谷原秀人 クラブセッティング 2017

谷原秀人選手の2017年クラブセッティングをご紹介します。

ドライバー:ホンマ TW737 455 ドライバー

ロフトは、9.5度
シャフトは、VIZARD EXZ65

3W5W:テーラーメイドM2 2017年モデル


UT(19度):ホンマ TW737 UT

UT(21度):ホンマ TW-U フォージド

4I~9I:ホンマ TW737 Vs アイアン

ウエッジ(52度58度):ホンマ TW-W

パター:スコッティキャメロン

ボール:タイトリスト PRO V1X

谷原秀人選手が2万円で購入し即優勝!
優勝できたのは安楽プロのお陰と言ったDVDはこちら↓↓

ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory 2”

キムハヌル クラブセッティング 2017

キムハヌル選手の2017年クラブセッティングをご紹介します。

本間ゴルフと契約していますので、
基本的にホンマのクラブを使用しています。

ドライバーは、試合によって2本のドライバーを替えています。
ホンマ TW737 460 ドライバー

シャローバックなヘッドですが、重心は浅くなっていますので
ある程度球を上げられるプレーヤーが飛ばせるモデルです。

ホンマ TW737 455

こちらは深重心になっており、つかまりやミスの許容度が高くなっています。

3W:ホンマ TW737 FW


UT(19度22度):ホンマTW737 UT

5I・6I:ホンマTW737Vsアイアン

7I~10I:ホンマ TW737Vアイアン


ウエッジ(52度58度):ホンマTW-W

パター:オデッセイWHITE HOT RX V-LINE FANG CS

ボール:SRIXON Z-STAR

イボミ クラブセッティング 2017

イボミ選手の2017年クラブセッティングをご紹介します。

3月の開幕の時点では、
昨年に使用していたTW727 455ドライバーとTW737 455ドライバーを併用するようです。

本間ゴルフ ホンマツアーワールド TW-737 455 ドライバー[VIZARD EX-A シャフト][VIZARD EX-C シャフト][VIZARD EX-Z シャフト]HONMA TOUR WORLD TW-737 455 DRIVER

3W(15度)5W(18度):ホンマ TW737 FW‐c
シャフトは、VIZARD EX-A55 (R)


ホンマTW737 FW-C の詳細はこちら

UT(22度、25度):ホンマ TW 717 UT


アイアン(5I~10I):ホンマTW737V アイアン

ボールは、SRIXON Z-STAR 2017年モデルです。

DUNLOP スリクソン Z-STAR 2017 ホワイト 1ダース(12個入り)

本間TW737 455 ドライバー 試打

本間ツアーワールドTW737 455 ドライバーについてご紹介します。

凄くバランスが良いドライバーだなという印象。

TW737シリーズの中で最も重心が深いモデルです。
球は丁度良い上がり具合で
つかまりやすいですが、決してつかまり過ぎるわけでもありません。

もしTW737シリーズで
最も扱いやすいドライバーをお求めなら
このドライバーがオススメです。


TW737 455 ドライバーの詳細はこちら

本間TW737 460 ドライバー 試打

本間TW737 460 ドライバーですが、
460㎤とシリーズで最も大型ヘッドなので
アマチュアの方の選択肢の一つに入りやすいでしょう。

ただ、少し気を付けてもらいたいのは、
最も大型ヘッドだから最もやさしいドライバー・・・
というわけではありません。

スライサーの方は使わないでください。
重心角が小さく、重心距離も長い、
そして重心深度も深い・・・。
つかまりにくい要素ばかりです。
またミスへの許容度はそれほど高くないですし、
中上級者向けと言えるでしょう。

ただ、このドライバーは、
芯でとらえることと本当に飛びます。

許容度の高いお助けクラブが多くなっている中、
このドライバーは競技志向で
しっかりと練習して使うドライバーです。


本間TW737 460 ドライバーの詳細はこちら

ホンマTW737 455 ドライバー評価

ホンマTW737 455 ドライバーをご紹介します。

TW737ドライバーシリーズで
唯一重心深度が浅いモデルです。

球が上がりやすく、高い慣性モーメント、
直進性重視の今どきドライバーです。


本間ゴルフ ホンマ ツアーワールド TW737 455 ドライバー VIZARD EX-C カーボンシャフト ゴルフクラブ

TW737 460 ドライバー 評価

ホンマからTW737シリーズが2016年10月18日に発売されます。

今回最も大きなヘッドであるTW737 460.
シャローヘッド+浅重心という非常に面白い組み合わせです。

この狙いは、やさしさと強弾道の両方を実現しようということ。
さらに操作性も高くしようという重心設定です。

このドライバーが、アマチュアゴルファーから
どれくらいの評価を受けるのか本当に楽しみです。

ホンマTW737 460 ドライバーの詳細はこちら

森田遥 ドライバー 日本女子オープン2016

森田遥選手が、2016年日本女子オープンで首位発進!

その好調を支えているのが
ホンマの新ドライバー「TW737 445」です。

まだ発売前のモデルですが、
前回メジャーの日本女子プロから使っています。

ハイバックで浅重心モデル。
操作性が良く、強弾道+低スピンで飛ばせるドライバーです。


【メーカーカスタム】 ホンマゴルフ TW737 ドライバー 445/450/455/460 [ホンマ純正 VIZARDシリーズ] カーボンシャフト EX-A/EX-C/EX-Z 85/75/65/55 本間 ヴィザードHONMA TOUR WORLD ツアーワールド

ホンマTW737 455 ドライバー

ホンマから登場するTW737シリーズ。
ヘッド体積が2番目に大きいのが
TW737 455 ドライバー。

ハイバックとシャローの中間のような形状で
ソールのウエイトが後方に設置されており、
重心深度が深くなっています。

力強い弾道である程度スピン量が欲しい方に
おすすめのバランスが良いドライバーです。


ホンマTW737 455 ドライバーの詳細はこちら

ホンマTW737 460 ドライバー

ホンマTW737シリーズが10月に発売されますが、
ホンマ契約選手たちが
ツアーで使用を開始しています。

このシリーズで最もヘッドが大きいTW737 460ドライバー。
最もやさしいのかと思いきや、
ソールのウエイトを見ると、
フェース寄りに設置されています。
シャローヘッドではありますが、
重心が浅くなっているようです。

単にやさしいだけのドライバーではなく、
力強い弾道でアスリートも楽しめそうなドライバーになりそうです。

また詳細が分かってきましたら、
ご報告させていただきます。


【メーカーカスタム】 ホンマゴルフ TW737 ドライバー 445/450/455/460 [ホンマ純正 VIZARDシリーズ] カーボンシャフト EX-A/EX-C/EX-Z 85/75/65/55 本間 ヴィザードHONMA TOUR WORLD ツアーワールド