つになっています。

飛距離アップした選手が使うドライバーは?

ここで注目したいのが、平均8ヤードを超す大幅な飛距離アップをはたした選手たちが使っていたドライバーです。
非常に注目すべき結果が出ていました。
どの選手が何ヤード飛距離を伸ばしていて、どのドライバーを使っていたのかをまとめています。

W・J・リー:+12.01y(タイトリスト917D2)
石川遼:+11.57y(キャロウェイEPIC FLASH SubZero◆◆◆
D・ブランスドン:+11.32y(タイトリストTS2)
A・クウェイル:+9.77y(キャロウェイEPIC FLASH SubZero
A・キュー:+9.77y(キャロウェイEPIC FLASH SubZero
中里光之介:+9.67y(キャロウェイEPIC FLASH SubZero◆◆
永野竜太郎:+9.56y(PING G410 LST)
片山晋呉:+9.45y(キャロウェイEPIC FLASH SubZero
S・ノリス:+9.17y(キャロウェイEPIC FLASH SubZero
岩田寛:+9.03y(キャロウェイEPIC FLASH SubZero
M・グリフィン:+8.49y(テーラーメイドM6)
この一覧を見ていただくと、一目瞭然ですよね。キャロウェイのEPIC FLASH SubZeroを使用している選手が圧倒的に多いですよね。しかも、他のメーカーの契約選手がEPIC FLASH SubZeroで飛距離を伸ばしているのも注目ですね。

Callaway(キャロウェイ) ドライバー EPIC FLASH Sub Zero 10.5度 SR 0 2019年モデル メンズ 右用

テーラーメイドの2020年新ドライバー

例年1月に入るとすぐに発表されるテーラーメイドの新モデル。2020年は、どういったクラブが出てくるのでしょうか。M5ドライバー、M6ドライバーと、プロツアーの世界でも、我々一般アマチュアの世界でも、非常に高い評価を受けました。これ以上のクラブを作るとなると、また大変なことでしょうね。

同じ時期にキャロウェイも新しいモデルが発表されることが予想されていますが、キャロウェイのNEWモデルはすでに適合クラブリストに掲載されました。ということは、そろそろツアーの現場にお目見えする頃ですね。

キャロウェイ2020年新モデルはこちら


M6ドライバー ツアー支給品


M5ドライバー ツアー支給品

初速が速くて飛ぶドライバー

ドライバーの飛距離が決まる要素として、ボール初速というのは大きなポイントになります。
近年のドライバーは、ギリギリまで反発性能を高めてボール初速を上げることに着目したモデルが多くなっています。

では、本当にボール初速が速いドライバーはどれでしょうか。ドライバーの難易度別にご紹介したいと思います。

プロも使用するツアーモデルで初速が速いドライバー

プロも使用するヘッドスピードが速いプレーヤー向けのドライバーで、ボール初速が圧倒的に速かったのが、PING G410LSTドライバーキャロウェイ EPIC FLASH SubZero トリプルダイヤモンドの2本。

第一位:PING G410LST ドライバー


9度のヘッドでヘッドスピード46m/sでボール初速70m/sトータル飛距離280ヤード
やはり今、最も旬なドライバーと言えるPINGのGシリーズ。日本では女子プロの活躍が目立ちますが、世界のツアーでは男子もガンガンこのドライバーで飛ばしています。圧倒的に初速が速くて飛びます。私のヘッドスピードは46m/sくらいが限界ですが、そのスピードで初速70m/s付近まで行くのはこのドライバーが初めてです。打っている時から、自分がイメージしているよりもかなり先にボールが飛んで行っている印象があります。ヘッドスピードがある程度出すことが出来て、ボールを捕まえる技術を持っている方には、絶対に使っていただきたいドライバーです。

キャロウェイ EPIC FLASH SubZeroトリプルダイヤモンド

石川遼選手使用モデル
10.5度のヘッドで、ヘッドスピード46m/sで69m/sの初速が出ていました。飛距離にして270ヤード。これくらいのヘッドスピードで270ヤードの飛距離というのは、数年前のモデルでは考えられないです。本当に飛ぶヘッドです。ただ、手に入りません・・・。

