宮本勝昌 使用ドライバー 2019

宮本勝昌選手が中日クラウンズで復活優勝!!
昨年は病気もあり賞金シードをなくしてしまいましたが、見事に復活して優勝してくれました。

宮本選手と言えば、ブリヂストン!!そして、ブリヂストンと言えば、新しいツアーB XD-3ですよね。非常に良いドライバーで、ブリヂストン契約プロはもちろんですが、契約外の選手からも高い評価を受けているドライバーです。
ツアーB XD-3を使う選手が早く優勝してほしいと思っていたのですが、宮本選手がやってくれました。

日本メーカーのブリヂストンも、今ブリヂストンゴルフの復活を目指して頑張っています。この宮本選手が使うツアーB XD-3は、重心距離が短く、重心深度が浅く、非常に操作性に優れています。それに加えて、筋金入りのカーボンクラウンによって、直進性の高いヘッドに仕上がっています。

ブリヂストン ゴルフ ツアーB XD-3 ドライバー ツアーAD TX2-6 カーボンシャフト TOURB【XD-3ドライバー】【あす楽対応】

宮里優作選手の260ccドライバー

近年ドライバーヘッドの大型化が進み、今や460ccの大型ヘッドが当たり前の時代になっています。
これによって慣性モーメントが大きくなり、球が曲がらなくなり、フルスイングで大きく飛ばすことが容易になりました。10年前や20年前の比べると、プロのドライバーの飛距離は格段に伸びています。

ただ、パーシモンやメタル時代の小さなヘッドの時代にゴルフを覚えた世代のプロの中には、大型に対応できずに苦労しているプロも少なくありません。

比較的若い選手ではありますが、石川遼選手なんかも大型ヘッドのドライバーに違和感を感じている選手の一人ですね。

また、宮里優作選手も。ここ数年は、ドライバーもアイアンもやさしいクラブにスイッチしていましたが、長年マッスルバックの小型のアイアンを好んで使っていましたし、ドライバーも小ぶりの操作性の良いモデルを使っていました。
そんな宮里選手が、2018年の終盤から、なんと260ccという今となっては超小型ヘッドのドライバーを使い始めています。ブリヂストンのツアーB XD-3のプロトタイプです。
「アイアンと同じ感覚で打てる」ということでコントロールのしやすさを絶賛されています。また、テレビ番組でこのドライバーの事を語っていましたが、飛距離もそれほど落ちないし、むしろこちらの方が飛ぶ時もあるとのこと。

石川遼選手もドライバーをアイアンと同じ感覚で打ちたいと常々言っていますが、もしかするとここから小型ヘッドという選択肢も出てくる可能性がありますね。

スポンサーリンク


ブリヂストン ツアーB XD-3 がふるさと納税でもらえる!

2018年秋発売モデルがふるさと納税の返礼品で出てきましたよ!ブリヂストンツアーB XD-3が埼玉県秩父市の返礼品に加わりました。

今回のブリヂストン ツアーB XD-3は本当に良いですからね。購入を考えている方も多いと思います。
ふるさと納税の返礼品でもらえれば、実質負担2,000円ですからね。もちろん控除額の上限は考えないといけませんが、最も安く手に入れるのは、確実にふるさと納税です。

【ふるさと納税】No.190 BRIDGESTONE GOLF TOUR B XD-3 ドライバー+フェアウェイウッド ゴルフクラブ ゴルフ用品

秋発売のドライバーが出揃ったが評価はどう?

2018年秋発売のモデルが続々と発売され始めています。

注目されているドライバーが出揃ってきて、多くのゴルファーがNEWドライバーを手にされています。
主な秋発売モデル
・タイトリストTSドライバー
・ブリヂストンツアーB XD-3 ドライバー
・SRIXON Z586 ドライバー
・SRIXON Z786 ドライバー
・PRGR RS ドライバー
・Mグローレドライバー(10月26日発売)

