M6ドライバー 口コミ・レビュー

テーラーメイドM6ドライバーが発売されて、すでに多くの方から口コミ・レビューが集まってきています。

やはり皆さん注目されているのは、フェースの反発力。一旦ルール上限オーバーのヘッドを作ってから、個体ごとにルール上限ギリギリまで反発力を調整する製法が取られました。メーカーとしては非常に手間暇かかる製法ですが、これまでプロや関係者にのみ配られていた本当に反発係数ギリギリのヘッドが全てのお客さんの手に渡ることになりました。

実際に使用している方々も、その反発力を実感されているようで、飛距離性能に満足されている声が多くなっています。

M6 使用者の口コミ・レビューはこちら

その他のM6ドライバーの紹介記事はこちら

M5とM6で打ったらミート率が高い!

M5ドライバーとM6ドライバーのフェースの反発力が本当に高いのか?これを知るために参考となるデータがあります。

試打データなどで出てくる「ミート率」です。

「ミート率」とは、ボールスピードをヘッドスピードで割った数値のことです。ミート率が高いということは、ヘッドスピードに対して効率よくボールスピードが出ているということ。効率良くエネルギーをボールに伝えているということです。

一般的なアマチュアのミート率は平均で1.3前後、プロでも1.5くらいと言われています。実際に、私自身がM5とM6ドライバーでデータを取ってみたところ、1.5以上の数字を連発していました。ゴルフショップにある計測器は、かなり甘い数値が出ていることが多いのですが、それでも1.5くらいがマックス。ですが、M5やM6は1.51くらいの数値が普通に出てきます。これは反発力が高い証拠と言えるでしょう。

プロ支給品以上の反発力のあるヘッドが手に入るというセールス文句ですが、事実一般に販売されているM5とM6のヘッドの反発力は高いと言えるでしょう。

テーラーメイドM5・M6の詳細はこちら

テーラーメイドM6ドライバーの重心位置

M4よりも捕まりやすくなって扱いやすくなっているというM6ドライバー。M4と比較してどのように進化しているのか、重心データを見て検討してみたいと思います。

まず、重心が非常に低く、そして非常に深くなっています。
スイートスポットの高さ:33.4mm(低い)
重心深度:42.1mm(非常に深い)
これはM4よりもカーボンを使っている割合が増えました。クラウン部分はフェースよりもシルバー部分の面積が狭くなってカーボンのエリアがかなり大きくなりました。

ソール部分にもカーボンを採用されました。これによって生み出された余剰重量をソールの後方に再分配したことで、大きく重心を低く、後ろへ持ってくることが可能になりました。

実際に打ってみると、ちょうどよいつかまり具合と言いますか、元々球を捕まえることが出来るプレーヤーがストレスなくきれいなストレートからドローボールを打ちやすいヘッドとなっています。
重心距離がある程度長くて、ネック軸回り慣性モーメントが非常に大きくなっていることから、この絶妙なバランスを作っているのだと考えられます。
重心距離:40.8mm(長い)
ネック軸回りMI:8154㎠(非常に大きい)

より捕まりがよりヘッドであれば、M6のD-TYPEというのも日本未発売モデルですが、選択肢はあります。

その他のM6ドライバーの記事はこちら

M6 Dタイプはつかまって飛ぶ!

テーラーメイドのM6が発売開始されましたが、やはりこれまでと同様に日本では発売されませんが、D-TYPEも出てきました。

実は、パッと見ただけでは、何が違うのかわかりません・・・。「D-TYPE」と書かれていないとわかりません。

M6 D-TYPE の詳細はこちら

ですが、構えてみるとわかります。構えたときのフェースの向きが少しフック。テーラーメイドMシリーズってヘッドを置くと少し開くんですよね。ですが、D-TYPEはややフック。
また、重心距離が少し短くなっているので、インパクトにかけてフェースがしっかり返ってきてくれます。
ノーマルのM6もM4より捕まるという評判ですが、D-TYPEは更につかまってくれます。つかまってくれるので、初速も速いし飛ぶ!!