タイトリストTS4

プロからの要望で作られた妥協なしのドライバー
TS4も凄いです。タイトリストの「4」という数字が付くモデルは、プロからの要望を受けて作られるヘッド。妥協なしにプロレベルのスピードと技術を持つプレーヤーが最も飛ばすことが出来るヘッドとなっています。ヘッドスピード45m/sで初速67m/sでトータル飛距離270ヤード出ていました。

タイトリストTS4ドライバーの詳細はこちら

アベレージゴルファー向けのモデルで初速が速いドライバー

タイトリストTS1ドライバー


9度のヘッドで、ヘッドスピード45m/sで初速67m/sが出ていました。
飛ばないと言われていたタイトリストが本気で飛距離を出してきたTSシリーズ。TS2などもやさしくて飛距離が出ますが、最もやさしく飛ばすことが出来るTS1でも非常に高い飛距離性能を持っています。

ヤマハRMX220ドライバー


9.5度のヘッドで、ヘッドスピード45m/sで初速66m/sが出ていました。これまでのヤマハのイメージをぶっ壊してでも、とにかく世界のドライバーに対抗できる飛ぶドライバーを作ろうということで登場したRMX120と220ドライバー。この220ドライバーは、非常に大きな慣性モーメントでやさしくぶっ飛ばすドライバーになりました。前作のRMX218ドライバーとは全くの別物です。

JGRドライバー


ヘッドスピード43m/sでボール初速65m/s。トータル飛距離が255ヤード。

高反発ドライバー

番外編ですが、ルール非適合の高反発ドライバーならどれくらいの初速が出るでしょうか。

PRGR SUPER egg ドライバー


ヘッドスピード39m/sでボール初速60m/s。トータル飛距離が235ヤード。
ヘッドスピード45m/sでボール初速68m/s。トータル飛距離が260ヤード。
やっぱり初速速いですし、飛びますね。

キャロウェイ MAVRIKドライバー 発売日は?評価は?

キャロウェイの2020年モデルドライバー「MAVRIK」とは一体どのようなドライバーなのでしょうか?

例年新年早々新しいモデルを発表するキャロウェイ。年末には適合クラブリストにそのモデルが登場するのが流れとなっています。

2019年12月に入り、USGAの適合クラブリストに掲載されたキャロウェイの新しいモデル「MAVRIK」↓↓

SubZeroもあります↓↓

まだ、全く持って情報が出てきていません。キャロウェイの本国アメリカでも何もアナウンスされていません。
情報があり次第、こちらでもお知らせいたします。

MAVRIKドライバー 発売日は?

MAVRIkの発売日は、まだ発表されてません。例年1月に詳細が発表されます。

ヤマハ RMX120 ドライバー 徹底試打 その評価は?

RMX120ドライバーをご紹介したいと思います。

実は、前作のRMX118ドライバーは、構えた感じや打感、コントロール性能は非常に良かった。ですが、PINGやキャロウェイと言った外国ブランド勢と比較して、初速が出ない、スピン量が多いというドライバーでした。

これまでヤマハは、日本製のドライバーらしく、日本人が使いやすいドライバーを追及して、打感やコントロールのしやすさを重視するクラブ作りをしてきました。

しかし、契約プロからアイアンでは同じ番手なのに、ドライバーでは20ヤード置いていかれるので勝負にならないという声が出ていました。

そこで、ヤマハが大きくドライバーのコンセプトを変えてきました。
大きな慣性モーメントで高弾道、低スピンで飛ばす。まさに今の外ブラの流れをくむようなヘッド。ヘッドのコントロール重視から、ビッグ慣性モーメントで飛距離重視へと舵を切りました。

その結果、見事に大きくドライバーの性能を一新し、素晴らしいドライバーが完成しました。

RMX120ドライバー 評価

構えた感じは?

構えた感じは、丸い大きな顔でやさしさを感じます。

つかまりは?

このドライバーは、非常に大きな慣性モーメントになっています。直進性が強くミスヒットに強くなるのですが、慣性モーメントが大きなドライバーは、右へすっぽ抜けるような怖さもあります。
ですが、アップライトになっており球はつかまりやすいです。クラブが自然と球を捕まえてくれる印象です。
かといって、つかまり過ぎて左へ曲がってしまうようなことありません。

シャフトはどう?