前評判が非常に高かったドライバーから、発売後にグングン評価を上げているドライバー、飛ぶドライバー、実際に使ってみたらイマイチだったドライバーなどなど。

打ってみたら非常に良かったドライバーは、ブリヂストンツアーB XD-3ですね。最近発売されるドライバーは、重心が深くて慣性モーメントが大きいドライバーがほとんどなのですが、このドライバーは重心が浅くて、慣性モーメントもそれほど大きくありません。だからといって球が曲がりやすかったりミスに弱いかというと、そうではありません。クラウン部分の筋金がどこまで影響しているのかはわかりませんが、ストレート性能が高いです。すごく振りやすくて、真っ直ぐ飛びます。
最近、日本国内でもテーラーメイドやキャロウェイ、PINGという外国メーカーが人気になっており、ブリヂストンのドライバーは、選択肢に入っていないという日本人ゴルファーも多くなっていましたが、これは絶対に試打した方がいいですよ。

やっぱり激飛びなのが、PRGR RS-Fですね。今回もギリギリです。発売されるヘッド全数の反発係数をチェックして、もちろんルール上限を超えている物は出荷されませんし、反発力の弱いヘッドも出荷されません。これはタイトリストTSも同じです。
日本メーカーが非常に良いドライバーを作ってくれているのは、うれしいですね。

個人的には、Mグローレも楽しみです。グローレとTWIST FACEで、安定感のあるやさしい飛びに期待です。

ドライバーで球が上がらない方は・・・

ドライバーで球が上がらないという方にお伝えしたいことがあります。

実は私自身も球が上がりにくいタイプ。
タイトリスト917D2では、球が上がりません。中弾道でランが出ると言えば聞こえはいいのかもしれませんが、やはり練習でもコースでも無理をしている感がとてもあります。
しかし、今のエースドライバーであるグローレF2は、高弾道で飛びます。両方のドライバーで球の高さが全く違うのです。

今、ドライバーの球が上がらないという方は、無理せずドライバーを変えてみることも考えてみてください。新しいドライバーを購入するお金が必要ですが、無理してスイングを壊してしまい練習にお金と時間をかける方が勿体ないでしょう。

2019年モデルのドライバーは、本当にいいですよ。
球が上がりにくい方には、Mグローレが一番おすすめです。一般的な体力の日本人が飛ばすことが出来るドライバーです。

Mグローレドライバーの詳細はこちら

2019年モデルのドライバーがいい!

2019年モデルのドライバーが続々と発表・発売されています。

ブリヂストン、タイトリスト、SRIXON、テーラーメイドと各社出してきています。

そして、どのドライバーも、本当にいい!!ここまで評価が高いドライバーが揃うと時も珍しいのではないでしょうか。

特徴としては、各社ともにプロモデルでも「やさしい」ということ。

今や、プロでもやさしいモデルを好んで使うようになってきており、当然アマチュアもやさしいモデルを求める傾向が強くなってきていました。

例えば、タイトリスト。世界中のプロが使用していた917ドライバーの次に登場したのが「TSドライバー」。名前がコロッと変わってきました。
これまではゴリゴリの男子プロが使うモデルで、女子プロが使っている姿をほとんど見ませんでした。それほどハードなドライバーで、我々のイメージとしてもやはり「難しい」「ハード」という感じが強くありました。
ところが、今回のTSドライバーは、全く性格が違ってきています。ハッキリ言って、やさしい。そして飛びます。
917Dは想定よりも売れなかったそうですが、今回のTSドライバーは売れそうです!

タイトリストTSドライバーの詳細はこちら

また、ブリヂストンもいいですね。正直、ブリヂストンのゴルフ部門は、そのうちなくなってしまうのではないかという噂が流れるほど元気がありませんでした。色んなメーカーのドライバーは試打するけど、ブリヂストンは別に試打しなくてもいいかなと考えていた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。日本人でもそんな感覚が出てきてしまうほど、最近のブリヂストンのドライバーは低迷していました。事実、宮里優作選手や池田勇太選手などブリヂストンのイメージが強かった選手たちが離れて行っています。
ただ、今回登場したツアーB XD-3は、いいです。これまでは5や7というモデルもありましたが、今回は3のみのワンモデルです。とにかく打感が素晴らしい。さすがブリヂストン!そしてつかまってストレートボールを打ちやすいドライバーとなっています。球も上がりやすいです。
これなら男子プロもまたブリヂストンへ戻ってきてくれるのではないでしょうか。

