初速が速くて飛ぶドライバー

ドライバーの飛距離が決まる要素として、ボール初速というのは大きなポイントになります。
近年のドライバーは、ギリギリまで反発性能を高めてボール初速を上げることに着目したモデルが多くなっています。

では、本当にボール初速が速いドライバーはどれでしょうか。ドライバーの難易度別にご紹介したいと思います。

プロも使用するツアーモデルで初速が速いドライバー

プロも使用するヘッドスピードが速いプレーヤー向けのドライバーで、ボール初速が圧倒的に速かったのが、PING G410LSTドライバーキャロウェイ EPIC FLASH SubZero トリプルダイヤモンドの2本。

第一位:PING G410LST ドライバー


9度のヘッドでヘッドスピード46m/sでボール初速70m/sトータル飛距離280ヤード
やはり今、最も旬なドライバーと言えるPINGのGシリーズ。日本では女子プロの活躍が目立ちますが、世界のツアーでは男子もガンガンこのドライバーで飛ばしています。圧倒的に初速が速くて飛びます。私のヘッドスピードは46m/sくらいが限界ですが、そのスピードで初速70m/s付近まで行くのはこのドライバーが初めてです。打っている時から、自分がイメージしているよりもかなり先にボールが飛んで行っている印象があります。ヘッドスピードがある程度出すことが出来て、ボールを捕まえる技術を持っている方には、絶対に使っていただきたいドライバーです。

キャロウェイ EPIC FLASH SubZeroトリプルダイヤモンド

石川遼選手使用モデル
10.5度のヘッドで、ヘッドスピード46m/sで69m/sの初速が出ていました。飛距離にして270ヤード。これくらいのヘッドスピードで270ヤードの飛距離というのは、数年前のモデルでは考えられないです。本当に飛ぶヘッドです。ただ、手に入りません・・・。

タイトリストTS4

プロからの要望で作られた妥協なしのドライバー
TS4も凄いです。タイトリストの「4」という数字が付くモデルは、プロからの要望を受けて作られるヘッド。妥協なしにプロレベルのスピードと技術を持つプレーヤーが最も飛ばすことが出来るヘッドとなっています。ヘッドスピード45m/sで初速67m/sでトータル飛距離270ヤード出ていました。

タイトリストTS4ドライバーの詳細はこちら

アベレージゴルファー向けのモデルで初速が速いドライバー

タイトリストTS1ドライバー


9度のヘッドで、ヘッドスピード45m/sで初速67m/sが出ていました。
飛ばないと言われていたタイトリストが本気で飛距離を出してきたTSシリーズ。TS2などもやさしくて飛距離が出ますが、最もやさしく飛ばすことが出来るTS1でも非常に高い飛距離性能を持っています。

ヤマハRMX220ドライバー


9.5度のヘッドで、ヘッドスピード45m/sで初速66m/sが出ていました。これまでのヤマハのイメージをぶっ壊してでも、とにかく世界のドライバーに対抗できる飛ぶドライバーを作ろうということで登場したRMX120と220ドライバー。この220ドライバーは、非常に大きな慣性モーメントでやさしくぶっ飛ばすドライバーになりました。前作のRMX218ドライバーとは全くの別物です。

JGRドライバー


ヘッドスピード43m/sでボール初速65m/s。トータル飛距離が255ヤード。

高反発ドライバー

番外編ですが、ルール非適合の高反発ドライバーならどれくらいの初速が出るでしょうか。

PRGR SUPER egg ドライバー


ヘッドスピード39m/sでボール初速60m/s。トータル飛距離が235ヤード。
ヘッドスピード45m/sでボール初速68m/s。トータル飛距離が260ヤード。
やっぱり初速速いですし、飛びますね。

EPIC FLASH SubZero トリプルダイヤモンドドライバー

キャロウェイのEPIC FLASH SubZeroの限定モデルをご紹介します。

「EPIC FLASH SubZero トリプルダイヤモンド ドライバー」
数量限定モデルでアメリカでのみ発売されています。

EPIC FLASH SubZero Triple Diamond Driverの詳細はこちら

ツアープロで使用している選手がいるのですが、よりハードなモデルです。

顔は、プロや上級者好みの洋ナシ形状。この形状を見ただけで、ヘッドスピードが速くて正しくボールをとらえる技術が必要であることが分かります。
ノーマルのSubZeroよりも重心距離が長くなっており、重心も浅いので、つかまりはかなり抑えられています。
元々球がキッチリとつかまる方がストレートからフェードボールを打ちやすいドライバーです。

