飛ぶドライバーランキング2016

2016年モデルのドライバーは、とにかく飛びます。
飛ぶというのは、最大飛距離もですが、
平均飛距離がスゴイです。
ミスへの許容度が本当に高く、
数年前のモデルのドライバーを使っているなら
その違いに驚くこと間違いありません。


第1位:HAYABUSAドライバー

とにかく飛びます。ルール非適合高反発モデル。
飛距離ランキングとしては、ダントツ一位。
私自身も購入したのですが、購入した理由は、
強力な飛距離性能+ストレート性能。
飛ぶのは分かっていたのですが、とにかく曲がらないのが
購入の決め手になりました。
公式競技では使えませんが、プライベートならOKでしょう!
私はゴルフが数倍楽しくなりました!
実際に使用した詳細レビューを書いています。
私の使用レビューはこちら

HAYABUSAの詳細はこちら

2位:プロギアRS ドライバー(2016)
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
2016年8月26日発売の最新モデルです。
すでに男女ともにツアーで注目の的。
2015年D-1グランプリ優勝ドライバーの後継モデルです。
フェースの非常に広いエリアでルールギリギリの反発力を生み出しています。
ルール適合モデルでは、No.1です!
プロギアRS ドライバーの詳細はこちら
つかまりを抑えたRSドライバーFもラインナップされています。
プロギアRSドライバーFの詳細はこちら


3位:タイトリスト917D

2016年10月21日発売。世界中のプロアマから最も使用されるドライバーです。
誰が使ってもというわけではありませんが、
ある程度のヘッドスピードがあり、芯でとらえることが上手な方には、
大きな武器となるドライバーです。
D2は、460㎤で比較的高弾道で最適スピンで飛ばします。ミスへの許容度は高いです。
D3は、440㎤で中弾道・低スピンで飛ばします。かなりのヘッドスピードがないと厳しいでしょう。ミスへの許容度は低いですが、芯でとらえたときの飛距離は抜群です。
タイトリスト917 最安値はこちら
最安値はUSモデルとなります。日本モデルとUSモデルは、ヘッドは同じです。
シャフトはUSモデルの方が硬いので、普段よりも柔らかいフレックスを選ばれる方がいいでしょう。
タイトリスト917D 日本モデル最安値はこちら


4位:ヤマハ インプレスUD+2ドライバー

二番手上の飛びを本当に実現したUD+2の2016年9月発売の最新モデル。
今作はドライバー、FW、UT、アイアンのフルラインナップ。
ドライバーはリアルロフトをストロングにして、
その分、超低重心・超深重心で 高弾道+適正スピンで飛ばします。
捕まりも抜群にいいです。
スライサーやビギナー、アベレージゴルファーには
最強のドライバーが完成しました。
インプレスUD+2ドライバーの詳細はこちら


5位:SRIXON Z565ドライバー

スリクソンの2016年9月10日発売の最新モデルです。
すでに多くのプロが使用しており、松山英樹選手も使用しています。
ヘッド全体のたわみで爆発的に飛ばし、
そしてスピン量が適度に少なく飛んでくれますし、曲がりません
松山選手や多くのプロがその飛距離に魅了されています。

SRIXON Z565ドライバーの詳細はこちら

プロギア RS-F ドライバー が販売停止となったSLEルールとは?

PRGRのRS-Fドライバーが販売停止となっていますが、
その理由はR&AからSLEルール(以下反発規制ルール)について
ルール上限を超えるものが混在した可能性があると指摘を受けたからと
公式サイト上で表示されています。

このSLEルールとは一体なんでしょうか?

2008年1月1日から
スプリング効果(Spring Like Effect = SLE )の基準値を
超えたものはルール不適合となったのですが、
クラブフェースの反発係数(COR)が
0.830以内でなくてはならないというルールのことです。

RS-Fは、この反発係数がギリギリということを
宣伝文句としていたのですが、
本当にギリギリだったから
製造誤差でルールを超えるものが出てきていたのかもしれません。

ちなみの高反発ドライバーで
私が一番飛ぶとご紹介しているハヤブサドライバーは、
このCORが0.8305となっています。
ハヤブサドライバーの使用レビューはこちら

タイガーウッズ2017年使用ドライバーは?

