テーラーメイドM1M2シリーズが大幅割引開始!

テーラーメイドのM3、M4シリーズの発売が判明したので
これまでのM1、M2シリーズの大幅割引販売が始まりました。

ゴルフダイジェストオンラインでも非常に安くなっています。


テーラーメイドM1M2シリーズのセールはこちら

ゴルフダイジェストオンラインでは、各モデルの口コミ・レビューがたくさん寄せられていますが、M2ドライバーの口コミ数は非常に多いですね。そして評価も本当に高いです。飛ぶし曲がらないというレビューが本当に多いです。

1~2か月後に新しいMシリーズが発売されますが、それを待つか、それとも半額以下になっている今、旧モデルを購入するか。これは完全に考え方の違いだと思います。それにしても、今購入するとお安いですね。中古で買うよりも安いですから。

フォーティーンDT112ドライバー 試打

長尺ドライバーと言えばフォーティーン。
長尺シャフトとのマッチングが非常に良いドライバーがドンドン開発されています。

今回のDT112ドライバー。
ネック軸回りMIが小さ目でヘッドを返しやすく、長尺でも振り遅れないようにしています。
そして、やはり長い分、ヘッドスピードが上がります。ゆっくりと大きく振って行けば、飛距離が出てくれます。
また重心が深くなっており球も上がりやすい。

一発の飛びが非常に大きく、
またこの長さに慣れればミート率が上がって
平均飛距離もかなり伸びてくれそうなドライバーです。

フォーティーンDT112ドライバーの詳細はこちら

たわむ方とたわまない方のどちらが飛ぶのか?

2017年最も話題となったドライバーと言えば、キャロウェイのEPICでしょう。

Callaway(キャロウェイ) ドライバー GREAT BIG BERTHA EPIC STAR ドライバー Speeder EVOLUTION for GBB メンズ 42281564A537 右利き用 ロフト角:10.5度 番手:W1 フレックス:SR
EPICが登場するまでは、ヘッドがインパクトでたわむことでボールを飛ばすのが主流となっていました。
それがEPICでは、内部でクラウンとソールを2本の棒でつないでたわみを抑えることで、ボールにより大きなパワーを伝えるとしました。

ただ、EPICが登場して以降も、他のメーカーは、たわませるドライバーを続々と発表しています。

果たして、たわませる方がいいのかたわませない方がいいのか。この結論は、2018年に出るのでしょうか・・・?
早速2018年1月早々にキャロウェイが新しいドライバーを発表します。

慣性モーメントが最も高いドライバー

今、慣性モーメントが最も高く、
曲がらないドライバーとして知られるのがPING G400 ドライバー。

PING G400 ドライバーの詳細はこちら

男女の賞金王、宮里優作選手と鈴木愛選手が使用するドライバーです。
(二人ともG400 LSTを使用)

慣性モーメントが非常に高く、
インパクトで当たり負けしません。
そのため球が曲がりにくく平均飛距離が伸びてくれます。

慣性モーメントはPING史上最高なのに、
ヘッドの大きさは445CCと小さくなっていて
扱いやすくなりました。

一発の飛びではもっと飛ぶドライバーは他にありますが、
直進安定性はこのG400が一番でしょう。

⇒PING G400 使用者の口コミ・評価はこちら

ヨネックス EZONE GT ドライバー 試打評価

ヨネックスからEZONE GT ドライバーが発売開始となりました。

12月1日頃新発売予定 YONEX ヨネックス EZONE GT Driverイーゾーン GT ドライバー REXIS for EZONE GT カーボンシャフト

このドライバーの特徴は、クラウン部分を強度化することに成功し、約20%軽量化することに成功しました。クラウン部分の軽量化は重心を低くすることにつながります。そして重心が低くなると低スピンで飛距離性能がアップします。
実際に打ってみると、打ち出し角が高いです。高い打ち出し角からの低スピンというのが、今最も飛距離が出るとされている弾道ですね。