純正シャフトは、オーソドックスではありますが、動きやすいシャフトでヘッドスピードが40m/sから45m/sくらいまでフレックスSで対応できそうな印象です。
スピン量は非常に少ないので、高い打ち出し角からのビッグキャリーを打って行きたいドライバーです。そういったところから、ロフト角やシャフトを選択されると良いのかなと思います。

RMX120ドライバー スペック

クラブの長さ:45.5インチ
クラブ重量:296.5g
ヘッド重量:197g
ヘッド体積:455cc
ライ角:61度
フェース角:オープン1.0度
重心距離:43.6mm
重心深度:43.5mm
フェースの高さ:58.7mm
スイートスポットの高さ:37.1mm
ヘッド左右慣性モーメント:5339gcm2
ネック軸回り慣性モーメント:8791gcm2

とにかく、慣性モーメントが非常に大きい。これによりインパクトでの多少のミスがミスにならずに直線的に飛ばすことが可能になります。

RMX120ドライバー 口コミ・レビュー

すでに購入して使用している方々の口コミ・レビューが多数寄せられています。これから購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

RMX120ドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら


RMX120ドライバー 中古

すでに中古市場にも多くの在庫が並んでいます。中古ショップ最大手のゴルフパートナーさんでは、全国の在庫をインターネット上で見ることが出来ますし、自宅にいながらに注文することも出来ます。

RMXのフェアウェイウッドが凄い

ヤマハのフェアウェイウッドは、いつも素晴らしいものを作ってくれており、プロやアマチュアの中でもファンが多いことで知られています。
そして、今回ドライバーを徹底的に変えてきましたが、そのテクノロジーがフェアウェイウッドにも生きており、フェアウェイウッドが更に進化して凄く良くなりました。

反発性能が飛躍的にアップして、また慣性モーメントも前作より20パーセント以上良くなっています。

ヤマハ RMX フェアウェイウッドの詳細はこちら

RMX120アイアンも飛ぶ!

これまでRMXアイアンの1シリーズと言えば、軟鉄鍛造のハーフキャビティ。打感や操作性に優れたモデルが続いていました。
今回のRMX120アイアンは、打感よりも性能面を重視したようです。より高く飛距離が出るけれども、スピン量は犠牲にしない。藤田寛之プロをはじめとして、契約プロの意見が大きく反映されたモデルとなりました。

高弾道で飛距離アップのために、これまでこだわり続けていた素材を変えました。クロムモリブデン鋼を採用しポケットキャビティ構造に。これによりフェースの反発性能を大きく向上させ、初速アップと高弾道を実現しました。
ロフト角は7番で31度となっており、ツアーモデルとしてはストロング傾向にあります。

RMX120アイアンの詳細はこちら

ゼクシオ11ドライバーをふるさと納税の返礼品でゲット!

12月7日に発売のゼクシオ最新ドライバー「ゼクシオ11ドライバー」がふるさと納税の返礼品として提供されることになりました。

ふるさと納税の返礼品として用意してくれているのは、宮崎県都城市。都城市にはダンロップの宮崎工場があります。実は、ダンロップのシャフトは、この宮崎工場で作られているのです。あの「Miyazaki」シャフトが誕生したのがこの工場です。

実質負担、たったの2000円でゼクシオ11ドライバーを手に入れることができます。
※収入額等により異なります。
ふるさと納税の仕組み

是非お得にゼクシオ11ドライバーを手に入れてください。

都城市は、ふるさと納税ポータルサイト「楽天ふるさと納税」を利用しています。
【楽天ふるさと納税】ゼクシオ11ドライバー【宮崎県都城市】

JGRドライバー2019 ヘッドデータから見る性能評価

ブリヂストンの2019年モデルJGRドライバー。

やさしく球がつかまって、上がりやすく、適正スピンで、ビッグキャリーが実現できる。非常に評価が高くなっています。

すでにこのサイトでも口コミやレビューをご紹介しておりますが、今回はヘッドの詳細なデータからどんなドライバーなのかをご説明させていただきたいと思います。

クラブの長さ:45.5インチ
クラブの長さは、今どきクラブとしては一般的な部類に入るでしょう。

クラブの重さ:295.9g
純正シャフトでの重さですので、標準的です。

スイングウエイト:D2

ヘッドの重さ:190g
軽め

ライ角:61度
アップライト

フェース角:1.0度フック
ライ角をアップライトにして、フェース角も少しフックにしていることで、つかまりを良くしています。
ただ、決して構えにくさを感じるわけではありません。前のモデルと比較すると随分と構えやすくなっているように思います。

