楽にドライバーが打ちたい方におすすめ

とにかく楽にドライバーを打ちたい、
非力だけと力まずにドライバーを打ちたい、
朝一からサラッとナイスショットを打ちたい、
そんな方々におすすめのドライバーをご紹介します。

皆さんすでにチェック済みだと思いますが、ヤマハインプレスUD+2ドライバーの2019年モデルです。

アイアンのUD+2が2番手3番手上の飛びを実現したことで大人気となり、前のモデルからドライバーも登場しました。

このドライバーは、とにかく楽。準備運動もそこそこに、楽にスーッとドライバーを振っただけで、カキーンと良い音を奏でながら真っ直ぐに飛んで行ってしまいました。
試打マジックなのかなと思いましたが、とにかく楽で真っ直ぐ、高弾道で飛んで行ってくれます。スライスは出ないですね。

楽にドライバーを打ちたい方に是非試していただきたいです。

ヤマハ インプレスUD+2ドライバーの詳細はこちら

Mグローレ 打感は?鍛造TWIST FACE

Mグローレが10月に発売されますが、テーラーメイドからどんなドライバーなのか詳細が発表されています。

今回のグローレの最大のポイントは、TWIST FACEでしょう。M3やM4でプロやアマから絶賛されているTWIST FACE。私自身も本当に曲がらないということを実感しています。そのTWIST FACEがMグローレにも搭載されています。

では、そのTWIST FACEが搭載されたMグローレの打感はどうなのでしょうか?これまでのグローレが、日本人向けに開発されているモデルということで、日本人がこだわる打感・打音の良さを追求していたので、Mグローレはどうなのかを調べてみました。

このMグローレに搭載されているTWIST FACEは、M3やM4のものとは異なり、鍛造製法になっています。これにより、日本人好みの食いつくようなそれでいてしっかり弾いて飛んでいるように感じる打感・打音を実現しました。

これまでのグローレの心地よい打感打音をMグローレもしっかりと引き継いでくれているということです。

テーラーメイドMグローレの詳細はこちら

Mグローレが登場!グローレF使いとしては気になる!

Mグローレなるものがプロツアーの現場でテストされているようです。

フェースは、なんと「TWIST FACE」!!

クラウン部分をみると、グローレというよりもMシリーズ。
でもソールをみると、やっぱりグローレ。

現在グローレF2を使っている私としては、注目の一本です。

ローグスター 軽量スピードスターバージョンが発売

キャロウェイの人気ドライバーであるROGUE STARに、軽量モデル「SPEED STARバージョン」が追加されました。

●キャロウェイゴルフROGUE STAR DRIVER SPEED STAR verローグ スター ドライバースピードスター バージョン[日本仕様]FUBUKI SPEED STAR ver. シャフト

これまで最軽量だった約45g(R)よりもさらに軽い約42g(R)のFUBUKI for CW SPEED STAR シャフトと、約10g軽量な約30gのグリップを装着したものが「SPEED STARバージョン」だということです。

ヘッドは、これまでと同じ。

シャフト調子を中元調子にすることで、振り遅れを抑制しボールをつかまえやすくしています。また、軽量設計により、ヘッドスピードが低めのゴルファーの方でも、ROGUEの驚異的な性能をフルに引き出せるようになりました。

前の45グラムというのも非常に軽量でしたが、更に軽いモデルも登場ということで、シニアでもまだまだ飛ばしたいプレーヤーや競技志向の女性ゴルファーにもいいのではないでしょうか。

森田遥 使用クラブ ヨネックス 2018

森田遥選手が2018年からヨネックスのクラブを使用する契約を結びました。
昨年ツアー初優勝を飾りルーキーオブザイヤーに輝いた森田選手。ルックスも良く私も好きなゴルファーの一人です。

これからテストして詰めていく段階ですが、
使用する予定のクラブをご紹介します。

ドライバー:ヨネックス EZONE GT ドライバー



クラウンを強化したことで20%も軽量化に成功。重心が低くなったことで、スピン量を減らしビッグドライブを実現しました。
またフェース面を縦に研磨。ボールの直進性が増してくれます。

3W:ヨネックス GT フェアウェイウッド

UT(19度22度25度):ヨネックス i-EZONE ユーティリティ

アイアン:ヨネックス N1-CBフォージド アイアン

ヨネックスを選んだ理由について森田選手は同社を通じて「日本国内に自社工場を持ち、高品質なモノ作りに信頼が置けることと、私の要望に対してスピーディーに的確に対応してくれるサポート体制にとても満足したからです。ヨネックスのクラブとシャフトで、世界で活躍する選手になりたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いいたします」と語っています。

