松山英樹 全米オープン 2018 使用ドライバー

2018年全米オープンに出場する松山英樹選手。

実は、開幕前日の練習ラウンド中に、エースドライバーであるグレートビッグバーサのヘッドが割れるというアクシデントに見舞われました。

練習ラウンドでは、これまでエースドライバーとして活躍してきたキャロウェイのグレートビッグバーサを使用。今年はテーラーメイドM3を試合で使用するなど複数のモデルを使っていましたが、9日にシネコック・ヒルズGCに入ってからはグレートビッグバーサを使っていて非常に調子が良さそうだっただけに、大きなトラブルです。

割れた後から、複数のドライバーをテスト。初日スタート前の練習で使用ドライバーを決めるとのことでしたが、初日選んだドライバーは、PING G400LST。
昨年、宮里優作選手、鈴木愛選手の日本男女の賞金王が使用するドライバーです。


PING G400 LST ドライバー

以前にも使ったことがあるドライバーだそうですが、それでも全米オープン初日にいきなり使うというのは、きついものがあったと思います。
10番からスタートした松山選手がですが、はじめてドライバーを使ったのは、12番のパー4。ドライバーでフェアウェイをキープしてバーディ。このティーショットがフェアウェイに行ったことで、「もう大丈夫だ」と思ったそうです。

コースはかなり難しく、全体的にスコアが伸びない中での戦いとなりそうですが、頑張ってもらいたいですね。

YEヤン クラブセッティング 2018

Y.E.ヤン選手の2018年クラブセッティングをご紹介します。

アジア勢唯一のメジャーチャンピオン。2009年「全米プロ」で優勝しています。
2018年は日本ツアーを中心に戦う予定となっています。

クラブセッティングは、我々アマチュアも非常に参考にできるやさしいセッティングです。UTを多用して、アイアンは6番から。しかもそのアイアンも優しいモデルを使っています。

ドライバー:PING G400 LST ドライバー



ロフト角 10度
シャフト マトリックス VLCP-SP(X)

フェアウェイウッド(14.5度):PING G400フェアウェイウッド

ユーティリティ(2番17度、4番22度、5番26度):PING G400ハイブリッド

アイアン(6I~PW):PING G400アイアン

ウェッジ(51度):ピン グライド 2.0 ウェッジSS

55度:ボーケイ SM6ウェッジ

60度:ボーケイ SM4ウェッジ

パター:スコッティキャメロン セレクト ラグーナ

ボール:タイトリストPRO V1

比嘉真美子 クラブセッティング 2018

比嘉真美子選手の2018年クラブセッティングをご紹介します。

2017年まではクラブ使用契約はフリーでしたが、PINGのクラブを中心に使用していました。そして2018年からはPINGと契約を結び14本全てPINGのクラブを使用しています。

ドライバー:PING G400 LST



ロフト角 10度
シャフト PING TOUR R173-65(S)

3W5W:PING G400 フェアウェイウッド

UT 22度 26度:PING G400 ハイブリッド

6I~PW:PING i200アイアン

ウェッジ(50度、54度、58度):PING GLIDE 2.0 ステルスウェッジ


パター:PING シグマG クレイジー

ボール:タイトリスト PRO V1

鈴木愛 クラブセッティング 2018

鈴木愛選手の2018年クラブセッティングをご紹介します。

鈴木選手は、PINGと契約していますので、基本的にPINGのクラブで揃えています。

ドライバーは、PING G400 LST を使用しています。新しく発売されたG400MAXもテストしていましたが、開幕からLSTを使用しています。

1W:PING G400 LST

ロフト角 10.5度
シャフト ALTA J50(S)

3W:キャロウェイ GBB EPIC フェアウェイウッド



7W:PING G400 フェアウェイウッド

4U 5U:PING G400 ハイブリッド

6I~PW:PING i200アイアン

シャフト NS950GH(R)

ウエッジ(50度54度58度):PING グライド2.0ウェッジ


パター:PING VAULT2.0 プロトタイプ

ボール:タイトリスト PRO V1X

パトリックリード 使用ドライバー 2018

2018年のマスターズもいよいよ最終日を迎えます。

首位に立つのはパトリックリード。

マスターズで使用しているドライバーは、PINGのG400 LSTですね。

2018年がスタートした時には、テーラーメイドのM3を使用していました。ナイキがクラブ事業から撤退してから、色んなメーカーのドライバーを使用していますが、まだ落ち着いていないようですね。
それでも、このマスターズで安定したドライブを見せていることから、G400 LSTが合っているのでしょうね。

