テーラーメイドMグローレ 中古在庫

テーラーメイドのMグローレですが、一般的な体力の日本人が最も飛ばすとこが出来るように作られたモデルということもあり、非常に人気が出ています。

私自身は、前のグローレF2ドライバーを持っていますが、球が上がりやすくつかまりやすく、本当に良いドライバーです。そのF2よりもよりつかまりが良く、TWIST FACE搭載で曲がりにくくなっていますので、ドライバーショットが一段とやさしくなることは間違いないでしょう。

そのMグローレドライバーの唯一の欠点としては、お値段が高いということ。そこで中古でいいものがないかと探される方も多いと聞いていますが、なかなかお近くのお店に置いてあることは少ないですね。まだまだ出ている数は少ないです。

中古ショップの最大手のゴルフパートナーでは、インターネットで全国の在庫の中から選択して通販で購入することが可能です。自宅にいながら、簡単にMグローレの在庫をすべてチェックすることが出来ますので、大変便利です。新品で購入するよりもかなりお安いです。

テーラーメイドMグローレの中古在庫はこちら(ゴルフパートナー)



Mグローレのつかまりは?

テーラーメイドのMグローレドライバー。歴代のグローレユーザーのみならず最近のテーラーメイドドライバーに興味をお持ちのプレーヤーから注目を集めていますね。

今回は、Mグローレドライバーのつかまりについてご紹介したいと思います。

まず構えてみると、フェースの向きはストレート。非常にターゲットに対して構えやすくなっています。プロや中上級者は、フックフェースになっているとどうしても左に行ってしまうイメージが強くなってしまい使いにくいです。この点、Mグローレはストレートでとても構えやすいです。ただ、ストレートに向いているということは、つかまりと言う点においてはマイナスとなります。

それを補っているのが、ライ角。非常にアップライトになっています。前のグローレF2やそれ以前のグローレなどと比較しても極端にアップライトになっています。これによって非常につかまりがいいドライバーに仕上がっています。

Mグローレドライバーの詳細はこちら

⇒ その他の「Mグローレドライバー」の記事はこちら

Mグローレドライバー 試打

Mグローレドライバーの試打をした感想をお伝えします。

純正シャフトのスピーダーエボリューションTMのS。

まず、構えた感じは、ストレートフェースなので、ターゲットに向きやすい。アップライトなのですが、あまり違和感を感じないですね。

実際に打ってみると、弾きがとてもいい感じがして、ボールがパーンと勢いよく高弾道で飛び出す感じ。そして、高弾道で真っ直ぐに飛んでいきます。この打感と弾きの良さは、好みが分かれるところなのかもしれませんが、そもそも操作性の高いドライバーではなく、高弾道でストレートの球を打つためのドライバーなので、全く問題ないかと思います。というか、感覚とボールの行方が一致しており、私的には非常に良い感覚を覚えました。

スライスは、しないです。また、打ち出しも右に行きにくい。前のグローレF2は、確かにスライスしないのですが、右に飛び出してそのまま真っ直ぐ飛ぶという球も出たりしますが、そもそも打ち出しからストレートで、そのまま真っ直ぐに飛んでいく球しか出ません。つかまり過ぎて、左を警戒しないといけないのかなと思っていましたが、それもありませんね。

正直、やさしい。プロや上級者で、球をある程度操りたいという方には、面白みのないドライバーなのかもしれません。けれどもアマチュアでは圧倒的多数であろう真っ直ぐ遠くに飛ばしてOBを出したくないプレーヤーには最高のドライバーなのではないでしょうか。

球の高さは、やはり高めです。ですが、ゼクシオXよりは低いのかな。普段から球が上がりやすい方は、9.5度。普通な方は、10.5度。球が上がりにくい方は11.5度を選ぶと良いのかなと思います。
Mグローレの詳細はこちら


Mグローレドライバー 評価

テーラーメイドのMグローレドライバーが、いよいよ発売開始。
実は、私自身、現在はグローレF2ドライバーをエースとして使っていますので、Mグローレはたぶん購入しますので徹底的に調査をしています。
私のグローレF2↓↓

