ROGUE STAR ドライバー 評価

キャロウェイROGUEシリーズで最もやさしく使うことが出来るROGUE STAR ドライバーについてご紹介します。

【お得なクーポン利用で5%OFF 12日9:59分まで】 【予約販売】日本正規品 2018年 キャロウェイ ROGUE STAR ドライバー【FUBUKI for CW カーボンシャフト】【ローグ】【スター】【三菱レイヨン】【フブキ】
<JAILBREAK テクノロジーの進化>
まず、ROGUEシリーズの全てのドライバーに共通することですが、ヘッド内部にあるソールとクラウンをつなぐ2本の柱がインパクト時のヘッドのたわみを抑えて、ボールに効率的に力を伝える働きをしています。これはEPICから搭載されています。

EPICから進化しているのは、これが25%軽量化されたということ。実は、フェース寄りに2本の柱があるだけで、重量配分としては非常にデメリットも生じていました。これが軽くできたことは、非常に大きな改善です。

ROGUE STAR ドライバーに関しては、25%軽量化されたことで重心位置が後方へ下がりました。また、クラウン部分の軽量化と併せて、余剰重量の再分配で重心を更に後ろに、そして球をつかまりやすい位置に動かすことが出来ました。

<クラウン部分の強化と軽量化>
クラウン部分はEPICの頃から軽かったのですが、ROGUEでは更なる軽量化に成功。軽量化されたことによる余剰重量を再分配することで慣性モーメントを高めてミスヒットに強くなったり、球をつかまりやすくしたりすることが出来るようになっています。

<EPIC よりも随分とやさしく>
EPIC STAR ドライバーは、プロや上級者から絶賛されていましたが、実はアベレージゴルファーからは難しいという声が挙がっていたのも事実。キャロウェイはこれを認識して、そして更なる改良が可能だったために、この短期間で新しいROGUEを出してきたのでしょう。
2本の柱やクラウンの更なる軽量化により、重心位置を低く、深く、そしてつかまりやすい位置に持ってくることに成功。
重心が低く、深くなったことで、打ち出し角が高くなりました。そしてスピン量も少なくなっています。高弾道で打ちだされた球は、スピン量が少ない伸びのある球でなかなか落ちてきません。大きなキャリーを生み出すことできます。
また、重心距離が短くなっていることで、ヘッドが返りやすくなっていますし、ギア効果でスライス回転を減らしてくれたり、ドロー回転がかかりやすくなっています。

ROGUE STAR ドライバーは、やさしく球が上がってキャリーが出る、そしてドロー回転がかかりやすいドライバーです。

ROGUE STAR ドライバーの詳細はこちら

<ライ角・ロフト角調整機能>
ROGUE STAR ドライバーには、ライ角・ロフト角調整機能は付いていません。
ある方がいいなと言う方には、USモデルになりますがROGUE DRAW ドライバーをご紹介します。基本的な設計はROGUE STARと同じですが、ネック部分のカチャカチャ機能が付いています。
⇒ ROGUE DRAW ドライバー(USモデル)の詳細はこちら

タイトリスト 917D2 操作性は?

タイトリスト917D2の操作性についてご紹介します。


タイトリスト 917D2 ドライバー Titleist Speeder 517 カーボンシャフト Titleist 2017年日本正規品【代引き不可】

まず、操作性に大きな影響を与える重心距離ですが
915D2と比較するとかなり短くなっています。
915D2は40.5㎜だったのが
917D2は36.1㎜となっています。
これによって、ヘッドの返りが良くなり
操作性が上がっています。

重心深度は、38.9㎜で、
915D2と比較するとやや浅くなっていますが、
アスリートモデルのドライバーとしては
深いと言える数値でしょう。

ですので、ミスへの許容度は高く保ちながらも
操作性を高くしようという意図がうかがえます。

PRGR RSドライバーとRSドライバーFの違い

PRGRの2016年最新RSドライバー。

このRSドライバーは、2タイプあります。

小平智選手や矢野東選手ら多くの男子プロが使用しているのが
RSドライバーFです。

RSドライバーFの詳細はこちら

トゥ寄りにウエイトが配置されていますが、
ヘッドが返りにくくなっており
左を嫌うパワーヒッターやフェードヒッターにおすすめです。

原江里菜選手ら多くの女子プロが使用するのが
RSドライバーです。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
●PRGR/プロギアRS ドライバー(2016)
ヒール寄りにウエイトが設置されていますが、
ヘッドが返りやすくつかまりが良くなっています。
スライサーやドローヒッターにおすすめです。