スピン量は、かなり抑えられていて、風に負けない力強い球を打つことが出来ます。今お使いのドライバーが、スピン量が多過ぎる方に是非お試しいただきたいドライバーです。

<詳細データ>
クラブの長さ:45.0インチ
クラブの重さ:304.0g(標準)
スイングウエイト:D2.5
ヘッドの重さ:200.7g(重い)
ヘッド体積:440CC
ライ角:57度(フラット)
フェース角:オープン2.0度
重心距離:40.5mm(長い)
重心深度:38.1mm(標準)
フェースの高さ:57.7mm
スイートスポットの高さ:36.9mm(標準)
ヘッド左右MI:4612gcm2(非常に大きい)
ネック軸回りMI:7237gcm2(非常に大きい)

EPIC FLASH SubZero トリプルダイヤモンド

キャロウェイのEPIC FLASH ドライバーに、新たにもう一つのヘッドがラインナップに加わりました。

SubZero Triple Diamond という名前。

プロからの意見を採用して、よりコントロール性能の高いヘッドに仕上がっています。
ヘッドの大きさは、少し小さい450CC。よりつかまりを抑えたヘッドで、力強い低スピンを打ちやすいヘッドとなっています。先に発売されていたSubZeroのヘッドはこれまでのSubZeroよりはつかまりが良く球が上がりやすいというヘッドとなっていましたので、よりハードヒッター向けのヘッドがプロからの要望で出ていたのでしょう。

日本では未発表モデルですので、購入希望の方はフェアウェイゴルフUSAさんでどうぞ↓↓


EPIC FLASH SubZero Triple Diamond Driverの詳細はこちら

EPIC FLASH STAR ドライバー 重心距離や慣性モーメントは?

キャロウェイのEPIC FLASH STAR ドライバーのヘッド詳細データを見てみましょう。

EPIC FLASHの中でも、つかまりが良くやさしく設計されているSTARです。

<EPIC FLASH STAR 重心データ>
ヘッドの重さ:194.8g(やや軽い)
重心距離:40.9mm(長い)
重心深度:39.1mm(深い)
フェースの高さ:56.6mm(標準)
スイートスポットの高さ:35.6mm(標準)
低重心率:62.9%(標準)
ヘッド左右慣性モーメント:4623g㎠(大きい)
ネック軸回り慣性モーメント:7459g㎠(大きい)

PINGのG410ほどではありませんが、重心距離が長く重心深度が深く慣性モーメントが大きなヘッドとなっています。

ヘッドの後方についているウエイトを動かすことで重心距離を変えることが出来ます。

その他のEPIC FLASH ドライバーの紹介記事はこちら

松山英樹がEPIC FLASH ドライバーで復調の兆し

松山英樹選手が2019年に入り復調の兆しを見せ始めています。

長い間課題として挙げているのがドライバーとパター。その内、ドライバーは随分と良くなっていると本人が話しています。

その理由として、キャロウェイEPIC FLASHドライバーがしっくり来ていることも挙げることが出来るでしょう。

松山選手が使うEPIC FLASHは、日本では数量限定のネックにカチャカチャ機能が付いたEPIC FLASH ドライバー。実は、数量限定モデルなのですが、これが非常に売れており口コミでも圧倒的な支持を得ています。
キャロウェイ EPIC FLASHドライバーの詳細はこちら

つかまりが程よく、ややドローのストレートボールが打ちやすくなっています。松山選手は、前にエースとして使っていたグレートビッグバーサの2016年モデルのようにやさしいヘッドが使いやすいようで、このEPIC FLASHもつかまりやすいヘッドをやや逃し気味に打っているようです。

マスターズまで2か月を切ってきて、更にドライバーの精度とパターを上げて、夢のマスターズ優勝を見せてもらいたいです。

EPIC FLASH ドライバー の飛距離はどう?

EPIC FLASH ドライバーを使っている方が練習場でもコースでも増えてきましたね。

やっぱりEPICは飛びますね。初代EPICは、プロもアマもその飛距離性能に驚きましたが、2代目となるEPIC FLASH ドライバーも本当によく飛びます。

3つのモデルがありますが、最も評価が高いのが数量限定のEPIC FLASH。球が上がりやすく、ドロー気味のストレートボールが打ちやすいドライバーに仕上がっています。ショップによっては、すでに在庫がなくなっていたり数が少なくなっているようなので、ご希望の方はお早目の注文を!