シャフトはスピーダー569エボⅢを入れています。

すでに初代グローレから数えてF2で3代目になります。すでに完成形だと言われてきたグローレですが、それを超えるためにMグローレはかなり大きな変革を起こしてきました。

まずは、パッと見でわかる最も大きな変革が、クラウンがカーボンコンポジットになったこと。これまではフルチタンにこだわってきたグローレがカーボンコンポジットにしたのは、かなり思い切った変革です。

グローレをより進化させるためには、やはり複合素材で軽量化を図り、余剰重量を再分配することで、よりやさしく飛ばすことが出来るだろうというところからスタートしました。
複合素材を使うことで50gもの余剰重量を確保。それをヒールと周辺部に配置。つかまりやすく、慣性モーメントを高めてミスヒットに強くすることに成功しました。

そして、TWIST FACEですね。M3とM4に搭載され、世界中で絶賛されているフェース。これがグローレでは鍛造にすることで打感と打音を向上させました。

フェースのトゥ上部分は、やや右上を向くように捻じれており、トゥ上に当たったボールはやや右上に打ちだされてドローで返ってきます。過度なフック回転がかかりにくく、ダグフックが出にくくなっています。
ヒール下は、やや左下を向くように捻じれており、ヒール下に当たったボールはやや左へ出てフェードで戻ってきます。こちらも大きなスライス回転がかかりにくく、大スライスが出にくくなっています。

<Mグローレの重心角>
ウエイトの再配分などによって、前のグローレF2よりも重心角を5度近く大きくして、約30度としています。これによりつかまりがより良くなっています。前のグローレF2もつかまりは良かったのですが、右側へのミスを考える必要がなくなりより安心感が増しています。

<Mグローレのフェースの向き>
つかまりやすい設計になっていますが、実はフェースの向きはスクエア。ターゲットに対して構えやすいです。ヘッドの構造で球を捕まえやすくしていますので、スクエアなフェースでもしっかりとつかまってくれます。

<Mグローレ 試打>
すでにMグローレの試打をしてみたのですが、本当に最高ですね。F2と比べても初速が速い。球を弾いている感じがとても強いのですが、フォージドフェースが良くて押している感覚もしっかりとあります。
純正のフレックスSで試打をしたのですが、一生懸命振らなくてもとっても強い球で飛んでくれるので、楽です。私としては、カスタムのシャフトも試打をしてから購入したいと思っているのですが、もしかしたら純正を購入するかもしれません。ちなみに私のヘッドスピードは45m/sくらいです。

<Mグローレ 最安値>
基本的には、ネットで購入するのが最も安く購入できます。
Yahoo!ショッピングでの最安値はこちら↓↓

Mグローレの詳細はこちら

楽天での最安値はこちら

10月26日頃新発売予定 テーラーメイド M GLOIRE DRIVERM グローレ ドライバーSpeeder EVOLUTION TM シャフト 日本仕様 TalorMade

秋発売のドライバーが出揃ったが評価はどう?

2018年秋発売のモデルが続々と発売され始めています。

注目されているドライバーが出揃ってきて、多くのゴルファーがNEWドライバーを手にされています。
主な秋発売モデル
・タイトリストTSドライバー
・ブリヂストンツアーB XD-3 ドライバー
・SRIXON Z586 ドライバー
・SRIXON Z786 ドライバー
・PRGR RS ドライバー
・Mグローレドライバー(10月26日発売)

前評判が非常に高かったドライバーから、発売後にグングン評価を上げているドライバー、飛ぶドライバー、実際に使ってみたらイマイチだったドライバーなどなど。

打ってみたら非常に良かったドライバーは、ブリヂストンツアーB XD-3ですね。最近発売されるドライバーは、重心が深くて慣性モーメントが大きいドライバーがほとんどなのですが、このドライバーは重心が浅くて、慣性モーメントもそれほど大きくありません。だからといって球が曲がりやすかったりミスに弱いかというと、そうではありません。クラウン部分の筋金がどこまで影響しているのかはわかりませんが、ストレート性能が高いです。すごく振りやすくて、真っ直ぐ飛びます。
最近、日本国内でもテーラーメイドやキャロウェイ、PINGという外国メーカーが人気になっており、ブリヂストンのドライバーは、選択肢に入っていないという日本人ゴルファーも多くなっていましたが、これは絶対に試打した方がいいですよ。