とにかく残念なのは、日本未発売。なので、毎度のことですが、D-TYPEは、フェアウェイゴルフUSAさんで購入して下さい。完全日本語対応ですので、何も心配いりません。日本人が経営していますから。
⇒M6 D-TYPE の詳細はこちら

テーラーメイドM5、M6は飛ばない?

テーラーメイドのM5とM6が登場しました。すでに試打などで打っている方から、「飛ばない」という評価などが出てきているようですね。

今回のM5M6のセールスポイントは、すべての個体が反発係数ギリギリで。これまでプロに支給されていたヘッド以上の反発係数のものを我々が手に入れることが出来るというところにあります。

実際にどうかというと、購入するスペック次第というところ。かなり低スピンの球が出ます。自分のスイングでの球の高さにあったシャフトとロフト角を選択しなければ、ドロップ気味にキャリーが伸びない可能性があります。

元々球が高くて吹け上がり気味の方は、M5M6共にかなり飛距離が伸びたという評価が多いように思います。
逆に元々球が低い方は、球が上がらなくて飛距離が出ないという声があります。こういった方は、球が上がりやすい柔らかめのシャフトで、ロフト角も大きいものを選ぶようにしてもらいたいと思います。

その他のテーラーメイドM5に関する記事はこちら
その他のテーラーメイドM6に関する記事はこちら


TAYLOR MADE(テーラーメイド) M5 ドライバー KUROKAGE TM5 20110,5 カーボンシャフト メンズゴルフクラブ 右利き用 10,5度 FLEX-S


【2月15日発売】【2019モデル】テーラーメイド M6 ドライバー シャフト:FUBUKI TM5 2019 カーボン TaylorMade

テーラーメイドM6ドライバーとTYPE-D

テーラーメイドから新しいMシリーズが2月に発売されます。
これまでのM3・M4ではなく、一つずつ数字が増えてM5とM6となりました。

ここではM6ドライバーをご紹介します。

M6ドライバー 発売日


すでに日本での発売日が発表されており、発売日は2月15日となっています。

●[2019] テーラーメイド M6 DRIVER/エムシックス ドライバー[日本仕様]FUBUKI TM5 2019 シャフト

前モデルのM4と同様に、日本ではドローモデルのTYPE―Dは発売されません。つかまりやすいTYPE-Dを購入希望の方は、アメリカから通販で購入できます。日本人ご用達で完全日本語対応のフェアウェイゴルフUSAで予約の受付が開始されています。

テーラーメイドM6TYPE-Dの詳細はこちら

M4ドライバーから何が変わった?


M4ドライバーと比較して、何が変わったのでしょう?
今回のドライバーの特徴は、発売されるドライバーの全てが、反発係数ルールギリギリだということ。
これまでも各メーカーが反発係数の上限いっぱいまで反発力を高めてヘッドを作ってきましたが、製造誤差も考えてルールの範囲内の収まるような設計がなされていました。どうしても製造誤差で、上限ギリギリの個体もあれば、反発力が小さい個体があったのも事実でした。
それが今回は、「まずルール不適合のヘッドを作り、その後すべてのヘッドを計測し、そのデータをクラウドに送り、独自のアルゴリズムによって計測された必要なだけのレジンをトウ・ヒールに注入することで、ルール限界値にチューン。注入するレジンの量はヘッドによって異なる。そして、注入後にもう一度計測を行う」ことで、すべての個体がルール上限ギリギリになっているというわけです。

M5とM6ドライバーはどう進化している?

テーラーメイドからM5ドライバーとM6ドライバーが登場しました。

すでにアメリカ国内では、試打用に出回っており、試打情報が出てきています。

データを総合的に見ると、M5もM6もどちらもより優しく飛ばすことが出来るドライバーになっています。

M3とM4に比べて、弾道が高くなっていて、スピン量が減って、キャリーが出やすくなっています。

まだテーラーメイドから詳細な話が公にされていないのですが、発売が楽しみです。