EPIC FLASH ドライバーの詳細はこちら

EPIC FLASH STAR は、やや打音や打感に難があるようです。ここを気にされる方は、打った瞬間にNG判定をされる方もいらっしゃいます。音や打感を気にされない方や甲高い音が好きな方は問題ないでしょう。非常につかまりやすく右に飛びやすい方におすすめです。

【2019モデル】キャロウェイ エピック フラッシュ ドライバー シャフト:Speeder EVOLUTION for CW カーボン 日本正規品 Callaway EPIC FLASH

EPIC SubZeroは、圧倒的な初速と低スピンで飛ばすことが出来ます。ヘッドスピードが45m/s以上あれば本当に飛ぶドライバーです。元々、スピン量が少ない方は、ドロップしたり飛びませんので、SubZeroは止めておいた方がいいかなと思います。

キャロウェイ(Callaway) ドライバー EPIC FLASH Sub Zeroドライバー カーボン メンズ 4A861519E500 右 ロフト角:10.5度 番手:W1 フレックス:SR

松山英樹が使うエピックフラッシュのモデルは?

松山英樹選手が2019年をEPIC FLASHドライバーでスタートしました。
ファーマーズインシュランスオープンでは、3位タイと久しぶりの優勝争いを演じました。ただ、それでもまだドライバーショットには課題があるようです。

そのEPIC FLASH ドライバーには3つのモデルがラインナップされています。

つかまりがよいEPIC FLASH STAR ドライバー。

石川遼選手ら多くの契約プロが使用するつかまりを抑えてより低スピンの強い球を打つことが出来るEPIC FLASH Sub Zero。

そして、レギュラーモデルで弾道調整機能が付いているEPIC FLASH ドライバー。

松山英樹選手が使用するのは、レギュラーモデルのEPIC FLASHです。日本では数量限定モデルとなっています。

EPIC FLASH ドライバーの詳細はこちら

松山英樹 2019年初戦はEPIC FLASH ドライバー

松山英樹選手が、色んなドライバーをテストしていることは知られていますね。

2019年初戦となったソニーオープンinハワイでは、EPIC FLASH ドライバーを使用しました。

EPIC FLASH ドライバーの詳細はこちら

練習日には、テーラーメイドのNEWモデルであるM5ドライバーを使っているなど、まだエースドライバーが決まったわけではなさそうです。今後も松山選手のドライバー選びは続きそうです。

EPIC FLASH ドライバー AIが導き出したフェース形状で飛ばす!

2019年2月1日に発売されるEPIC FLASH ドライバーですが、進化のポイントとしてAIが関係しています。

これまでも人間によってどうすればドライバーが飛ぶのかを研究されてきましたが、今回キャロウェイはAIを使って飛ばす答えを導き出しました。それはフェースの形状です。
表面から見ただけではわからないのですが、裏側に特徴があります。

非常に特殊な形状で、これは人間には思いつかなかったものだと言います。実際に、AIによって設計されたフェースは、当初キャロウェイの技術者たちも懐疑的な目で見ていたそうです。
ですが、打感といい、飛距離性能といい、耐久性といい、全てにおいて最高のフェースが完成したそうです。

そのあたり、石川遼選手が語ってくれている動画がありますので、チェックしてみてください。また、SubZeroを選んだ理由についても語っています。

EPIC FLASH ドライバー 発売日

キャロウェイから新しく発売されるEPIC FLASH ドライバーですが、発売日が分かりました。

発売日は、2月1日です。

すでに各ショップでは、予約の受付が開始されています。

EPIC FLASH STAR ドライバーの詳細はこちら

今回発売されるEPIC FLASH シリーズは、3タイプ。
・EPIC FLASH STAR
・EPIC FLASH SubZero
・EPIC FLASH (日本では数量限定)

すでに石川遼選手が2018年終盤から試合でも使い始めています。テスト動画も公開されていますのでご紹介します。

EPIC FLASH ドライバー 予約受付開始

もうご存知の方も多いかと思いますが、キャロウェイからEPIC FLASH が発売されることになりました。

このドライバーの特徴としては、スピン量が非常に少なくなっているということです。
近年のドライバーの傾向としては、フェースを薄くして反発力をルールギリギリまで高めてボール初速を上げているものが多くなっていました。しかし、このEPIC FLASHは、逆にフェースは厚めになっています。これによって、打感がこれまでのドライバーと随分違っています。石川遼選手曰く、アイアンに近い感覚を得ることが出来る。そんなドライバーとなっています。

【お買い物マラソン値引きクーポン配布中】《今日だす》キャロウェイ エピック フラッシュ ★スター★ ドライバー

EPIC FLASH ドライバーが適合クラブリストに

キャロウェイから新しいEPICが2019年に登場するようです。

今回、USGAの適合クラブリストに、EPIC FLASH というドライバーが掲載されました。

例年1月にNEWモデルを発表することが恒例となっているキャロウェイ。
見た目からはどう変わっているのかはわかりませんが、どのようなドライバーになるのか非常に楽しみです。

キャロウェイ以外にも、テーラーメイドにも何やら動きがあるようです。