石川遼 日本プロ 2016 使用ドライバー

石川遼選手が2016年日本プロで
試合復帰してきました。

まだまだ本調子ではないものの、
やはり石川遼選手が出場するというだけで
盛り上がってきます。

休んでいた期間にスイング改造をして
そのスイングに合うドライバーヘッドや
腰痛対策として軽めのシャフトをチョイスして
クラブセッティングをしてきました。

使用ドライバーは、キャロウェイ コレクションドライバー

ロフトは9.5度で、
シャフトはツアーAD DI-7(X)

ビッグバーサベータドライバー2016 スライサーは?

キャロウェイ ビッグバーサBETAドライバーが登場しましたが、
すでに非常に人気が出ていますね。

というのも、重心距離が短く設計されており
インパクトにかけてヘッドがしっかり返ってくるので
スライサーが使ってもスライスしにくいのです。

ですので、曲がらない、
そしてスクエアでヒットできるので
当然飛距離もアップします。

軽量設計でヘッドスピードも上がってきますので、
とにかく飛ぶ!ということで
今非常に話題になっているビッグバーサBETAドライバー2016です。

Callaway(キャロウェイ) 2016 BIG BERTHA BETA (ビッグバーサ ベータ) ドライバー GP for BIG BERTHAシャフト装着モデル 右利き用 メンズゴルフクラブ (ロフト角(10,5度), FLEX-R2)

ビッグバーサベータドライバー2016試打評価

ビッグバーサベータドライバー2016年モデルを
試打させていただきましたので
レポートさせていただきます。

シャローヘッドなので
構えた感じからして
ボールが上がりやすそうなイメージ。
そして打ってみても、
やっぱり楽に上がってくれますので
おかしなリキミなく打つことが出来ます。

そして、クラブが軽い。
さらに、カウンターバランスになっており振りやすいです。

軽いドライバーは飛ばないというのは過去の話。
速い初速からの高弾道+最適なスピン量で
自分史上最高の飛びを実現できるでしょう。

そして、重心距離が短いので
ヘッドが返りやすいです。
スライサーの方でも捕まったボールを打ちやすいでしょう。

ビッグバーサベータドライバーの詳細はこちら

テーラーメイドM2ドライバー スピン量は?

テーラーメイドM2ドライバーへの
アマチュアゴルファーからの期待感が
かなり高まってきています。

前の記事で、
M2ドライバーの詳細データをご紹介しましたが、
重心の高さが非常に低いことに
驚きの声が届いています。
30.1㎜。

この低重心から打ち出される球は
かなり低スピンです。
エアロバーナーよりも低スピン。

スピードポケットの効果もあるのでしょうが、
サイドスピンもかなり少ないように思います。

真っ直ぐ、力強い球を打つことが出来ます。

テーラーメイド TAYLORMADE M2 ドライバー TM1-216 シャフト

テーラーメイドM2ドライバーの重心位置は?詳細スペック

テーラーメイドM2ドライバーの重心位置などの
詳細データをご紹介します。

ヘッド全体重量:199.5g(やや重い)
重心距離:36.6㎜(やや短い)
重心深度:34.5㎜(やや浅い)
重心の高さ:30.1㎜(低い)
重心角:25度
MOI(左右慣性モーメント):4197(ミスヒットに強い)

M1ドライバーと比較すると
重量が軽いので18ホールしっかり振れるでしょう。
重心の高さがかなり低いので、
低スピンで直進性の高いドライバーです。

テーラーメイドM2ドライバーの詳細はこちら

難しすぎない操作性の高いドライバー

操作性の高いドライバーが欲しいけど、
そういったドライバーってハードヒッター向けばかり・・・

けど、それほど難しくない操作性の高いドライバーもあります。
例えば、SRIXON Z745ドライバー。

SRIXON Z745 ドライバーの詳細はこちら

ヘッド体積は、430㎤で小ぶりなので
難しいイメージかもしれませんが、
見た目はそれほど小さく感じません。

重心距離が非常に短く(33.7㎜)
ネック軸回りMIも小さい(5822g㎠)ので
ヘッドを操作しやすいのが人気です。

重心の高さは低い(32.1㎜)ので
低スピンで棒玉で力強い球を打つことが出来ます。

最近のオートマチックドライバーは苦手だという方に
是非使っていただきたいドライバーです。