使用するドライバー
PING G400 LST
ロフト角 10度
シャフト アルディラ 70 ツアー X


スポンサードリンク


PING G400 MAX ドライバー 発売日

PING G400 MAX ドライバーが発売されます。


PING G400 MAX ドライバー

これまでは445CCの3つのタイプがラインナップされていましたが、
今回は460CCの大型ヘッドで極限まで慣性モーメントを高めたモデルとなっています。

また、限りなく低く・深い重心となっており、球が楽に上がってくれる仕様となっています。

発売日は、3月8日です。

慣性モーメントが最も高いドライバー

今、慣性モーメントが最も高く、
曲がらないドライバーとして知られるのがPING G400 ドライバー。

PING G400 ドライバーの詳細はこちら

男女の賞金王、宮里優作選手と鈴木愛選手が使用するドライバーです。
(二人ともG400 LSTを使用)

慣性モーメントが非常に高く、
インパクトで当たり負けしません。
そのため球が曲がりにくく平均飛距離が伸びてくれます。

慣性モーメントはPING史上最高なのに、
ヘッドの大きさは445CCと小さくなっていて
扱いやすくなりました。

一発の飛びではもっと飛ぶドライバーは他にありますが、
直進安定性はこのG400が一番でしょう。

⇒PING G400 使用者の口コミ・評価はこちら

比嘉真美子 クラブセッティング 2017

比嘉真美子選手の2017年クラブセッティングをご紹介します。
クラブ契約フリーの比嘉選手ですが、シーズン開幕当初とは大きく変わっています。

2018年以降の最新クラブセッティングはこちら

ドライバーは、PING G400 LS TEC。
契約選手はもちろんですが、契約外の比嘉選手、宮里優作選手、ジャンボ尾崎選手と言ったクラブにこだわりの強い選手たちが使用しています。

ピン G SERIES G400 LS TEC ドライバー PING TOUR 173-65/75 ドライバー シャフト:PING TOUR 173-65 10 LST度 S 45.25インチ

3W5W:キャロウェイ GBB EPIC USモデル


4UT:PING G400 ハイブリッド

5I~PW:PING i200 アイアン

50度54度56度:キャロウェイ マックダディ フォージド ウエッジ


ジャンボ尾崎将司 クラブセッティング 2017

ジャンボ尾崎選手、PING G400 ドライバーを使っているんですね。
G400は、3つのタイプがありますが、使用しているのはLS TECでロフトは8.5度です。

PING G400 LS TEC ドライバー の詳細はこちら

フェアウェイウッドもG400をテストしているようで、
かなりの手ごたえを感じているそうなので恐らく今後ツアーでも使ってくるでしょう。

そして、アイアンもG400。
球が上がりやすくストレート性が高いモデル。
ジャンボ選手が使うってことは、これから更に人気が出そうですね。

【ピン公認フィッター対応 ポイント10倍】PING ピン ゴルフG400 アイアンNS PRO MODUS3TOUR 105 モーダス3 ツアー1056I〜PW(5本セット)(左用・レフト・レフティーあり)ping g400 ironジー400【日本仕様】

ボール:ブリヂストン ツアーB X

PING G400 ドライバー 評価 口コミ

2017年秋発売モデルが続々と登場しています。

まだこれから発表、発売されるモデルもありますが、
現時点で売れ行き、実際の使用者の評価が高いドライバーはこれです↓↓

【ピン公認フィッター対応 ポイント10倍】ピン G400 ドライバー G400 G400 SFTec G400 LSTec メーカー純正シャフトALTA J CB シャフト TOUR 173シャフト 【日本仕様】(左用・レフティーあり)

発売前からプロが結果を出しており、
良いドライバーなんだということが分かっていましたが、
我々アマチュアがどうなのかと言う面では未知数でした。

やはりプロの高評価があったので、
発売開始から順調に売れており、
そして多くの口コミが集まってきています。

プロが使用するモデルですが、
我々アマチュアでも使いやすいドライバーのようで
ヘッドスピードが40m/s前後の方からの評価も非常に高いです。
⇒PING G400 ドライバー 使用者の口コミ・評価はこちら