重心距離:39.7mm
少し長めとなっています。飛距離性能と高めると同時に、ヘッドの操作性も残しています。

重心深度:38.4mm
やや深め

フェースの高さ:55.9mm
スイートスポットの高さ:35.5mm
低重心率:63.5%

ヘッド左右慣性モーメント:4112gcm2
ヘッド上下慣性モーメント:2459gcm2
ネック軸回り慣性モーメント:6756gcm2
慣性モーメントに関しては、やや小さめとなっています。この辺りはブリヂストンのこだわりでしょうか。
ヘッドがスムーズにターンしてくれるので、球を捕まえやすくなっています。今どきの大慣性モーメントドライバーが苦手な方は、非常に使いやすいヘッドなのかなと思います。

ヘッドの詳細データから見る総評

PINGのドライバーを中心にビッグ慣性モーメントのドライバーが増えてきており、日本のメーカーもそれに追随する動きが出てきましたが、JGRは違います。慣性モーメントは標準的でヘッドが返ってきやすい形状になっています。
欧米人と比べて体力が劣る一般的な日本人の場合には、JGRのようなドライバーの方がやさしく飛ばすことが出来るというのが多くのゴルフ評論家の意見でもあります。事実、新しいJGRドライバーの口コミや評価を見ていると非常に高い評価となっており、飛距離も十分に出ています。

JGRドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら

コブラ KING SPEEDZONE 発売日は?どんなドライバー?


コブラから2020年新ドライバーが発表されました。

KING SPEEDZONE ドライバー

「SpeedZoneにステップインします。シャシーから外部までのすべてのコンポーネントは、パワー出力を最大化するように再設計されているため、ゴルファーは最高速度でドライブする気分になれます」(同社広報)

発表されたクラブは、
ドライバー2機種(SPEEDZONE、SPEEDZONE EXTREME)
ヘッドは2機種ですが、シャフトの長さが短いツアーレングスも用意されています。
フェアウェイウッド3機種(SPEEDZONE、SPEEDZONE TOUR、SPEEDZONE TOUR BIG)
ユーティリティ2機種(SPEEDZONE、同ワンレングス)
アイアン2機種(SPEEDZONE、同ワンレングス)

レディースもドライバー、FW、UT、アイアンが用意されています。

SPEEDZONE ドライバー はどんなドライバー??

「制限なしの最高速度を味わえる」
これが『SPEEDZONE』シリーズのキャッチコピー。

コブラのドライバーと言えば、CNCミルドフェース。さらにその領域を広げており「CNC Milled Infinity Faceは、手研磨フェースのドライバーの最大5倍の精度を誇り、最大のボール初速を出せるゾーンを拡張してます」とし、圧倒的なボール初速を実現しています。

SPEEDZONEドライバーをテストしたリッキー・ファウラーのコメントが紹介されています。
「CNC MILLED INFINITY FACEの外観について、COBRAのR&Dチームと密接に協力しました。アドレス時のルックスが大好きで、このクラブのボールスピードの向上は信じられないほどです」


前作『F9 SPEEDBACK』よりも大幅変更となったのは、上の動画の中でも登場していますが「T-BAR SPEED FRAME」と呼ばれるヘッド構造。クラウン部分が超軽量カーボンなのは同じなのですが、ボールスピードを失わないようチタン製のT字型バーがクラウン真ん中を支えています。
「360 WRAP CROWN」のいう名のT字型バーの両側2箇所の大きな開口部を、ソールの底までつなげた湾曲したカーボンで埋める構造を採用。バーの採用でクラウンの負けを防げる上、両側の開口部はかなり下部までカーボンで覆うことで、低重心化にも成功しています。

