2019年一番飛ぶドライバーの大本命?いよいよ発売!

2019年モデルのドライバーは、稀に見る傑作ばかりだと言われています。実は、2018年モデルもそのように言われていたのですが、それよりもいいドライバーが続々と登場しています。

その2019年モデルで、一番のドライバーとして大本命なのが、PING G410 ドライバー。

PING(ピン) G410 PLUS ドライバー ALTA J CB RED カーボンシャフト メンズゴルフクラブ 右利き用 10,5度 FLEX-S

圧倒的な深重心・長い重心距離・大慣性モーメントで、飛んで曲がらないと発売前からの評判です。
プロやゴルフの評論家をはじめ、すでに試打している方々の評価が本当に高くなっています。

発売日は、3月21日です。

その他のPING G410 ドライバーの記事はこちら

重心深度が深くて重心距離が長いドライバーのメリット

外国メーカーのドライバーを中心に、重心距離が長くて、重心深度が深いドライバーが主流になっています。その流れを作ってきたのがPINGですね。最新モデルPING G410 は更に進化させてきて、世界中のプロアマから絶賛されています。なぜ重心距離が長くて重心深度が深いドライバーが人気を集めているのでしょうか。

ゴルフでボールを遠くに飛ばすには、ヘッドにかかる遠心力を最大限に使う必要があります。重心距離が長いということは、それだけヘッドにかかる遠心力が大きくなりヘッドスピードが増す方向に働きます。ただし、やみくもに重心距離を長くすればいいというものではありません。重心距離が長いとヘッドが返ってきにくく、インパクトでフェースが開いてボールにコンタクトしてしまう傾向が強くなります。そこで重要なのが重心深度ということになります。

重心深度が深くなると、重心角・重心アングルが大きくなります。重心角が大きくなるとインパクトではフェースは左を向きやすくなります。これは遠心力で遠くに引っ張られる部分が重心の部分なので、最も遠心力で引っ張られるインパクト付近では、重心角が大きいヘッドのフェースは左を向いていると考えられるのです。

重心距離が長いとヘッドスピードは出やすいがヘッドが返りにくい。でも重心深度が深いとヘッドは返りやすい。この両面の働きで、距離が出て曲がりにくいドライバーになっているというわけです。

例)重心深度が深くて重心距離が長いドライバー
・PING G410 ドライバー
・PRGR RS-F ドライバー
・テーラーメイドM6ドライバー

PING G410 ドライバー 評価

PINGから新しいGシリーズのドライバーが3月21日に発売開始となります。

現在発表されているラインナップは、G410PLUSドライバーとG410SFTドライバーです。

今、世界のドライバーの流れを作っていると言っても過言ではないPINGの最新ドライバーがどういうものになっているのでしょうか。

まず、G410PLUSドライバーを見てみましょう。
重心距離が長くて、重心深度が深くて、非常に大きい慣性モーメントは更に進化しています。そして、今作からはヘッド後方のスライド式ウエイトが搭載されており、ボール軌道の調整をすることが可能となりました。ビッグ慣性モーメントのドライバーでやさしく真っ直ぐ飛ばしたいけど、やはりご自身のスイングタイプに合わせて微調整することが出来るのはうれしいですね。

G410SFTドライバーは、同じく重心距離が長くて重心深度も深くて、慣性モーメントも大きいのですが、PLUSと比較すると重心距離が短くなっておりヘッドがターンしやすくなっています。PINGのビッグ慣性モーメントドライバーを使いたいけど、つかまりも欲しいというゴルファーにおすすめのドライバーです。