谷原秀人 クラブセッティング 2019

谷原秀人選手が2019年に使用するクラブセッティングをインスタグラムで紹介してくれました。

今年のクラブセッティング🏌️‍♂️ #honmagolf

Hideto Taniharaさん(@hidetotanihara)がシェアした投稿 –

ホンマと契約している谷原選手は、基本的にホンマのクラブで揃えています。

使用するドライバーは、ホンマTW747 460です。すでに世界ランキング1位のジャスティンローズが、このドライバーで優勝しており、谷原選手も後に続いてくれるとホンマとしては最高でしょうね。
シャフトはホンマのウェブサイトを見るとVIZARD FP-5(R)と書かれていました。50g台のRですか??これは本当でしょうか?アイアンはTW747Pというやさしいモデルですし、かなり面白いセッティングですね。

ホンマ ゴルフ TW747 460 ドライバー VIZARD for TW747シャフト 2019モデル

アイアンのTW747 Pは、ロフト角が7番で28.5度というストロングロフト。球が上がりやすく、ミスヒットに強い非常にやさしいモデルのアイアンです。

ホンマTW747Pアイアンの詳細はこちら

アイアン型のユーティリティが入っているのですが、これはまだ発売されていない最新モデルのTW-Uですね。
私もTW-Uは使っていますので、これが今発売されているモデルではないことはわかりました。

松山英樹が使うエピックフラッシュのモデルは?

松山英樹選手が2019年をEPIC FLASHドライバーでスタートしました。
ファーマーズインシュランスオープンでは、3位タイと久しぶりの優勝争いを演じました。ただ、それでもまだドライバーショットには課題があるようです。

そのEPIC FLASH ドライバーには3つのモデルがラインナップされています。

つかまりがよいEPIC FLASH STAR ドライバー。

石川遼選手ら多くの契約プロが使用するつかまりを抑えてより低スピンの強い球を打つことが出来るEPIC FLASH Sub Zero。

そして、レギュラーモデルで弾道調整機能が付いているEPIC FLASH ドライバー。

松山英樹選手が使用するのは、レギュラーモデルのEPIC FLASHです。日本では数量限定モデルとなっています。

EPIC FLASH ドライバーの詳細はこちら

ホンマTW747 460 ヘッドの詳細データ

ジャスティンローズも使用するホンマのNEWモデルTW747 460 ドライバーのヘッドデータをご紹介します。

ヘッドの重さ:192.2g(軽い)
重心距離:39.6mm(長い)
重心深度:37.4mm(普通)
フェースの高さ:58.1mm(ディープ)
スイートスポットの高さ:34.0mm(やや低い)
低重心率:58.5%(低重心)
ヘッド左右慣性モーメント:4363g㎠(標準)
ネック軸回り慣性モーメント:6841g㎠(やや小さい)

名前にある通り、ヘッドの体積は460ccとなっていますが、ネック軸回り慣性モーメントはそれほど大きくなく、操作性は保たれています。
非常に軽いカーボンクラウンの効果もあり低重心。高弾道・低スピンで飛ばすことが出来るドライバーとなっています。

ホンマTW747 460 ドライバーの詳細はこちら

タイガーウッズ ドライバー 2019

タイガーウッズが2019年使用するドライバーを変えてきました。

テーラーメイドと契約しているタイガーですが、2018年まではM3ドライバーを使用。2019年は、NEWモデルであるM5にチェンジしてきました。3WもM5です。

アイアンも「TW フェーズ1」から、「TW P7」というモデルに変わっていますが、中身はほとんど同じものだということです。

松山英樹 2019年初戦はEPIC FLASH ドライバー

松山英樹選手が、色んなドライバーをテストしていることは知られていますね。

2019年初戦となったソニーオープンinハワイでは、EPIC FLASH ドライバーを使用しました。

EPIC FLASH ドライバーの詳細はこちら

練習日には、テーラーメイドのNEWモデルであるM5ドライバーを使っているなど、まだエースドライバーが決まったわけではなさそうです。今後も松山選手のドライバー選びは続きそうです。

タイトリストTSドライバー 飛ぶ?

タイトリストのNEWモデルであるTSドライバー。
「TS」とはTitleist Speedということらしいです。

前のモデルの917の後継モデルとして発売されるというわけではなく、全く新しい試みのドライバーであるとタイトリストは言っているようです。

実際に打ってみた評価を見ていると、やはり初速がかなりアップしているようです。反発力が高い。それでいて、打感がかなり柔らかいという。

ヘッドサイズは、TS2、TS3ともに460cc。
TS2がシャローで、TS3がディープ。

すでにプロのトーナメントでも、選手たちが積極的に使っています。
TS3はジャスティン・トーマスがWGCブリヂストン招待で使って優勝。
アダム・スコットもTS3で全米プロの優勝争いに加わる活躍を見せてくれました。
契約選手たちも続々とスイッチを始めており、その飛びについて絶賛しています。

ブリヂストン ツアーB XD-3 の評価は?