やっぱり激飛びなのが、PRGR RS-Fですね。今回もギリギリです。発売されるヘッド全数の反発係数をチェックして、もちろんルール上限を超えている物は出荷されませんし、反発力の弱いヘッドも出荷されません。これはタイトリストTSも同じです。
日本メーカーが非常に良いドライバーを作ってくれているのは、うれしいですね。

個人的には、Mグローレも楽しみです。グローレとTWIST FACEで、安定感のあるやさしい飛びに期待です。

ドライバー 球が上がらない原因

つい先日も同じような記事を書かせていただいたのですが、ドライバーで球が上がらない原因についてお伝えします。というのも、練習場で球を打っていたら、隣で打っていたおじさんから相談されたんです。「ドライバーで球が上がらないんだけど、なんでだと思う?」って。

確かにドライバーを打ってもらったら、中弾道というよりも低弾道でドロップするような球を連発されていました。

私がお伝えした答えは、「ドライバーを変えてください」ということ。

その方が使っていたドライバーは、タイトリスト913D3なんですよね。スイングは球が上がらないスイングをされているわけではなく、アイアンの球を見ると普通に上がっているんです。

ただ、「ドライバーを変えてください」ってだけだと不親切かなと思って、私のグローレF2で打ってもらいました。そしたら、やはり普通に球が上がっていました。

そしたら、「早速グローレF2を買います!」と仰っていましたので、「Mグローレがもうすぐ出ますよ」って伝えておきました。

やっぱり、プロが使っているドライバーや、知名度が高く格好いいドライバーを使いたい気持ちは分かるのですが、ドライバーの特徴をしっかりと把握して購入したいところですね。

ドライバーで球が上がらない方は・・・

ドライバーで球が上がらないという方にお伝えしたいことがあります。

実は私自身も球が上がりにくいタイプ。
タイトリスト917D2では、球が上がりません。中弾道でランが出ると言えば聞こえはいいのかもしれませんが、やはり練習でもコースでも無理をしている感がとてもあります。
しかし、今のエースドライバーであるグローレF2は、高弾道で飛びます。両方のドライバーで球の高さが全く違うのです。

今、ドライバーの球が上がらないという方は、無理せずドライバーを変えてみることも考えてみてください。新しいドライバーを購入するお金が必要ですが、無理してスイングを壊してしまい練習にお金と時間をかける方が勿体ないでしょう。

2019年モデルのドライバーは、本当にいいですよ。
球が上がりにくい方には、Mグローレが一番おすすめです。一般的な体力の日本人が飛ばすことが出来るドライバーです。

Mグローレドライバーの詳細はこちら

2019年モデルのドライバーがいい!

2019年モデルのドライバーが続々と発表・発売されています。

ブリヂストン、タイトリスト、SRIXON、テーラーメイドと各社出してきています。

そして、どのドライバーも、本当にいい!!ここまで評価が高いドライバーが揃うと時も珍しいのではないでしょうか。

特徴としては、各社ともにプロモデルでも「やさしい」ということ。

今や、プロでもやさしいモデルを好んで使うようになってきており、当然アマチュアもやさしいモデルを求める傾向が強くなってきていました。

例えば、タイトリスト。世界中のプロが使用していた917ドライバーの次に登場したのが「TSドライバー」。名前がコロッと変わってきました。
これまではゴリゴリの男子プロが使うモデルで、女子プロが使っている姿をほとんど見ませんでした。それほどハードなドライバーで、我々のイメージとしてもやはり「難しい」「ハード」という感じが強くありました。
ところが、今回のTSドライバーは、全く性格が違ってきています。ハッキリ言って、やさしい。そして飛びます。
917Dは想定よりも売れなかったそうですが、今回のTSドライバーは売れそうです!