ブリヂストン ツアーB XD-3 ドライバーの詳細はこちら

SRIXONは、一からドライバーを作り直すということでZERO SRIXONと銘打って頑張ってくれました。何といっても、松山英樹選手に使ってもらいたいというのが強いのではないでしょうか。
SRIXON で初めてカーボンクラウンを採用して、余剰重量を増やし重心位置を改良してきました。また、ゼクシオの技術を応用するなどよりやさしく飛ばすことが出来るドライバーと進化しています。

9月22日頃新発売予定 DUNLOP ダンロップ SRIXON Z585スリクソン Z585 ドライバーMiyazaki Mahana シャフト ・スマホスタンドプレゼントキャンペーン

テーラーメイドは、何といってもTWIST FACEを採用したMグローレでしょう!M3とM4で好評のTWIST FACEを鍛造にして日本人向けに仕上げてきました。グローレF2を使っている私は、これも本当に楽しみです。

Mグローレドライバーの詳細はこちら

ブリヂストン ツアーB XD-3 2019年モデル 発売日

ブリヂストンのツアーB XD-3 ドライバーの2019年モデルが、いよいよ明日9月14日に発売開始となります。

☆予約受付中☆9月発売予定 ブリヂストン TOUR B XD-3 ドライバー TOUR AD VR-6 Speeder 661 EVOLUTION V シャフト

私自身、学生時代はずっとブリヂストンのクラブを使っていましたので、ブリヂストンのクラブはいつも気にしています。
今回のドライバーは、インパクトでの食いつきが非常によく、つかまったストレートボールが出てくれます。球も上がりやすく、とてもいいですね。
ここ最近、ブリヂストンのドライバーが、あまり人気がなかったのですが、ブリヂストンゴルフの復活の予感が漂うドライバーです。

ブリヂストン ツアーB XD-3 の評価は?

ブリヂストンから新しいドライバーが出ますね。
すでに宮本勝昌選手や近藤智弘選手らがテストしていますが、初速アップで飛距離性能が良くなっているそうです。

宮本選手や近藤選手が使用しているのは、ツアーB XD-3。

●BRIDGESTONE GOLF/ブリヂストンゴルフTOUR B XD-3 ドライバーTOUR AD TX2-6 シャフト

一般発売は、9月14日となっています。

今回のドライバーは、何が大きく変わったかというとクラウン部分ですね。
従来のカーボンコンポジットではなく、カーボンに強靭性のある金属弦(アモルファス金属)を掛け合わせるという斬新な発想。たわみやすいカーボンに復元力の高い金属弦を組み合わせることでボールを強く弾き出します。
また、初速アップだけでなく、ねじれのない直進性が高いドライバーに仕上がっているそうです。

実際にテストしている宮本選手は、初速が1.1m/S、飛距離は7.1yアップしているそうです。
近藤選手は、「低スピンで飛んでいく。曲がりが少ない」と高評価を下しています。

今発表されているのは、XD-3のみですが、これまでと同様にXD-5やXD-7などもラインナップに加わってくるかと思います。
今回のXD-3は、一般的なアマチュアが使用するには、ちょっと難しいスペックかなと思います。ヘッドスピード40m/s前後だと球が上がりません。

宮本勝昌 使用ドライバー 2017

宮本勝昌選手の2017年使用ドライバーをご紹介します。

宮本選手は、長年ブリヂストンと契約しており
ドライバーは、ブリヂストン TOUR B XD-3 ドライバー

ロフト:8.5度
シャフト:ツアーAD MJ (70g、X、44.5インチ)カラーは特注。

XD-3は455㎤で、XDシリーズの中では真ん中の大きさです。
XD-5は460㎤、
XD-7は445㎤
となっています。

宮本勝昌 ドライバー スペック 2017

宮本勝昌選手の2017年使用ドライバーのスペックをご紹介します。

ドライバーは、ブリヂストン TOUR B XD-3

【取り寄せ】【2016年モデル】 BRIDGESTONE GOLF【ブリヂストンゴルフ】TOUR B XD-3 ドライバー TOUR AD TX1-6シャフト

ロフト 9.5度
シャフト Tour AD
フレックス TX
長さ 44.25インチ