ブリヂストンから新しいドライバーが出ますね。
すでに宮本勝昌選手や近藤智弘選手らがテストしていますが、初速アップで飛距離性能が良くなっているそうです。

宮本選手や近藤選手が使用しているのは、ツアーB XD-3。

●BRIDGESTONE GOLF/ブリヂストンゴルフTOUR B XD-3 ドライバーTOUR AD TX2-6 シャフト

一般発売は、9月14日となっています。

今回のドライバーは、何が大きく変わったかというとクラウン部分ですね。
従来のカーボンコンポジットではなく、カーボンに強靭性のある金属弦(アモルファス金属)を掛け合わせるという斬新な発想。たわみやすいカーボンに復元力の高い金属弦を組み合わせることでボールを強く弾き出します。
また、初速アップだけでなく、ねじれのない直進性が高いドライバーに仕上がっているそうです。

実際にテストしている宮本選手は、初速が1.1m/S、飛距離は7.1yアップしているそうです。
近藤選手は、「低スピンで飛んでいく。曲がりが少ない」と高評価を下しています。

今発表されているのは、XD-3のみですが、これまでと同様にXD-5やXD-7などもラインナップに加わってくるかと思います。
今回のXD-3は、一般的なアマチュアが使用するには、ちょっと難しいスペックかなと思います。ヘッドスピード40m/s前後だと球が上がりません。

松山英樹 全米オープン 2018 使用ドライバー

2018年全米オープンに出場する松山英樹選手。

実は、開幕前日の練習ラウンド中に、エースドライバーであるグレートビッグバーサのヘッドが割れるというアクシデントに見舞われました。

練習ラウンドでは、これまでエースドライバーとして活躍してきたキャロウェイのグレートビッグバーサを使用。今年はテーラーメイドM3を試合で使用するなど複数のモデルを使っていましたが、9日にシネコック・ヒルズGCに入ってからはグレートビッグバーサを使っていて非常に調子が良さそうだっただけに、大きなトラブルです。

割れた後から、複数のドライバーをテスト。初日スタート前の練習で使用ドライバーを決めるとのことでしたが、初日選んだドライバーは、PING G400LST。
昨年、宮里優作選手、鈴木愛選手の日本男女の賞金王が使用するドライバーです。


PING G400 LST ドライバー

以前にも使ったことがあるドライバーだそうですが、それでも全米オープン初日にいきなり使うというのは、きついものがあったと思います。
10番からスタートした松山選手がですが、はじめてドライバーを使ったのは、12番のパー4。ドライバーでフェアウェイをキープしてバーディ。このティーショットがフェアウェイに行ったことで、「もう大丈夫だ」と思ったそうです。

コースはかなり難しく、全体的にスコアが伸びない中での戦いとなりそうですが、頑張ってもらいたいですね。

タイガーウッズ クラブセッティング 全米オープン2018

全米オープンに出場するタイガーウッズが、練習日にクラブセッティングをメディアに公開しました。

ご存知の通りタイガーはナイキがクラブ事業から撤退し、テーラーメイドとクラブ使用契約を結びました。
順次テーラーメイドのクラブへ移行していき、パターを除く13本がテーラーメイドになりました。

ドライバー:テーラーメイドM3ドライバー

シャフト テンセイCK PRO(US仕様となっており日本では手に入りません)

3W:テーラーメイドM3

2I:テーラーメイド ツアープリファード UDI

3I~PW:テーラーメイド TW PHASE1
タイガーウッズの好みどおりに作られた専用モデル。

ウエッジ:テーラーメイド ミルドグラインドウェッジ ノーメッキ



ミルドグラインドをノーメッキで使用しています。ノーメッキモデルは、日本では発売されていません。

パター:スコッティキャメロン ニューポート2

ボール:ブリヂストンTOUR B XS

時松隆光 クラブセッティング 2018

時松隆光選手の2018年クラブセッティングをご紹介します。

時松選手は、以前はナイキと契約していましたが、ナイキがクラブ事業から撤退しましたので、その後契約フリーに。現時点でも、フリーで活躍しています。クラブ契約については、考えていないわけではないそうで、良い話があれば契約を結ぶことも念頭には置いているようです。ですので、近いうちにどこかと契約することもあるかもしれませんが、2018年5月現在のクラブ契約をご紹介します。

ドライバー:ミズノ MP TYPE-2 ドライバー

ロフト 10.5度
シャフト ツアーAD MJ-6(X)

3W:キャロウェイ EPIC フェアウェイウッド

5W:キャロウェイ ROGUE フェアウェイウッド

ユーティリティ:エーデザインゴルフ Aグラインド DST(3番21度、4番24度)

アイアン(5~PW):ミズノ MP-66 アイアン

ウェッジ:フォーティーン RM22 ウェッジ(52度)、フォーティーン RM ウェッジ(58度)

パター:オデッセイプロタイプix #1

ボール:ブリヂストン ツアーB X