そして、もう一つ特徴的なものがフェース面です。フェースに、縦に研磨が入っています。

縦に研磨が入ることで、球のよじれを少なくして直進性を高くしています。テストでは、フェースが開いたときのインパクトで大きな差を生み出していることが分かります。

この辺りは、ジョンデイリーが使用しているドライバーを参考にしたのでしょうか。
縦に溝が入っていますが、それと同じ発想でしょうね。


バーチカルグルーヴドライバーの詳細はこちら

今年からヨネックスと用具契約を結んだ森田遥選手がこのドライバーを使用する予定となっています。

キャロウェイEPICフォージドドライバー

今年、最も話題になったドライバーと言えば、
キャロウェイGBB EPIC ドライバーでしょう。

間違いなく飛ぶドライバーです。

ただ、どうしても打感や打音が合わないということで
敬遠するプレーヤーがいるもの事実です。

そんな方のために登場したのが
EPIC フォージドドライバー。

キャロウェイ GBB EPIC FORGED スピーダーエボリューション for GBB ドライバー(数量限定モデル)

フォージドチタンフェースを採用。
軽くて薄く高強度なフェースにすることで更なる高初速を実現。
そして打感・打音が改善されました。

実際に使用している方々の口コミ・評価も非常に良いです。
飛距離性能についても打感や打音についてもとても良い評価を出しておられます。
⇒ EPICフォージドドライバー 使用者の口コミ・評価はこちら

2017年発売されたドライバーで一番飛ぶのは?

2017年に発売されたドライバーで一番飛ぶのはどれか?

自分で打ってみた評価やゴルフ仲間の評価、ゴルフ雑誌でのドライビングコンテストなどの結果など総合的に見て、私なりに結果を出してみました。

12月22日に発売されるタイトリストVG3については、完全にゴルフ雑誌に掲載されている情報だけで判断します。

今年一番飛ぶドライバーはこれ↓↓

プロギア PRGR RS-F 2017 ドライバー RSカーボンシャフト

前作は飛びすぎて違反クラブとなってしまいましたが
今回はルールの範囲内におさえて、それでも飛びます。
決してやさしいドライバーではありませんが、
叩いても左に行かず力強い弾道で飛ばすことが出来ます。

次に来るのは、やっぱりこれ↓↓

キャロウェイ GBB EPIC STAR ドライバーの詳細はこちら

EPIC ドライバー RED 限定モデル

今年最も話題を集めたドライバーと言えば、このキャロウェイEPICでしょう。

アメリカではこんな限定ドライバーも出ています。


キャロウェイEPIC 限定ドライバーの詳細はこちら

クラウン部分のシックな赤になっていて、
とても格好いいです。
日本ではないモデルですので、他のゴルファーの視線が集まること間違いないですね。

アメリカモデルになりますので、
ライ角・ロフト角のが調整できるカチャカチャ機能が付いています。

稲森佑貴 使用ドライバー 2017-2018

稲森佑貴選手が日本シリーズJTカップに出場していますが、
初日1アンダーの8位タイとまずまずのスタートを切りました。

このJTカップで、稲森選手が手にしているドライバーは、ゼクシオ10.
この最終戦で使ってきました。
「ミートしたら強い球が出る」ということで、
来期も見据えてこの最終戦に持ってきました。

ゼクシオ9も女子やシニアのみならず男子プロも多く使用されましたが、
このゼクシオ10も同じように男子プロも使えるドライバーです。

ゼクシオ10ドライバーの詳細はこちら

時松隆光 使用ドライバー 2017

時松隆光選手が2017年の後半戦、非常に好調を維持しています。

前半戦は不調が続いており、特に夏場は予選落ちが続くなど絶不調。
特にドライバーが不調でした。
そんなときに手嶋多一選手からミズノのMPタイプ2を勧められました。
それ以降ドライバーが復調してブリヂストンオープンの優勝や上位でのフィニッシュが多くなってきました。

時松選手曰く「右に滑ることなく飛んで、めちゃくちゃよかった」そうです。

【2017年モデル】ミズノ MIZUNOMPタイプ2ドライバーツアーAD J-D1カーボンシャフト【TOUR AD J-D1】