軽量化され、生み出された余剰重量は、慣性モーメントを高め安定性を図るためにトゥ・ヒール・バック内部に再配分しています。

『SPEEDZONE EXTREME ドライバー』はヘッドが後方に長く、より深重心で寛容性を極めたモデルとして用意。

『SPEEDZONE ドライバー』は前後のウエイトが着脱可能となっており、より低スピン弾道が特徴となっている。

カラーは2色

カラーは2色となっています。性能の違いをカラーで分けているわけではありませんので、ここは好みで選んでいただければ大丈夫です。



SPEEDZONE ドライバー 発売日

発売については、コブラのアメリカのホームページにて2020年1月3日から予約受付をスタートする旨が書かれていました。
このサイトでもいつもご紹介しているカリフォルニアにある日本人御用達のフェアウェイゴルフUSAさんでは、販売ページがオープンしていました。

Cobra SPEEDZONE 販売ページはこちら

日本での発売については、まだ何も発表されていません。

ミズノ ST200 ドライバー アメリカ限定?日本での発売は?

ミズノの2020年新作ドライバーがツアーの現場でお目見えしました。

すでにUSGAの適合クラブリストに掲載されていますので、契約選手たちが実戦でのテストも可能になりました。

適合クラブリストに掲載されているのは「ST200」「ST200X」「ST200G」という3タイプです。

「ST200」

「ST200X」

「ST200G」

STドライバーって何??

ミズノのドライバーと言えば、「Mizono Pro」や「MP」ですよね。
Mizono Pro ドライバーは、時松隆光選手、手嶋多一選手や武藤俊憲選手、原英莉花選手、川岸史果選手らが使用しています。

STシリーズというのは、MIZUNO USA のブランドとして発売されているモデル。重心位置を大きく動かせるモデルとなっています。現行モデルのST190は、PGAツアーで勝利しており非常に評価の高いドライバーです。

STドライバーが日本でテスト

このアメリカでラインナップされているSTドライバーですが、日本で開催されたZOZOチャンピオンシップの会場でテストが行われていました。
練習日に『ST190』をエースドライバーとして使用するキース・ミッチェル、アダム・シェンクらが『ST200』をテスト。トラックマンで初速やスピン量をテストする模様が確認されています。「テーラーメイドやPINGよりもぶっちぎりで飛ぶね!」と口々に語り、アダム・シェンクはエースドライバーの『G410』より10ヤード近い飛距離アップを記録していたようです。

また、三井住友VISA太平洋マスターズが開催されている太平洋クラブ御殿場コースの練習場では、ミズノ契約の武藤俊憲が練習日に新しいプロトタイプを手に豪快なショットを繰り出していました。「エース(ミズノプロMODEL-S)も初速が出るけど、コレはもっと出るし打感が柔らかい」と語っていました。

ST200ドライバー 発売日は?

まだ発売日が発表される段階ではないようですが、2020年の春くらいになるのではないでしょうか。
新たな情報が入り次第、すぐにお知らせさせていただきます。

新しいゼクシオ 発売日は?どんなドライバー?

新しいゼクシオが発表されました。今回の新しいゼクシオは11代目となります。

11代目のゼクシオをして発売されるドライバーは、「ゼクシオ11」と「ゼクシオX(エックス)」という2タイプがラインナップされています。

前回のゼクシオ10も「ゼクシオX」と書いて「ゼクシオテン」でしたので、表記としては同じとなっています。ややこしいですね。

新しいゼクシオ 発売日

新しいゼクシオの発売日は、12月7日となっています。

国民的ドライバーのゼクシオの売れ行きというのは、本当に群を抜いて多いということ。日本メーカーのダンロップ社製という信頼もありますし、これまでの実績もあり試打なしで指名買いと言う方が本当に多いですね。

ゼクシオ11ドライバーは、これまでのゼクシオシリーズの流れを汲み、年齢層は60代や70代、ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーを対象としています。
ゼクシオX(エックス)ドライバーは、年齢層は40代や50代、ヘッドスピード42m/s以上のゴルファーを対象としています。

新しいゼクシオのお値段は?

気になる新しいゼクシオのお値段ですが、
ゼクシオ11ドライバー、ゼクシオXドライバー共に、純正シャフト装着モデルで、80,000円(税抜き)となっています。

各ショップでの販売価格ですが、やはり人気商品だけあって、値下げ競争も激化しています。

ゼクシオ11ドライバーの販売価格は??


ゼクシオX(エックス)ドライバー販売価格は?