タイトリストTSドライバーの詳細はこちら

また、ブリヂストンもいいですね。正直、ブリヂストンのゴルフ部門は、そのうちなくなってしまうのではないかという噂が流れるほど元気がありませんでした。色んなメーカーのドライバーは試打するけど、ブリヂストンは別に試打しなくてもいいかなと考えていた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。日本人でもそんな感覚が出てきてしまうほど、最近のブリヂストンのドライバーは低迷していました。事実、宮里優作選手や池田勇太選手などブリヂストンのイメージが強かった選手たちが離れて行っています。
ただ、今回登場したツアーB XD-3は、いいです。これまでは5や7というモデルもありましたが、今回は3のみのワンモデルです。とにかく打感が素晴らしい。さすがブリヂストン!そしてつかまってストレートボールを打ちやすいドライバーとなっています。球も上がりやすいです。
これなら男子プロもまたブリヂストンへ戻ってきてくれるのではないでしょうか。

ブリヂストン ツアーB XD-3 ドライバーの詳細はこちら

SRIXONは、一からドライバーを作り直すということでZERO SRIXONと銘打って頑張ってくれました。何といっても、松山英樹選手に使ってもらいたいというのが強いのではないでしょうか。
SRIXON で初めてカーボンクラウンを採用して、余剰重量を増やし重心位置を改良してきました。また、ゼクシオの技術を応用するなどよりやさしく飛ばすことが出来るドライバーと進化しています。

9月22日頃新発売予定 DUNLOP ダンロップ SRIXON Z585スリクソン Z585 ドライバーMiyazaki Mahana シャフト ・スマホスタンドプレゼントキャンペーン

テーラーメイドは、何といってもTWIST FACEを採用したMグローレでしょう!M3とM4で好評のTWIST FACEを鍛造にして日本人向けに仕上げてきました。グローレF2を使っている私は、これも本当に楽しみです。

Mグローレドライバーの詳細はこちら

Mグローレ 打感は?鍛造TWIST FACE

Mグローレが10月に発売されますが、テーラーメイドからどんなドライバーなのか詳細が発表されています。

今回のグローレの最大のポイントは、TWIST FACEでしょう。M3やM4でプロやアマから絶賛されているTWIST FACE。私自身も本当に曲がらないということを実感しています。そのTWIST FACEがMグローレにも搭載されています。

では、そのTWIST FACEが搭載されたMグローレの打感はどうなのでしょうか?これまでのグローレが、日本人向けに開発されているモデルということで、日本人がこだわる打感・打音の良さを追求していたので、Mグローレはどうなのかを調べてみました。

このMグローレに搭載されているTWIST FACEは、M3やM4のものとは異なり、鍛造製法になっています。これにより、日本人好みの食いつくようなそれでいてしっかり弾いて飛んでいるように感じる打感・打音を実現しました。

これまでのグローレの心地よい打感打音をMグローレもしっかりと引き継いでくれているということです。

テーラーメイドMグローレの詳細はこちら

Mグローレ 発売日

テーラーメイドから発表されたグローレFの後継モデルMグローレ。グローレF2を使用している私としては、2019年モデルのドライバーで最も注目しているドライバーです。たぶん購入します!

発売日は、10月26日です。

グローレは、男子のレギュラーツアーに出場しているプロでは使っている選手は少ないですが、シニアや女子プロでは非常に人気のあるドライバーとなっています。
何といっても、ヘッドスピードがそれほど速くなくても球が上がりやすいですし、スピンも適切な量。私の中では、色んなドライバーを試打している中で最も飛ぶドライバーです。
シャフトは、純正は軽くて柔らかいので、ヘッドスピードがそれなりに出ている方は、カスタムの方がいいかと思います。

テーラーメイド M GLOIRE ドライバー Speeder EVOLUTION TM シャフト