タイガーウッズが復帰してきて
4日間通してなかなかのプレーを見せてくれました。
2017年のタイガーが非常に楽しみです。

タイガーが契約していたナイキが
クラブ事業から撤退したことで
どこのメーカーのクラブを使うのかに
注目が集まっています。

復帰戦で手にしたドライバーは、
テーラーメイドM2の現行モデル。

ナイキと契約する前は
タイトリストで大活躍していたので
タイトを使うのかという噂もありましたが・・・。

タイガーがテーラーメイドのクラブで
以前のように大活躍したら
2017年はテーラーメイドの年になるかもしれませんね。

2017年1月27日にアメリカで新しいM2が登場します。


テーラーメイドM2ドライバー2017年モデルの詳細はこちら

テーラーメイドM1ドライバー2017年モデル詳細は

テーラーメイドM1の2017年モデルが発表されましたが
早くも騒ぎになっていますね。
アメリカでの販売のみ発表されていますが
日本モデルが出るのか否かはわかりません。
出るとしてもこれまでの流れから
1~2ヶ月後になるでしょう。
通販での購入は日本人が経営しており
日本人ご用達になっているこちらのショップがオススメです。
⇒【フェアウェイゴルフ】テーラーメイドM1 2017年モデルの詳細はこちら

M1ドライバー2017年モデルは、460ccと440ccがあります。
今回はクラウン部分だけでなく、ソール部分にも
ファイバーが用いられており軽量化が図られていて
余剰重量でウエイトコントロールが出来るようになっています。

Tトラックシステムは、可動域が非常に広くなっており
より大きく球筋を変えることが出来ます。


テーラーメイドM1 2017 440

テーラーメイドM1 M2 2017年モデル 発売日

テーラーメイドM1ドライバー、M2ドライバーの
2017年モデルがアメリカで発売されるといういことが発表されました。

日本で発売されるのか否かは
今のところ不明です。

アメリカでの発売日は、2017年1月27日です。


テーラーメイドM1ドライバー2017年モデルの詳細はこちら

テーラーメイドM1 M2 2017年モデルが登場!

テーラーメイドM1、M2シリーズに
2017年モデルが登場することが分かりました。

まだ、アメリカで発表されただけで
日本での発表はまだされていません。

M1ドライバーは、Tトラックシステムが
新しくなって搭載されています。

M2は、可変システムはありませんが、
M2ドライバーとM2 D-TYPEドライバーが
ラインナップされています。


テーラーメイドM2ドライバー2017年モデルの詳細はこちら

一人だけでラウンドできるコース

たった一人でラウンド。
一人で打ちっ放しへ行くことは普通にあるかと思いますが
一人でラウンドした経験のある方は少ないでしょう。

でも、一人で練習でラウンドしたいと思う人は
結構いるかと思います。

しかし、以前は、メンバーでもない限り
一人で予約を取ることが出来るコースは
ほとんどありませんでした。
メンバーであっても、
やはり組み合わせになることがほとんどだったと思います。

それが最近は、ビジターでも
一人で予約をすることができ、
しかも最少催行人数が一人というコースも出てきています。

私も先日、
楽天GORAで一人予約して
たった一人でラウンドしてきました。

楽天GORA

石川遼 使用ドライバー 日本シリーズ2016

石川遼選手が、日本シリーズJTカップから
ドライバーを替えてきました。

NEWモデルではなく、かなり前のモデル。


RAZR HAWK ドライバー の詳細はこちら

構えたときに、「ストレート目に見えて、まっすぐの球のイメージを出しやすい」という理由だそうです。

二木ゴルフ 福袋 2017

二木ゴルフの2017年新春福袋が
いよいよ予約受付開始しました!!

例年人気の二木ゴルフ福袋。
定番の福袋からレアな福袋まで
種類が豊富ですので是非覗いてみてください。


二木ゴルフのオンラインショップはこちら

ナパラゴルフクラブ ラウンド日記

奈良の名阪国道沿いにある
ナパラゴルフクラブ一本松コースへ
一人ラウンドしてきました。

名阪国道の一本松ICを降りて数分の好立地。
平日は一人で予約をすることもできます。

ナパラゴルフクラブ 一本松コース

特徴的なのは、全部で9ホールしかないということ。
ハーフのみの料金設定がありますし、
9ホールを2周する1ラウンドの料金設定もあります。

コースは、フェアウェイがベント。
ターフがべろ~んと取れます。

グリーンはベントのワングリーン。
重すぎず速すぎず、ちょうどいい具合だと思います。

ティーグラウンドは、
黒、青、白、赤とあり、
私は黒から回りました。
黒からで6506ヤード(18H)。

一人ラウンドなので
スコアは付けずに完全に練習ラウンドにしました。

ティーショットを1~2球打って、
セカンドも2球ほど打って、
アプローチを何球か練習。

何本かドライバーのテストをして
そしてボールのテストも行いました。

2017年は、早々にタイトリストPROV1と
SRIXON Z-STARの2017年モデルが登場しますので、
また一人ラウンドでテストしにきたいと思います。