<森田遥>
1996年7月19日生まれ。香川県出身。身長164cm。国籍 中国。
両親は共に中国出身で元卓球選手。
9歳からゴルフを始めました。
2012年「日本女子アマ」で準優勝。翌年2013年、同じく「日本女子アマ」で優勝を飾りました。
その後、アマチュアとしてプロツアーにも出場。2014年は「ヨコハマタイヤPRGRレディス」で3位、「サイバーエージェントレディス」2位。アマチュアでの優勝が近いのはないかと注目を集めました。
2015年は、アメリカの下部ツアーに挑戦。年間の賞金ランキング11位。惜しくも10位までに与えられるレギュラーツアーへの出場権を逃しました。
2016年の日本女子ツアーへの出場権をかけたQTで4位に入り、ツアーフル出場。「北海道meijiカップ」でツアー初優勝を飾るなど、賞金ランキング13位となりました。
プレーの外でも、かわいいルックスで人気のプロゴルファーとなっています。

芹澤信雄 クラブセッティング 2017-2018

芹澤信雄選手の2017年後半からのクラブセッティングをご紹介します。

芹澤選手は、タイトリストと契約しており
日本市場向けのVG3を使用しています。
そのVG3の2018年モデルが登場したことで、すでに試合でもクラブを変えています。

ドライバー:タイトリストVG3ドライバー 2018

ロフト 9.5度
シャフト スピーダー661エボリューションⅣ(SR)

3W:キャロウェイ スティールヘッドXR フェアウェイウッド

4W:キャロウェイX2HOT フェアウェイウッド


UT(19度21度):タイトリストVG3 ユーティリティ 2016

5I~PW:タイトリストVG3アイアン 2018

51度57度:タイトリスト ボーケイSM6


パター:スコッティキャメロン プロトタイプ

XXIO10ドライバー リアルロフト角

新しく登場するゼクシオ10ドライバー。

月刊のゴルフダイジェストに詳細なスペックが紹介されていました。

その中で今回ご紹介するのはリアルロフト角。
ドライバーを購入する際に決めるロフト角ですが、
我々アマチュアは何となく選ぶしかないですよね。
選ぶ基準として、せめてリアルロフトくらいは知っておいた方が
失敗がないかと思います。

10.5度ゼクシオ10ドライバーのリアルロフトは、12.0度。
1.5度寝ているとのこと。
この手のやさしいモデルのドライバーとしては
リアルロフトの方がある程度寝ているのが普通ですね。

球が上がりやすくて、大きなキャリーが期待できそうです。

【予約販売】 日本正規品 ダンロップ ゼクシオ テン ドライバー MP1000 カーボンシャフト ネイビー XXIO 10 XXIO X【DUNLOP】【2017年】【2018年】【ゼクシオ10】

ゼクシオ10 発売予定

ゼクシオ10シリーズが12月以降に発売開始となります。
発売日は、各モデルごとにことなりますので、それぞれご紹介します。

・レギュラーモデル・Miyazakiモデル(右利き用)
ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン
⇒12月9日発売予定

・レギュラーモデル レッド
ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン
⇒12月16日発売予定

・クラフトモデル
ドライバー
⇒12月23日発売予定

・レギュラーモデル(左利き用)
⇒1月27日発売予定

レディースモデル
ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアン
⇒12月16日

2016年に発売され売れ続ける高反発ドライバー

2016年に発売されたルール非適合の高反発ドライバーが
未だにドンドン売れています。

実は、私自身も購入して持っているドライバーなのですが、
未だにこれを超えるドライバーに巡り合っていません。
ルール非適合なのが非常に残念。
プライベートゴルフでは大活躍です。

私が購入したHAYABUSAドライバーの詳細記録

反発係数がルール非適合なので飛ぶのは当たり前。
さらに、HAYABUSAは曲がりません。
キレイな弾道で一直線に飛んでいくイメージ。

2016年に発売されて、
口コミでドンドン広まって行っているみたいで
今でも非常に売れているみたいです。
飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】



PING G400 ドライバー 評価 口コミ

2017年秋発売モデルが続々と登場しています。

まだこれから発表、発売されるモデルもありますが、
現時点で売れ行き、実際の使用者の評価が高いドライバーはこれです↓↓

【ピン公認フィッター対応 ポイント10倍】ピン G400 ドライバー G400 G400 SFTec G400 LSTec メーカー純正シャフトALTA J CB シャフト TOUR 173シャフト 【日本仕様】(左用・レフティーあり)

発売前からプロが結果を出しており、
良いドライバーなんだということが分かっていましたが、
我々アマチュアがどうなのかと言う面では未知数でした。

やはりプロの高評価があったので、
発売開始から順調に売れており、
そして多くの口コミが集まってきています。

プロが使用するモデルですが、
我々アマチュアでも使いやすいドライバーのようで
ヘッドスピードが40m/s前後の方からの評価も非常に高いです。
⇒PING G400 ドライバー 使用者の口コミ・評価はこちら